« プチ送別会。 | トップページ | 民家へ。 »

2004.10.01

Books : 私が彼を殺した(東野圭吾)

何の前知識もなく読み出したので、犯人が物語の中で
判明せず読者の推理に任せるオチになっていることに
最後のページで気づいた・・・。

割と面白く読んでいたのだが、最後の最後で拍子抜け。

ネットで調べてなんとなく犯人は分かったが、そんな
よけいな仕掛けはいらなかった。

はじめから知っていたらまた違った感想になると思うが。

6点。

Amazonへのリンク

|

« プチ送別会。 | トップページ | 民家へ。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事