« 野菜、高っ! | トップページ | 軽井沢からパンクへ。 »

2004.10.22

軽井沢へ。

今日は会社で休みを取って、久しぶりに旅行に出かけることに。
目的地は軽井沢。
台風の接近や、我々の風邪などで一時は実行が危ぶまれたが
なんとか体調も天気も持ち直した。外は快晴だ。

朝、7時台に出発。優君の荷物などでトランクはすでにいっぱいだ。

ナビによると、都心に向かい上越自動車道を使うルートを示したが、
都心の渋滞はヤだし、清里経由で行きたいので、1号線を西に向かい
相模湖ICから中央道にのり、長坂ICまで行くルートにする。

しかし使っているナビが、高速の乗り降りICの仕方がアホで、
ナビが選んだ自動車道については比較的簡単に変更ができるのだが、
ナビが選んでいない自動車道を無理やり指定することがなかなかできない。
しょうがないので、ICを立ち寄り地にするなどして、無理やり指定したが、
操作性最悪です。なんだかんだで、40マンくらいする昨年の時点では、
カロの最上位機なのに。

1号線が、茅ヶ崎を越えたころから渋滞。
仕方ないので途中でごっつ狭い道に入り、北へ進む。
寒川を抜け、海老名あたりを過ぎたころからやっとスムーズに進むようになった。
結局、高速に乗るまでに4時間くらいかかってしまった。。

高速にのってからは快調に飛ばす。
長坂ICを降り、清里高原道路(有料250円)に乗ると、雄大な八ヶ岳が正面に見える。
思わず車を止め、記念写真。
優君はここまでほとんど居眠り・・・。このときも気持ちよさそうに寝ていた。

清里高原道路を抜けるとすぐ、清泉寮に到着。
途中で車を止め、牛やらヤギやらダチョウやらと戯れる。
優君は初めてみる動物たちに、戸惑い気味。

その後、パン工房でパンとキッシュを購入。
清泉寮の前の芝にマットをひいて昼食。安上がりでおいしい。
優君はやっと自由に動けて満足げに動き回る。
そしてミルクタイム。

優君と2人で戯れていると、おばちゃんが近寄ってきて
「ほら、赤ちゃんよ!色白くてかわいいわねぇ」
と騒ぎ出す。悪い気はしないがちょっとはずかしい。

嫁さんがどうしてもここのソフトクリームが食べたいというので、最後にソフトクリームを購入。
1口もらったが、濃厚で1口で十分。

すでに時間は3時を過ぎていた。。予定では軽井沢に到着している時間だ。。
軽井沢に向けて北へと進む。

途中、車を買ってから1度も運転していない嫁はんに代わってみるも、すぐ山道になり
怖いというのですぎに交代。確かに141号はいきなりは厳しいかもしれない。

141号をひたすら進む。

途中から浅間山の雄姿が見えてきた。
頂上から煙がもくもくとあがっているのがよくわかる。

その後も順調に進み、18号に入り軽井沢に到着。17時半くらいだったか。
今回の宿は軽井沢駅と旧軽井沢銀座の中間で非常にいい場所だった。

すでに真っ暗なので、今日は夕ご飯を食べて終了ということに。
すこし休憩してから出かける。

大通りを旧軽井沢方面に歩く。
シーズンオフのため、閑散としており18時でしまっている店が多い。

そんな中、イタリアンで割とよい感じだったとこに入店。
客は僕ら3人だけ。
2500円のディナーコースをオーダー。お酒も少し。
メインディッシュとして僕はカモを嫁はんはシカをセレクト。

前菜からメインまで、けっこうおいしかった。正解だったかも。
ゴッチョというお店。
最近は、僕らが何か食べていると優君も食べたがるので、ちょっとしたお菓子のようなものが必須
になっている。今回も例によってぐずりだした。。

おなかいっぱいになったところで、ホテルに。

部屋は想像以上に広かった。優君も意外と気に入った様子。
ご機嫌で動き回る。

早く寝て明日も早起きと思ったが、優君がなかなか寝付かず結局、11時くらいまで寝られず。。

当然、写真をたくさん撮ったので掲載しようかと思ったが、面倒なのでまた別の機会にしようと思う。

|

« 野菜、高っ! | トップページ | 軽井沢からパンクへ。 »

日記」カテゴリの記事