« 学生時代にはまっていたロックミュージシャンのオフィシャルサイトたち。 | トップページ | 我が子と放置自転車とGR-Digitalのファームウェアと焼き肉。 »

2006.07.29

トーマス号とサーカスとブックオフと小澤征爾。

午前中、家族3人で近所の公園に。トーマス号と三輪車も一緒。カメラはα Sweet Digital。最近、α Sweet Digitalはこの公園散歩専用機になっている気がする。

いつものように公園で大興奮の優くん。今日は嫁はんも一緒なので、写真をいつにもましてたくさん撮る。三輪車やボール遊びやブランコで楽しそうに遊ぶ。特にブランコは最近のお気に入りのよう。最高の笑顔を見せる。今回も、砂場には連れて行かずに帰宅。

帰宅後、これまたいつもと同じようにゴムプールで水浴び。顔に水がかかるのはまだ怖いくせに、一丁前に水で遊びたがる。水遊びも満足した模様。

お昼ご飯を食べてから関内方面に。ボリショイサーカスの招待券をもらったのでサーカスを見に。もう常識かもしれませんが、ボリショイ(Большой )とはロシア語で大きいとか偉大とかそういった意味。

ちょっと早めに着いたのでカフェベローチェで休憩。ここは1階が喫煙席、2階が禁煙席。2階に上がると階段付近の席には1階の煙が。もう少し配慮が必要だと思うが、場所柄(場外馬券売り場、パチンコ、歓楽街など)たばこを吸う人の利用の方が多いんだろうな、と勝手に解釈。

サーカスの会場に開演1時間前に到着。すでに招待券を入場券に引き替える人のけっこうな行列が。自由席のほとんどは招待された人だったんじゃないでしょうか。東京新聞がばらまいた模様。なんだかんだで、16時ごろ会場入り。まずまずの席を確保。

優くんに動物を見せてあげたかったのだが、朝からさんざん遊んでいたのですでに眠そう…。なんとか寝ないように手遊びなどでがんばる。16時30分にサーカス開始。ところが、なかなか動物を使った演目がない。。象とか虎とかを期待していたのだが、結局、動物は犬と熊と馬。優くんは第2部の途中で力尽き熟睡へ。。

サーカスを見たのなんていつ以来だろう。20年とかそういうオーダーだろう。基本的に子供向けの構成だったけれども、それなりに楽しめました。そういえば、空中ブランコは最後の決め技は3回失敗して、結局、諦めました。そんなこともあるんやね。

終了したのが18時半。とりあえずご飯を。大戸屋で安く済ます。嫁が頼んだつくねは半分以上優くんに食べられていた。

伊勢佐木モールにブックオフが開店していた。かなりでかい店舗。フロアが5階くらいの構成。東野の時生と小澤征爾の2002年のニューイヤーコンサートのCDを購入。CDは250円だったので。


"小澤&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート 2002" (小澤征爾)

|

« 学生時代にはまっていたロックミュージシャンのオフィシャルサイトたち。 | トップページ | 我が子と放置自転車とGR-Digitalのファームウェアと焼き肉。 »

日記」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事