« 秋のG1開幕。 | トップページ | コロッケ。 »

2004.10.04

Books : ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾)

とある劇団員が山荘にあつまり、さまざまな架空の条件を設けて合宿を行う。
その合宿の中で、架空の殺人事件が繰り返し起こるが、途中から劇団員は
本当の殺人事件が起きているのではと疑い出す。
これは本当の殺人なのか、そうではないのか。という話。

ちょっと設定に無理があり、これまで読んできた東野作品と比較すると
それほどぐっと引き込まれなかった。オチもイマイチ。驚愕というほどの
もんではない。

6点。

Amazonへのリンク

|

« 秋のG1開幕。 | トップページ | コロッケ。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事