« 空き巣対策とプランター。 | トップページ | ついに。 »

2006.04.07

Books:グレイヴディッガー(高野和明)

過去に悪事をはたらいてきた自分と決別するために骨髄ドナーとなって、白血病患者を救おうとする主人公。しかし移植直前になって、いろんな人に追われ逃げ回ることに。

出だしはなかなかいい感じだったが、途中からただ逃げ回るだけの展開に飽きる。設定に無理もある。帯に”13階段をしのぐ”とあるが、ぜんぜんしのいでない。

僕の中ではこの人「13階段」の一発屋で終わってしまいそう。

|

« 空き巣対策とプランター。 | トップページ | ついに。 »

Bookレビュー」カテゴリの記事