« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の27件の記事

2004.04.30

運命の手術の日です。

優くんは「口唇口蓋裂」という障害を持って生まれてきた。
妊娠初期に細胞分裂がうまくいかず、唇と口蓋が裂けているという
障害だ。口を開けると、鼻の穴が見えてしまうくらい裂けているので
ミルクが鼻からすぐ出てしまうことや、哺乳瓶の口がしっかり噛めない
ので哺乳力が弱く成長が遅くなってしまう、、などの問題がある。
また、言語能力の発達にも影響するので、早く治してあげたかった。

が、優くんは他にも染色体異常に関する障害を持っていたので
手術の時期がすんなりとは決まらず、慎重に慎重を重ね、
成長を見ながら半年待ってきた。

そしてついに今日、その手術の日を迎えた。

通常は、口唇裂を早い時期に治し、そのあと数年経ってから
口蓋の手術を行うという方法が一般的らしい。のだが、幸いな
ことに優くんのかかった病院はその二つの手術をこの時期に
一回で行ってしまうスキルをもっているので優くんもその方法を
とることになった。
そのため手術時間は8時間程度かかるという。

朝、8時に病院へ到着。
優くんはいつものように寝返りをうって、ご機嫌だった。
8時半、嫁がだっこをして手術室前まで。

看護士さんが優くんを連れて手術室へ。
ちょっとウルウルくる。。頑張れよ!!

手術室に入るとまず約1時間かけて、どこをどう切って、どう縫うかを
検討し、その後、手術に入るようだ。

家族の控え室で待つ。
順調にいっても、終わるのは夕方だ。
ただでさえ長い時間を、優くんが頑張っているという状況をただただ
待つのはなんと長いことか。。

気を紛らすために読書などをしつつ、、。

そんなこんなで、夕方17:30頃待望の呼び出しがかかる。
嫁が電話にでるとICUに来て欲しいのとのこと。
どうやら予定通り終わったようだ。

当たり前のようにうまくいくと信じていたが、やはり涙がでるほどうれしい!

はやる気持ちを抑えながら我が息子と対面。
まだ鼻から管を通し、鼻から鼻水交じりの出血があり、痛々しくは
あるものの、元気に泣いている優くんがそこにいた。
ほんとに涙が出そうなほどうれしい。

よぉがんばったねぇ。まだ痛いのか、びっくりしてるのか、目を閉じたまま
ウェーん、と泣いたままだ。。でも、しっかり自分で呼吸してるし
顔色もよい。よかった。ほんとによかった。。

もっともっと褒めてやりたいけど、手も固定されており頭を少し
なでてあげることしかできなく、もどかしい。

病室に戻ってきたらいっぱいいっぱい褒めてやろう。

これで、鼻からミルクをこぼすことも減るよ、よかったねぇ。
しばらく手を自由に動かせないけど、元気になるためだから我慢しなきゃだめだよ。

早くだっこしてあげたいけど、僕らも我慢我慢だ。

とにかくうれしくハッピーな日になった。


横浜に出て、久しぶりにこじゃれた店で夫婦二人でお祝いのお酒を飲んで帰宅。
明日も早く病院に行ってやらねば!おめでとう!優くん!

|

2004.04.29

手術前日。

また出かける前にビデオ、写真とりまくり。
この口ともお別れだと思うと、なんだかさびしい。。

正午くらいに出発。

到着後、今日は特にすることもなく優くんとのひと時を
病院のベッドで過ごす。
その合間に、何度か形成外科の医師と話をする。

手術は大きな出血はないので輸血は必要ないとのこと。
少し安心。

面会は20時までなのだが、別れるのが惜しく結局
ぎりぎりまで一緒に。。

前祝と勝手に決めて、中華をたらふく食べて帰宅。
優くんがんばれよ!!

|

2004.04.28

入院と思ったら、、

優くんが明後日の手術のために今日から入院。

明日からGW連休なのだが、今日は年休をもらう。

出かける前に、写真、ビデオとりまくり。

午後から病院へ。
小児科で軽い診察のあと、入院する病棟へ。
6人部屋だが、綺麗で広さもまずまず。
優くん以外に3人の赤ちゃんがいたが、みんな生後1ヶ月も
たってないようなチビさんばかりで優くんはすっかり兄さんだ。

手術のためのオリエンテーション(説明)を次々と受ける。
形成外科、麻酔科、ICU、手術室などなど。。

優くんは血圧、体温など万全で問題ないとのこと。安心。

あぁ、今日から優くんと一緒に寝られないのかぁ、
と思ってたら今日は外泊してもよいとのこと。

っちゅうことで一緒に帰ってくる。

また一緒に夜を過ごせたよ。うれしい!

|

2004.04.27

Books : 時計館の殺人(綾辻行人)

苦手な密室もの。。
時計館という舞台からして違和感がありありでどうかと思ったが
割りと面白かった。こういうのは怪人二十面相みたく、まともに
考えたら馬鹿らしくなるので、あまり深く考えずに読まばよいことに気づく。

だいたい同じ館にいる人が次々と殺されて、もしかしたら
この中に犯人がいるかもしれない、、なんちゅう状況が有るわけがない。。

さらにトリックは「んなアホな、、」的、主犯の動機は無理やりやなぁ、、
といろいろ思うところはあるのだが、このあとの展開どうなるんやろ、
とグイグイ引っ張られる感があったので8点。

amazonへのリンク

|

2004.04.25

べったり日曜日。

ついに今度の水曜日に優くんは入院してしまう。
そして金曜日に手術。

術後は口からミルクが飲めないから、3週間くらいは
そのまま入院が必要となる。

というわけで、優くんと丸一日一緒にいられる日曜日は
今日を除くとずいぶん先になってしまう。。

ので、今日は優くんとべったり。
いつもどうよう、泣きたいときに泣いて、寝たいときには寝る。
わがままし放題だが、かわいくてしょうがない。

お口を直してうちに戻ってきたら今以上にべっとりだろうなぁ。

|

2004.04.24

ダウン症について。

夜、NHKでダウン症の子供たちの特集をやっていたので見る。
世間の人たちがけっこう「ダウン症」のことを知らなかったが意外だ。
ロケ地が渋谷っぽかったのはアレだが。

6年の短い一生を終えた秋雪くんの話はやはりウルウルくる。
優くんは心臓に合併症がなくてほんとうによかったと思う。
もし心臓が悪かったらこんなに毎週のように一緒に出かけられ
なかっただろうし。。

いろいろなダウン症児が画面に登場したけど、どの家族も
温かみがあって決して悲しみに沈んでいる風ではなかった。
世間では「かわいそうな子」という印象を与えることが多い
だろうが決して本人家族は思っていないのだ。

ダウン症は程度の差があるが、上手に話をできている子供もいた。
優くんも努力していっぱい話ができるようになってほしい。
いや、僕らの愛情と努力できっとできると信じている。
もちろん本人の努力が一番だが。

とりあえず来週にせまった手術だが、手術が終わっても
越えなければいけない壁がまっているぞ、優くん。

|

2004.04.23

鈴木亜美、復帰。

あいかわらずヘッタくそな歌、唄ってるねぇ。。

誰が復帰を望んでいるのか??と思ったら
新作を買う人がいるというんだから不思議だ。

|

2004.04.21

漢字間違え。

Webサイトの文章の中で
「早い」と「速い」
「平行」と「並行」
「自信」と「自身」
「意外」と「以外」
の漢字間違いによくでくわす。

微妙に気になる。

自分は気をつけているが、やっていないとは
言い切る自信はない。

「聴く」と「聞く」の使い分けはよくわからん。
音楽は「聴く」だと思っているのだが、、
「聞く」で書いてる人が多い。

|

2004.04.18

皐月賞は。。

GI2連勝で今回も波に乗れるか、、という感じで今回も東スポを見ながら。
東スポの印は穴党が多くて厚い印がついているのが人気とは
限らないことが多いのがすごい。

今回は新聞を見て、買い足したくなる馬ばかり。。
こういう時は当たったためしがない。

悩んだ末、差し馬有利ということで(2週連続はないだろうと思いつつ)
武豊軸の4点流しで。
マイネルデュプレは前走上がり33.3が気になり対抗で10枚。
あとは差がなくフォーカル、メイショウ、ブルックに5枚ずつ。

コスモバルクは大外、先行脚質、騎手経験などからキリで。。

結果、まっさきにキッたダイワメジャーに諦めがつきました。
武は最後尾から見せ場なしかよ。。

実家で妹がパピヨンを買ったらしい!
びっくり。
小型犬は小型犬でかわいい。
リクとうまくやっていけるか心配だ。

|

2004.04.17

久しぶりの川崎へ。

優くん誕生後、しばらく行ってなかった川崎へ行くことに。

昼前に自宅を出発。
道中、渋滞を予想していたが意外とすいており順調に進む。
途中、これまたひさしぶりのびっくりドンキーで昼食。
優くんもここでミルクタイム。
こういうファミレス系のお店はミルクをあげていても違和感が
なく実に助かる。

その後も順調。ルフロンの駐車場もすんなり入れた。

とりあえず先日(とってもずいぶん前になるが)できたDiceへ。
この中に入っている本屋「あおい書店」は通路が広く、
エスプリを感じさせる本がたっぷりでいい感じ。
文庫のコーナーもかなり充実。

ここで先日探して見つからなかった「イギリス英語の裏表」
という本を発見。購入。
少しだけ読んだが、著者も書いているように、英語をマスター
しようとしている人の本ではなく、「イギリス英語に関する薀蓄」
の本で非常に面白い。

その後、本屋の上の階の東急ハンズへ。
優くんの入院中に必要なものを探すがなかった。
ダーツほしい。

モアーズへ移動。
ブックオフへ。
これといって読みたいものもなかったのだが、森博嗣が
大量にあったので9冊まとめ買い。読み終えるのはいつの日か。

カフェで一息入れる。

たまたま見つけたDOSVパラダイスという店で、200GBのHDDを
衝動買い。現在、メインのマックが60GB×2という構成なのだが
ビデオカメラからの取り込みや、フィルムスキャナの使用で
余裕がもっとほしい気がしてきていたので、つい。
マックでも使えますよね?と確認すると
「いや、基本的にDOS用です」
そりゃ、基本的にはそうかもしれんけど…。
帰宅後、増設。問題なく稼動。

ルフロンに移動したヨドバシカメラをしばし徘徊。
広すぎる。。どこに何があるのかよくわからず落ち着かない。
iPod40GB気になる。10GBじゃぜんぜん足りない。。

最後にアカチャンホンポへ。
オムツなど大量に買い込み。

帰りは微妙に渋滞にまきこまれ気味。
こういうときはナビの渋滞情報が重宝する。
回避回避で無事帰宅。

|

2004.04.16

Books : 解決まではあと6人―5W1H殺人事件 (岡嶋 二人)

次々と別の興信所に訪れては謎の依頼をしていく女。
それぞれの興信所の調査報告がつながり大きな事件の
謎を解くきっかけとなる。。という話。

いわゆるライト感覚のミステリでするりと読める。
しかし読後の満足感はほとんどなし。
内容としては可もなく不可もなくといったところでしょうか。

最初の「このカメラの持ち主を探してください」という
きっかけはかなり興味をひいたのだが、だんだん失速した感じ。

7点。

amazonへのリンク

|

2004.04.15

ちょうど半年。

優くんが誕生して今日でちょうど半年。
最初はどうなることか、、と思ったけれど、その後は
彼なりに順調に成長しています。
成長の遅れという面では、まだ首の据わりが完全でない
ことくらいが多少気になるくらいかなぁ。。

最近はほんとうによく笑うようになった。
「アハハハっ」と声を出して笑うこともある。
あぁ、(楽しいと思ってくれてるんだなー)と分かりこちらもうれしくなる。

逆に泣き声も大きく、かなり主張するようになってきた。
いやなもんはいやだ!!という感じ。
なんとなく、何が気に入らないのかわかってきた気がするのは
いわゆる親ばかというやつでしょうか。。

手術が近づいてきているが、これだけ元気ならきっと乗り越えて
くれるでしょう。しばらく自由に動けなくなるのが、とてもかわいそうだが
しかたない。。

|

2004.04.14

ついに手術の日が決まった!

今週月曜に優くんは久しぶりの通院。
手術の予定はのびのびで今回も期待していなかったのだが、
ついに決定された。4/28に入院、4/30に手術となった。

通常、口唇口蓋裂の手術は口唇裂の手術、口蓋裂の手術と
2回に分けて行うらしいのだが、優くんは一度に行うことに。
その分、手術時間は長くなってしまうが、術後さまざまな
メリットがあるので医師陣はそちらを選らんだようだ。
僕たちもそれを信じ、おまかせすることにした。
早くよくなってほしい。

こんなに小さな我が子を手術台に乗せなければいけないのは
かわいそうで仕方ないが、すべて優くん本人のために必要なこと。
頑張ってもらわねば!!

そして昨日、火曜日、事件が発生。
嫁両親からプレゼントされた鯉のぼりの父鯉がいなくなったのだ。
嫁がいなくなったことを発見し、いろいろなところを探し回った
のだが見つからなかったらしい。
結局、マンションの管理人にその旨伝えたところ、すぐ下の階の
人が見つけて物干しに干しておいてくれていたのを発見。
無事帰宅となりました。

ほっと一安心。

さらに今日、祖母からひ孫である優くんに祝い駒という
白馬のぬいぐるみが届く。とてもかわいい。
もう少し大きくなったらこれで遊びそうな感じだ。

最近、よく笑うようになって僕と視線があうだけでニコッとなることが
たびたびある。これが最高にかわいいのだ。

|

2004.04.13

ギネスワールドレコード.com

見てみる

基本的に人間のコーナーはバカっぽい。。

世界一長い耳毛
世界一長い爪

ま、定番ですが。

あと、医学の分野ですがこんなことも可能な時代なんだねぇ。。

ギネスブックは小学生のころに確か1984年度版を買い、もう一冊大学入ってから
買った記憶がある。あのころとあまり変わってない気がする。
人間のバカっぽさに関しては。

|

2004.04.12

改行はいっとるがな。。

昨日、

TOSHIのHPでの釈明。

改行入れろや。。

と書いたのだが、さっきみたら微妙に改行が入ってる。
きっと他からも多数指摘があったのだろう。

ただ、あれではまだ読む気にならん。

|

2004.04.11

読みにくっ…

TOSHIのHPでの釈明

改行入れろや。。

|

桜花賞は珍しく、、

昨日帰りに東スポを買っておいたので、久しぶりに新聞を見て
馬券を検討。

SS産駒ばっかりやな。。
とりあえず、
・チューリップ賞組は外せない
・勝ったスイープは連勝は厳しい、馬券的においしくないなどでキリ。
・ヤマニンは後方待機の脚質はあまり好きでないので…
ということで13アズマサンダース軸に以下3点に流す。
・9ダンスインザムード(10)
・6ヤマニンシェクル(5)
・17ムーブオブサンデー(5)

なんとなく嫁はんに新聞を見せてどれがいいと思う?
と聞いたら
「ダンスインザムードと、アズマサンダースと、ムーブオブサンデーが名前がいい」
と偶然にもほぼ意見が一致。

で、不思議と自信があったこのレース。
馬連3,540円もついて+33,400円。
買った馬が4着まで占めていてびっくり。今日は冴えてた。
結果的に三連復でも的中できてたかっこうだ。

どーでもいいが、中山10Rの7枠の2頭。
「オトハチャン、マコッチャン」て。
しかもオトハチャン勝ったし。。

|

2004.04.10

ジーンズを買いにでも。

普段ほとんどジーンズをはかないのだが、急に久しぶりに欲しくなり買いに行くことに。
通常はカーゴパンツを愛用。あの楽さを知るとジーンズのしめつけ感が好きになれないで
ここ数年はジーンズを買っていない。

ジーンズって同じようなのがいっぱい棚に並んでいて、素人の僕などは
どれがどうなのかよく分からず、適当に買ってどうもイメージと違う、、ということが
多いので今回はしっかり選ぶ。

で、結局Edwinの505ZXのルーズストレートという偽ビンテージものを購入。
うん、これは気に入ったかも。

ただ夏場汗かくような日だと結局はかないだろう。。

ヨーカドーで買い物して帰宅。

|

2004.04.09

本を求めて。

イギリス英語の裏表という本が読みたく書店に立ち寄る。
いくつか周ってみたもののなさそうで断念。。

|

2004.04.08

オラクル試験やっと受けました。

Oracle8iPlatinumという資格をけっこう前に取得したのだが、
昨年10月の資格改定後の新資格制度ではSilverさえ取れて
いないという状態でした。

で、こりゃいかんということでやっとOracle9iDBAⅠという試験を受験。
仕事柄、合格して当たり前の試験、、ということもあり、特に勉強はせず…。
一応、ちょっとだけテキスト見た程度でいざ受験。

いやー、試験なめてたら意外とうーんと悩む問題が出たりしたよ。。
満点とってやろうと思ったのに7問(60問中)も間違えた…。
余裕で合格ではあるのだが、いかんなこりゃ。

---------------
小さなことだが妙に腹がたつこと

・提出するエクセルファイルのテンプレートの日付欄で
MM/DD書式で入力とあるので、04/08などと入力すると
1とか38850などと自動計算されるとき。
また、複数セルにまたがって枠線引いてるのに
セルの結合もしていなくさらになぜか中央寄せになってるとき。
(分かりにくいか…)
→ちゃんと書式くらい設定しとけや。

・エスカレータで2人並んで話してるアホ。
いい加減、どちらかは歩行用と明記してくれ。

・電車の中でデカイ声で会話するアホ。
携帯電話で会話もそうとうイヤだが、これもイヤやね。
ちょっとは周りの空気に気づけよ。
最近は入社したての若者に多い気がする。
さらに肥満入ってる女性が多い気がする。
------------------------

お、イラクで大変なことになっているよう。。
政府の対応が見ものだ。

|

2004.04.07

不信感。

優くんが手術予定の病院から3月下旬に電話がかかってきて、
「手術4月は決定です。次回は4/12に来て術前診察する
可能性が高いです」とあいまいなことを言われたまま今日まで音沙汰無し。
で、どうなってるんやと、電話したらびっくり。

・担当医師が異動になっていた
・4/12の件は1から説明いないといけなかった
・結局、4/12はどうしたらよいのか即答は得られず折り返し電話待ちに。。

引継ぎしてないんちゃうんか、と疑いたくなる。
こっちはあいつの人生にかかわるイベントやのに。

その後、折り返し電話があり、担当医師だと思っていた人は
たまたま順番があたっただけで、特に担当医というわけではなかったらしい…。
にしても、いきなりいなくなって連絡なしとは納得がいかん。

手術の日取りはベッドの空き状況などから
直前にならないと分からないらしい。
さすがに当日は休みをもらう予定なので非常に困る。。

|

Books : メビウスレター(北森 鴻)

男子高校生が謎の自殺をはかった。
数年後、この自殺の真相を記した手紙がある作家のところに
次々ととどけられる。そして、この作家にかかわりのある人が
次々と殺されて…。

この作品の前に読んだ折原の失踪者と内容がかぶりすぎ。
「過去と現在」「作家」。

そして圧倒的にこちらのほうがつまらない。
作中、半分くらいが真相を記した手紙の内容なのだが、
これがまぁつまらない。手紙というか、その時の様子を
セリフ仕立てで書かれているのだが。
この手紙の部分はほとんどとばしました。。

帯びに「すべてがひっくりかえる驚愕の結末とは!?」とあるが
それほどのもんじゃないね。

この本、某バザーで10円で買ったものだから許せるけど。


amazonへのリンク

|

Books : 失踪者(折原一)

15年前に起きた連続失踪事件の被害者が15年後に発見される。
そしてその失踪事件によく似た事件が起きる。
容疑者は少年。

この事件を題材にノンフィクション作家が少年犯罪について
取材・執筆を行っていたのだが…。

ラストは期待を裏切らず大きなところでひっくり返る展開が。
悪く言えば、予想通りの展開…。

まぁまぁ楽しめたので7点。

amazonへのリンク

|

2004.04.06

写真。

先日の花見のときにポジフィルムで撮った写真ができあがってくる。
最初の数コマはまだ優くんが生まれてくる前にいった仙石原の
ものでした。。

やはりデジタルがいくら高画質になってきたといっても、
ポジフィルムをループで覗いたときのあの空気感には
かなわない。

三脚立てて3人でとった写真、バックが桜のピンクに染まっていて
なかなかいい感じ。

フィルムのほうが、その時間を封じ込めた!
という感覚が伝わってきて撮っていて楽しい。
(経済的な理由で…)連写ができない分、シャッターを押すまでの
緊張感もよい。

フィルムも捨てたもんじゃないと改めて実感。

|

2004.04.04

弱っ。。

セリーグも開幕してますが、予想通り巨人が弱い。
日テレのCM、強力打線を強調してるやつ、が虚しい。

しかし、打たれる・打てない、がひどい。

今年はこのまま底を歩み続けてもおかしくないな。

原氏はホっとしてそう。

|

2004.04.03

花見でびっくり。

とても天気が良かったので、某公園まで花見に行くことに。

昼過ぎに家を出て公園近くのジャスコに。
昼ごはんとお菓子を買出し。

そのまま公園まで10分ほど歩く。
おぉ、桜は満開。
その地区では有名らしく、けっこうな賑わい。
でも時間的にもう2時過ぎだったから人でのピークは
過ぎていたのでわりといい感じ。

シートを広げ、さっそく寿司を食べる。
優くんもお腹がすいてるころなので、ミルクを。
外だけどおとなしく飲んでる。

そして久しぶりにマクロレンズを付けて花でも撮ろうかと
思ったけど、結局撮ったのはほとんど優くんでした。。

そして春を満喫したあと、さぁ帰ろうかと
公園からの坂道を下っていると嫁はんが「あぁ!」と
なにやらびっくりしているので(なんだ?)と思ったら
夫婦共通の元上司が嫁はんと一緒にいた。
あらまぁ、近くに住んでいることは聞いていたが、びっくり。

そんでもって、車に戻り移動。
トイザラスで優くんグッズを買出し、ヨーカドーで食材を買って帰宅。

|

2004.04.01

4月ですか。

朝、シャンプーして出てくると嫁はんが
「人身事故で京急全線不通だって!」
と言ってくるので、
「え?折り返し運転とかにのってないの??」
と、返すと
「うそ。エイプリルフール」
だと。
しょーもない慣習に振り回されよって…。

Webサイトもいたるところでネタが出てましたな。
ヤフーのネタは最初、普通に見ながしていたが。。

|

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »