« 我が子と放置自転車とGR-Digitalのファームウェアと焼き肉。 | トップページ | アボガドロ数と新型ストリーム »

2006.07.31

ガソリン価格高騰と化学の教科書。

会社帰りにこの本を買って帰る。


"新しい高校化学の教科書" (左巻 健男)

この間、酸素分子ってなんで結合できてるんだっけ…と共有結合のことをすっかり忘れていたのがショックで。センター試験の化学は、たしか化学は90くらいとれたのに。理科は物理と2科目受けて、物理は失敗した気がする。ただ、僕の母校N大はどちらかいい方の成績のみで評価されたはずなので、助かった。

共有結合といえば大学の授業でもs軌道とかp軌道とか講義に出てきた気がするが、きれいさっぱり忘れている。さすがにそこまで改めて勉強する気はないが、ちょっと鍛え直しです。この本がおもしろかったら物理、生物、地学にも手を出してみよう。

"新しい高校物理の教科書現代人のための高校理科" (山本 明利, 左巻 健男)
"新しい高校生物の教科書" (栃内 , 左巻 健男)
"新しい高校地学の教科書現代人のための高校理科" (左巻 健男)

昨日のエントリで放置自転車の件で、警察の人が来てくれなかったと書いたのだが、ちゃんと来てくれておりました。ちょうど、でかけていたときだったようで、ポストにメモが。1週間様子をみてから撤去してくれるよう。ありがとうございます。

明日からまたガソリンの値段がドンとあがるもよう。
夏の行楽、帰省を直撃 ガソリン140円突破
それを見越して、帰省用に昨日満タン入れておいた。このままどこまであがるのだろう。

ただ、ガソリンは1000mlで140円で高い高いと騒いでいるが、コンビニで買うお茶は500mlで150円。ま、比べるものではありませぬが。

|

« 我が子と放置自転車とGR-Digitalのファームウェアと焼き肉。 | トップページ | アボガドロ数と新型ストリーム »

学問・資格」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事