« Books : 夏と花火と私の死体(乙一) | トップページ | Books : 姑獲鳥の夏(京極夏彦) »

2003.10.13

Books : 頼子のために(法月綸太郎)

娘を殺された父親が、その犯人を探し出し復讐を遂げ自殺を図る。
その詳細を父親は手記に記しており、それをもとに事件の真相が明らかになっていく、
という話。

とても面白く読めた。
オチはよめなくもない結末ではなるが、話の展開があきさせず
緊張感が最後まで持続できた。
別の作品も読んでみよう。

9点。

|

« Books : 夏と花火と私の死体(乙一) | トップページ | Books : 姑獲鳥の夏(京極夏彦) »

Bookレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Books : 夏と花火と私の死体(乙一) | トップページ | Books : 姑獲鳥の夏(京極夏彦) »