« べったり日曜日。 | トップページ | 入院と思ったら、、 »

2004.04.27

Books : 時計館の殺人(綾辻行人)

苦手な密室もの。。
時計館という舞台からして違和感がありありでどうかと思ったが
割りと面白かった。こういうのは怪人二十面相みたく、まともに
考えたら馬鹿らしくなるので、あまり深く考えずに読まばよいことに気づく。

だいたい同じ館にいる人が次々と殺されて、もしかしたら
この中に犯人がいるかもしれない、、なんちゅう状況が有るわけがない。。

さらにトリックは「んなアホな、、」的、主犯の動機は無理やりやなぁ、、
といろいろ思うところはあるのだが、このあとの展開どうなるんやろ、
とグイグイ引っ張られる感があったので8点。

amazonへのリンク

|

« べったり日曜日。 | トップページ | 入院と思ったら、、 »

Bookレビュー」カテゴリの記事