« しょぼい試合でしたね。 | トップページ | amazonなどでお買い物+α »

2005.03.31

Books: 超・殺人事件―推理作家の苦悩(東野圭吾)

小説家をテーマにした短篇集。コメディタッチなのは分かっていたのであまり期待していなかったが意外と面白かった。 どの話も実際にいるようなタイプの小説家を皮肉っている。例えば”超大作にするために、意味のない蘊蓄を含めてページ数を増やす”とか” オチを考えずにだらだら話を進めていった結果、結末を強引に持って行くことになった”とか。

気軽にサクっと読める。8点。

amazonへのリンク

|

« しょぼい試合でしたね。 | トップページ | amazonなどでお買い物+α »

Bookレビュー」カテゴリの記事