« イラクってどこ?…だと。 | トップページ | ひとり股旅スペシャル届く。 »

2005.02.23

Books:ZOO(乙一)

短編10本。

文庫落ちまで待てずに1年くらい前に購入して読み出したのだが、なんだか面白みに欠ける感じで最初の3話ぐらい読んだ後、本棚にしまったままになっていた。せっかくなので、また手にとってみたが後半の印象も昨年と同様いまいち。

しいてよかったかなと思えるのはSEVEN ROOMSくらい。7つに区切られた互いに干渉することができない部屋にどこからか連れてこられて拉致された女性が7名。毎日、1名殺され、新しい人が拉致されてくる。つまり拉致されてちょうど1週間後に殺されるわけだが、途中でそれに気づく主人公。たまたま小さな弟とペアで拉致されたのだが、果たしてこの二人の結末は!?という話。

この人の場合、ハッピーエンドは期待できずこの話も読み終えた後、気持ちどんより。心に傷を負ってないとこんな話書けないんじゃないかと思う。

6点。

amazonへのリンク

|

« イラクってどこ?…だと。 | トップページ | ひとり股旅スペシャル届く。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事