« だらだら土曜日。 | トップページ | Books: 99%の誘拐 (岡嶋 二人) »

2006.02.09

Books: 試験に出ないパズル(高田 崇史)

ミステリー+パズルというのに惹かれて買ってみたが、とんでもなくつまらない作品でした。短編集なのだが謎解きの題材が「誰がカレーを焦がしたか」など、ほんとどーでもいいものばかり。さらに物語のほとんどがキャラの会話から構成されており、毎回、そのキャラの紹介から物語が始まる。耐えられない。続編も出ているようですが、間違っても読まないでしょう。
唯一の救いは物語中で主人公が出題する古典パズルか。
4点。

|

« だらだら土曜日。 | トップページ | Books: 99%の誘拐 (岡嶋 二人) »

Bookレビュー」カテゴリの記事