« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の12件の記事

2006.02.18

α-SweetDigital持って動物園に。

優くんに象を見せるためにまたまた動物園に。前回は雨が降ってしまいさんざんな目にあったので、今日はリベンジ。さらに、前回はEOD20D+タムロンの28-200mmという組み合わせでブレ写真を量産したので、今日はα-SweetDigital+80-200mmという組み合わせ。手ぶれ補正に期待。

動物園に予定通り到着。しかし、雨は降らなかったもの、とんでもなく寒い…。しかも、肝心の優君が寝てしまいそうなので急いで象のコーナーに。やはりAS(手ぶれ補正)の威力は強力でした。300mm相当でもちゃんととまってます。一応、安もんの一脚は使用したんですが。

以下、写真。

Pict2392

Pict2403

Pict2409

Pict2432

Pict2532

|

2006.02.12

プリンタを購入。

エプソンのPM870Cというのを使っていたが、スジ写真ばかりでクリーニングに嫌気がさしてきたので、買い替えることに。ただ、次々と新しい機種が出てそのたびに買い替えていたのではバカらしいので、それなりの確認ができる程度の機種で十分。

ということでCanonのip4200というのを買ってみた。いやぁ、今までのよりかなり速いです。印刷も十分。加えて前面給紙や両面印刷までできて、とりあえず満足。intelMacでもぜんぜん問題なく稼働してます。

|

2006.02.11

靴を買いに。

優君がつかまり立ちが上手にできるようになってきたので、期待をこめて外用の靴を買うことに。横浜まで出かける。嫁はんの情報によると、足首をカバーする部分が大きいアシックスの靴がいいとのことで、いろいろ探してみるがなかなかおいてあるところがない。。

高島屋にはあったのだが、在庫は白しかないとのことで結局、希望の色のものを取り寄せてもらうことに。

近所まで電車で戻ってきてから、牛角で焼き肉を食べて帰宅。

|

2006.02.10

鎌倉へ。

金曜日だが振替で会社は休み。ちょうど優君の遺伝科の診察の日だったので、久しぶりに子供医療センターに車で向かう。新しい棟に移転が完了しておりとてもきれいに。
朝一の診察だったので人もまばら。今日から担当の先生が変わってしまったのだが、特に問題もなく順調とのことでとりあえず安心。

その後、せっかくの平日の休みなので鎌倉に散歩にでかけることに。まだ行ってなかった初詣も兼ねて。
いつもの駐車場に車をとめて八幡宮方面へ。GR-Digitalを肩からぶら下げて。やはりこのカメラ白黒で撮りたくなる。先日、ちょっとした故障でさっそく修理に出していたのだが、戻ってきてからは順調。

以下、このときに撮った写真を。

R0010964_2

R0010986


R0011009

R0011039

R0011101

|

2006.02.09

松浦亜弥って唄うまいのね。

最近、「午後の紅茶」のCMでジャニスのMOVE OVERのカバーが使われてるなとは思っていたけど、何度目かに聴いたときに(もしかして歌ってるの松浦本人?)と思い調べてみた。

やっぱり本人でした

すでにネット上で話題になってました。

この曲のためにヴォイストレーニングをして臨んだそうだ。簡単な曲じゃないと思うが、割とうまいことカバーしていると思う。世間では彼女の歌のうまさに定評があったようだが、まったく関心がなかったので、ちょっとだけ感心した次第。

特にジャニスに思い入れがあるわけではないが、この曲が入っているアルバムPearlは名盤でしょう。

|

Books: K・Nの悲劇 (高野 和明)

13階段がかなりよかったので高野氏の作品を2冊買ってみた。そのうちの1つ。今度はテーマが出産。夫に中絶を強要された妻に、別の女性の霊が乗り移って・・・、というリアリティのない話でいまいち。5点。

|

Books: 13階段 (高野 和明)

たしかブックオフで100円で買ったものでしばらく本棚に置きっぱなしになっていたものだったが、かなり好きな部類でした。
テーマが死刑制度、ということで全体的に重いトーンなのだが、しぜんな語り口とミスリードしつつ先の読めないストーリー展開で最後まで飽きることなく読めた。これがデビュー作だそうで、ちょっとびっくり。10点。

|

Books: 99%の誘拐 (岡嶋 二人)

パソコンを使用して遠隔操作し、誘拐を企てるという話。まだ「パソコン通信」だった時代に書かれた作品と考えると当時はかなり先を行くアイデアだったのではないでしょうか。
最後のスキー場でのシーンはちょっとやりすぎではという気がしましたが、面白く読みきりました。8点。

|

Books: 試験に出ないパズル(高田 崇史)

ミステリー+パズルというのに惹かれて買ってみたが、とんでもなくつまらない作品でした。短編集なのだが謎解きの題材が「誰がカレーを焦がしたか」など、ほんとどーでもいいものばかり。さらに物語のほとんどがキャラの会話から構成されており、毎回、そのキャラの紹介から物語が始まる。耐えられない。続編も出ているようですが、間違っても読まないでしょう。
唯一の救いは物語中で主人公が出題する古典パズルか。
4点。

|

2006.02.04

だらだら土曜日。

インフルエンザは治ったものの、まだ微妙なだるさがぬけない。この週末は静かに家で過ごすことに。

|

2006.02.02

PowerMacG4売却。

iMac Core Duo 20"を買って、たぶん、 使用頻度が激変すると思われるPowerMacG4をヤフオクで売却することに。先日、出品して無事落札されました。結果は、 ほぼ希望通り11万弱。iMac+メモリ代からこの分を差し引くとだいたい12万くらいで、買い換えられたということに。

とりあえずモニタの解像度がSXGAから1周り広くなり、これだけでもかなり快適。

|

2006.02.01

iMac Core Duoメモリ増設。

先日、オーダーしたメモリが到着。さっそく増設。念のためAppleHardwareTestをかけてみるが、問題なし。

期待していた増設後のiPhoto6のパフォーマンスですが、起動に15秒、終了に10秒はかかりますね…。3万5000枚、 約100GBのライブラリ。起動後に関してはまぁまぁこんなもんかなぁ、という感じ。 少なくともG4+iPhoto5のときよりはなんぼかましです。

ただ、写真もぜんぶ放り込むんじゃなくて、ぶれてるのとか、露出失敗のとか、 同じような構図の写真は削除して枚数を減らしていかないとダメですね。いくらディスクがあっても足りない。

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »