« Books : むかし僕が死んだ家(東野圭吾) | トップページ | 久しぶりのみなとみらいで衝動買い。 »

2004.09.11

Books : 悪意(東野圭吾)

かなり面白かった。9点。

犯人捜しではなく、動機探し(ワイダニット)が中心の構成。
追いつめる側、追いつめられる側の2人の視点で物語が進んでいく。

犯人が割れた時点でまだページが半分も進んでいなかったので
このあとどうなるんだ、、と思っていたら見事な展開に進んでいきました。
アラをさがせば見つかるのでしょうが、よくできた話で感心した。
いや、感心っちゅうのも失礼な話だが。

物語冒頭のエピソードをどう回収するのかずっと気になっていたが
きちんと最後につながったときはやられたという感じでした。

Amazonへのリンク

|

« Books : むかし僕が死んだ家(東野圭吾) | トップページ | 久しぶりのみなとみらいで衝動買い。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事