« 待ち伏せ。 | トップページ | モンブラン。 »

2004.10.15

優くん祝1歳!

おめでとう。優くん。

昨年の今日の午前10時27分ころ、優くんは元気な産声と
ともに僕らのもとへやってきた。
約10ヶ月に渡る間、嫁のお腹の中で順調に成長し、お腹を
通じて動いていることを確かめては一喜一憂していたあの
プチッコがやっと姿をあらわしたのだ。当然、喜び一色に
包まれると思っていた。

しかし現実はそうではなかった。

産まれてすぐ我が子に障害があったことを伝えられた。
口唇口蓋裂。初めて聞いた。そして我が子の姿を
はじめてみたとき本当に一瞬気を失った。

喜びで包まれるはずの病室で2人で泣いた。

先生の話やネットの情報で手術でかなりきれいに治ることが
わかり、少し前向きな考えになってきたときに、嫁から
「ダウン症かもしれない」と言われたと聞かされた。

それから精密検査を受けてダウン症であると正式に診断
されるまでにいろんなことを2人で考え、話をし、そして泣いた。

しかし不思議とダウン症だと診断されてからは、少しずつ
ふっきれた感じになっていた。それは心臓に疾患が認められなかった
ことが大きいと思う。一番落ち込んでいたときは、この日
(1歳の誕生日)が迎えられないんじゃないか、という思いが
ちらついていた。写真やビデオを必要以上に撮っていたのも
優くんと一緒にいられる時間をできるだけたくさん記録して
おこうという思いがあったのだと思う。
※今でも、たんにかわいいので撮りまくっているが。

4月に手術を受けた。
口唇口蓋裂を一気に直す8時間に及ぶ手術になった。
あの小さな体でほんとうによくがんばったと思う。
手術後の痛々しい姿は今でも思い出すと胸が痛くなる。

でも手術が成功したときのうれしさもよく覚えている。
優くんがいないことをいいことに、2人でひさしぶりに
飲み屋に行き、カラオケまでいった。。

退院してからは、風邪をひくこともなく、ほんとうに順調に
着実に成長している。ゆっくりだけど。
寝返り、方向転換、、1つなにかできるようになるたびに大喜びしている。
最近は、いまにもハイハイをしそうな感じになってきているし
おしゃべりも何かを言おうとしている風になってきた。
かわいすぎる。

これからさらに成長してヨチヨチ歩きで近づいてこられたら
どんなにかわいいことだろう。期待してるよ。
それから、僕の顔からめがねを奪おうとするのはやめてくれよ。
もう1歳なんだから。。

|

« 待ち伏せ。 | トップページ | モンブラン。 »

日記」カテゴリの記事