« 嫁実家+JC | トップページ | EF28mmf1.8入院。 »

2005.11.28

Books : 修羅の終わり(貫井徳郎)

・爆弾テロを続ける過激派組織を追う公安刑事
・売春組織を追いながら、一方でレイプを繰り返す悪徳刑事
・ある日突然記憶を失い、自我を探し続ける青年

この3人の物語が交互に繰り広げられるスタイルでストーリーが展開される。この3つの一見独立した話が最後に繋がるわけだが、そこへもっていくのが前半から見えてしまい、いまいち盛り上がらない。正直、こんなに長くする(文庫で800ページ)必要があったのだろうか。だらだら最後まで読んでしまったという感じ。6点。

amazonへのリンク

|

« 嫁実家+JC | トップページ | EF28mmf1.8入院。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事