« Books : 失踪者(折原一) | トップページ | 不信感。 »

2004.04.07

Books : メビウスレター(北森 鴻)

男子高校生が謎の自殺をはかった。
数年後、この自殺の真相を記した手紙がある作家のところに
次々ととどけられる。そして、この作家にかかわりのある人が
次々と殺されて…。

この作品の前に読んだ折原の失踪者と内容がかぶりすぎ。
「過去と現在」「作家」。

そして圧倒的にこちらのほうがつまらない。
作中、半分くらいが真相を記した手紙の内容なのだが、
これがまぁつまらない。手紙というか、その時の様子を
セリフ仕立てで書かれているのだが。
この手紙の部分はほとんどとばしました。。

帯びに「すべてがひっくりかえる驚愕の結末とは!?」とあるが
それほどのもんじゃないね。

この本、某バザーで10円で買ったものだから許せるけど。


amazonへのリンク

|

« Books : 失踪者(折原一) | トップページ | 不信感。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事