« フレッツ光、申し込んでみました。 | トップページ | 凱旋門賞鑑賞と吉井和哉新譜をポチッと。 »

2006.09.30

大船フラワーセンタへ。α Sweet Digitalさげて。

大船のフラワーセンターでも行って、息子を遊ばせようかということで、昼前に出発。入園前に近くのスーパーでお昼ご飯を買い出し。

大船フラワーセンターは障害者の割引制度があるので、息子の手帳を見せると付き添いの嫁はんの入園料と駐車場代が免除される。ありがたいことです。

もちろん写真を撮ったわけですが、今日持ってきた機材は以下の通り。
αSweet Digital
- 50mmF1.4(旧型)
- 80-200mmF2.8G
- TAMRON 90mm macro
GR-Digital

入園しさっそく昼ご飯。芝生の上にシートを広げて買ってきたものを食べる。優くんも満足そう。食後に、息子が遊び出す。来月3歳を迎える息子であるが、1ヶ月ちょっとまえにやっとよちよち歩けるようになったと思ったら、もうかなり自由自在に歩き回れるようになった。まだ、あせったりすると転んでしまうのだが、それもまたかわいい。

今のところ、我が夫婦はダウン症児の成長のペースを十分楽しませてもらっているといった感じ。1歳ちょっとで歩き回れるようになっちゃうなんて、逆に僕らにとっては成長が忙しすぎるよなぁ、なんて思ったりしてしまう。

そんなわけで自由に遊び回る息子を激写。久しぶりに持ち出した80-200mm。適当に撮っても背景がボケてそれなりの写真になる。"写真がうまくなったと錯覚"したければ、明るい望遠レンズを買うに限る。ふつう、明るいレンズは大変高価なので、乱暴に言うと"高いレンズを使うとそれなりの写真が撮れる"ということだ。

もう少しぼけた背景の配色に気を配りたいが、親の心子知らず。なかなか難しい。

Pict3573

Pict3585

Pict3601

さすがにフラワーセンター、カメラや三脚を抱えた人が多い。僕もレンズをマクロに変える。
ふだんCANONのUSMレンズを使用しているので、α用のレンズはAFがうるさい上になかなかかったるい。特にこのTAMRONのマクロはジーコジーコと迷いまくり。まぁマクロ域は通常MFに切り替えるので問題ないんですが。

さて、花の写真は「記録」としてではなく「作品」として撮るのはなんとも難しい。未だプリントして飾りたいと思うような写真をとれたことがない。露出とか絞りではなく、構図・被写体の問題。

Pict3659

Pict3723

Pict3832

僕的には花より虫を魅力的に撮ってみたいと思うのだが、これがまた特に難しい。なんといっても、相手が子供以上にじっとしていないのだから。昆虫写真家という人がいるが、ほんとすごいと思う。蝶なんて、蝶を追いかけ回しても撮れないから、蝶が来るまでじっと待っているんだろうなぁ…。

Pict3807

Pict3680

Pict3661

Pict3781

Pict3671

これは↓トリミングしてます。アブラムシが大量についていて気色悪かったので。。
Pict3743

これもオリジナル画像だとかなり気持ち悪い…。なんでこんなもん撮ったんだろう。

Pict3752

上のをトリミングしてレベル補正と軽くシャープネスをかけてみたもの。凝視できますか…。

Pict3752-1

カマキリ発見。少年だったころは平気で捕まえていたのに、今は見ただけで鳥肌がたつ。怖がりながら撮った。

Pict3679

|

« フレッツ光、申し込んでみました。 | トップページ | 凱旋門賞鑑賞と吉井和哉新譜をポチッと。 »

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事