« BAのマイレージプログラム | トップページ | 冬支度とエリ女とマイク。 »

2004.11.13

ビデオテープ大処分とSHUREのマイク。

年末も近いということでなんとなく大掃除をしたくなり、 午前中に掃除を始める。今回のポイントはビデオテープ処分。 HDDレコーダを買ったのでデジタル化しようと思っていたが、 結局面倒なのでそんなことはせずに捨てることに。 してもどうせ見る時間はないし・・・。

しかし、テープに貼ってあるラベルを見たり、 中身を確認してガキだったりするとちょっと捨てるのを躊躇する。 が、そこはきっぱり見切りをつける。しかし、 昔WOWOWで録ったライブなど少しだけ結局残すことに。 未見の映画はタイトルを控えていつかレンタルできるようにしておいた。

ビデオの次は本。本棚はもうごちゃごちゃになっている。 しかし、本はわをかけて捨てるのが躊躇われる。なので、 既読のものを本棚から段ボールに移動。 どんどん段ボールに詰め込んだら重くてタンスの上に持ち上げられなくなったので床に置くことに。 。

そんなこんなですっきりしたつもりだったが、 まだまだ物が多くてあんまり変わった感じがしないまま掃除終了。

お昼ご飯を食べてから川崎に買い物にでかける。

途中でセルフでガソリンを入れる。 1リットル120円が多い中、114円はがんばっている。 セルフは先日の軽井沢で初めて利用して以来2度目。 割と簡単なこともわかった。英国は基本的にペトロルはセルフ。 最初の渡英時、友人運転のレンタカーでリバプールまで行った。 そのリバプールでガスを入れようとしたときはよくわからずちょっとあせった記憶がある。

ずっと微妙に渋滞でイライラがつのりつつもなんとか目的に到着、 、とその目前でまた腹痛が襲う。しかも駐車場待ちの行列。 しょうがないので嫁に運転を変わってもらいトイレへ走る。 その間、嫁に駐車場に入ってもらい、 用を足したあと駐車場内で再会、駐車をする。 嫁が運転慣れしていればそのままおまかせできるのだが、 まだ駐車は重荷のよう。

嫁が優くんにミルクを飲ませているあいだ、 僕はルフロン内の楽器屋へ。目的はマイク。 VS-1680のアップグレードをきっかけに音楽活動を再開しようかと思い、 ちゃんとしたマイクはあってたほうがよいという判断。 ほとんど知識がないので店員さんにいろいろ説明をしてもらう。 そこではじめてコンデンサータイプ、 ダイナミックタイプがあることを知る。

見た目はコンデンサータイプのほうがかっこいい。 マイクが下を向いているディスプレイの仕方でプロっぽい。ただ、 音はいいが高い上に管理が大変とのことで、 無難にダイナミックタイプにすることに。その中でも、 業界定番の SHUREのSM58というのと その廉価版のPG58で迷う。値段が倍くらい違う。 ただVS-1680を使っているならこっちがいいですよ、 の一声でSM58にすることに。 まぁあの値段でプロも使っているマイクが買えるなら多少高くてもしょうがない。 0が1つ多かったりしたら当然無理な話だが。

ついでにマイクスタンドとキャノンタイプのケーブルを買う。 当然、キャノンタイプというのも今日知った。 こっちのプラグの方が音圧が稼げるそうだ。さらに、 ギターの弦3セットとベースの弦を1セット。 ベースの弦は初めて買ったがあんなに高いとは思わなかった。。 ギターの3倍以上するではないか。高いといえば、 ヴァイオリンの弓の値段を見てびっくりした。30万、40万、 50万がふつうにならんでいた。本体が100万、 1000万というのはわかるが、弓で50万とは・・・。

素人目にも高いヴァイオリンは綺麗で部屋に飾っておきたい感じ。 その前に飾るような部屋が必要だが。 世界3大ピアノをサンプリングしたというエレピがあったが、 世界3大ピアノってなんだ。って調べたら3大メーカーのことか。 ベヒシュタイン、スタインウェイ、ベーゼンドルファー。 もっと具体的にどこどこにあるピアノということかと思った。

久しぶりに楽器屋に入ったらなかなか面白かった。 すっかり長居してしまった。

その後、優くんグッズをアカチャンホンポで買って帰宅。 疲れたのでマイクのセッティングなどは明日に。

|

« BAのマイレージプログラム | トップページ | 冬支度とエリ女とマイク。 »

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事