« Books : 慟哭(貫井徳郎) | トップページ | Books : 平面いぬ(乙一) »

2003.09.06

Books : 迷宮遡行(貫井徳郎)

突然妻が失踪した主人公。
自身で妻を捜しだすとヤクザの影が、、、。
という話。

主人公は普通の人のようだが、後半、ヤクザの親分のマンションに
単身乗り込むなどやりすぎ。
ここまでいくと逆にハラハラしない。
無理にハードボイルドな感じにしたかったのだろうか。

一言でいうと、安っぽいビデオシネマ風。

飛行機の中で眠気を押しながら読了しましたが、いまいち。
6点。

|

« Books : 慟哭(貫井徳郎) | トップページ | Books : 平面いぬ(乙一) »

Bookレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Books : 慟哭(貫井徳郎) | トップページ | Books : 平面いぬ(乙一) »