« ダイエット継続中。 | トップページ | PowerBookとワールドカップと日本語 »

2005.02.01

Books:倒錯の帰結(折原一)

前から読むと「首吊り島」、後ろから読むと「監禁者」という2つの物語が別々にあり、ちょうど真中に両方に対する謎解き部分があるというトリッキーな作品。

しかし「首吊り島」のほうがかなり退屈でなかなか先にすすまなかった。横溝正史風と評しているようだが、なんだか描写もよくわからんし、だからなんなんだといいたくなった。

もう一方の「監禁者」のほうは、他の折原作品同様読みやすく悪くなかったのだが、トータルでみるとトリックに注力しすぎで物語りとして立っていない感じ。よく頑張って考えましたねぇ、というのが正直な感想。

作中の作家が叙述ものばかり書いており、すぐ飽きられるやら、ネタがなくなって大変だがこれ一本で行きたいんだ、というようなところがあったが、自虐的に書いたのだろうか。まぁ、作中の作家を使って本格密室物を書いているわけだが。

6点

amazonへのリンク

|

« ダイエット継続中。 | トップページ | PowerBookとワールドカップと日本語 »

Bookレビュー」カテゴリの記事