« Books : 砂の女(安部 公房) | トップページ | Books : すべてがFになる(森博嗣) »

2003.09.25

Books : 詩的私的ジャック(森博嗣)

作者は僕の母校名古屋大学の現役助教授ということで何か読んでみようと思っていたので。
ただ、これは昔100円だったのでなんとなく買ってみた作品。

作者紹介には「某国立大助教授」とあるが、読めば名大であることがばればれ。
なぜか浜松など実都市名を普通に使っているのに、那古野市(なごの)とここだけ偽名。

キャンパスを説明する文章が多くあったが、非常に懐かしい。
知らない人はなんとも思わないんだろうが。

話的にはこんなもんか程度。100円なら値段相応だ。

ただ、謎を解くN大の助教授に、N大の女学生が恋心を抱く展開なんてよー書くよな。。
作者の妄想なのか。ちょっとさぶい感じ。6点。

|

« Books : 砂の女(安部 公房) | トップページ | Books : すべてがFになる(森博嗣) »

Bookレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Books : 砂の女(安部 公房) | トップページ | Books : すべてがFになる(森博嗣) »