« トラックボールとポッドキャスト。 | トップページ | クラシックでも聴いてみようか。 »

2005.07.06

スピーカ再配置。

新居に引越しとともにYAMAHAのオーディオシステムを導入したわけだが、 フロントスピーカを最初に設置したときに適当に置いたためなのか、いまいち音の定位というか音場がしっくりきていなかった。 ネットでちょっと調べてみると、スピーカの配置は数mm単位で音が変わるので、場所や向きが大変重要なことがわかった。 まぁあたりまえなのだが。 そこで、とりあえずフロントSPが内に振りすぎている(内側に角度をつけ過ぎている)気がしたので、 角度を調整してみた。するとかなりいい感じになったではないか。もっと早く試すべきであった。ついでにサラウンドSPも微調整。こちらは、 スタンド設置なのでだんだん微妙に位置がずれてしまうのが、現時点の問題点。 さて、調整したSPでCDを聴いてみる。 調整した前と比較しても別次元のサウンドだ。 CD棚にあるものを片っ端から聴いていきたい感じ。だが、 時間的に無理なので適当に手に取ったものを聴いてみた。ビョーク、フロイド、イーノ、オールドフィールドなどなど。 クラプトンのアンプラグドライブは、昔、買ったもののとてもつまらなく、ほとんど聴いていなかったのだが、 久しぶりにこのシステムで聴いたらなかなかよいではないか。ところで、このライブ running on faith演ってたんだね・・・。 ジャーニーマンアルバムでかなり好きな曲だったのに知らなかった。 こういうときにツェッペリンとかパープルとかにいかなくなったのは歳をとった証拠なんでしょうか。 時間を踏まえて騒音を気にしたというのもありますが。 まずまずの再生環境がそろったことだし、そろそろクラシック・ JAZZにも手を出そうかと思い始める。その話は次回に。

|

« トラックボールとポッドキャスト。 | トップページ | クラシックでも聴いてみようか。 »

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事