« ジャストシステムとWC予選 | トップページ | 初詣。 »

2005.02.10

Books:アフターダーク(村上春樹)

日頃、ミステリしか読んでいないので白黒はっきりする結末に慣れているせいかもしれないが、読後、「だからなんなの?」という感じ。 古代の予言者の予言を、後になってこじつけで解釈して当たった当たったと騒いでいたように、 読んだ人に自由に解釈してほしいということだろうが。そういうのが嫌いだからいつのまにか”白黒はっきりする”理系の道に進んでいたわけで… 。

まぁ、読みやすくて割とさくさく読めたのでまったく面白くなかったというわけでもないのだが、” 高校生が辞書片手に一生懸命考えました”みたいな表現や”ちょっと友達にはなりたくないな” と思わせる会話をする主人公たちが気になりました。いいかげん若者を描くのはキツイんじゃないでしょうか。 好きな人はそこがいいと言うのでしょうが。

6点

amazonへのリンク

|

« ジャストシステムとWC予選 | トップページ | 初詣。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事