« 仕事はかどらず。 | トップページ | 人生で初めて、、 »

2005.10.10

Books: 容疑者Xの献身(東野圭吾)

以前、東野の探偵ガリレオを読んだときに面白かったので、 また湯川助教授ものを読んでみたいと書いたのだが、「 予知夢」っていう第二弾が出ていたのね・・・。知らなかった。。至急買ってきて読まねば。表紙は見たことあるんだけど、たぶん、 前作と全く違う感じだからまさかこれが続編だとは思わなかった。

で、その湯川が出てくるこの作品、今度は長編でリリースされたわけですね。かなり期待して読みましたが、裏切られず、 最初から最後まで一気に読み切りました。

この作品、純愛とトリックというキーワードで語られることが多いようですが、実に見事にミックスされています。 純愛の部分については石神のキャラをたたせるために割とあっさり書いているので、あれだけの関わりで殺人の身代わりまでするかね、、 というのはありましたが。

トリックについては冒頭に印象的なホームレスのシーンが描かれていたので何かあると思いましたが、すっかりやられました。でも、 このトリックって今まで使われたことないのかな。

白夜行、幻夜に匹敵する作品でした。10点。

amazonへのリンク

|

« 仕事はかどらず。 | トップページ | 人生で初めて、、 »

Bookレビュー」カテゴリの記事