« Books : ガラスの麒麟(加納朋子) | トップページ | Books : マジックミラー(有栖川有栖) »

2003.10.06

Books : 盤上の敵(北村薫)

メインの筋と回想シーンで構成されているが、回想シーンのほうがしつこく退屈。
これらが結びつくとこも見えてしまい盛り上がらず。
あと作者自身も文庫化にあたっての注意書を最初に書いているが、少々重すぎた。7点。

|

« Books : ガラスの麒麟(加納朋子) | トップページ | Books : マジックミラー(有栖川有栖) »

Bookレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Books : ガラスの麒麟(加納朋子) | トップページ | Books : マジックミラー(有栖川有栖) »