« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の22件の記事

2006.10.29

大掃除。

来週、我が家にお客さまが来るので大掃除。

将来子供部屋にしようと思っているが、現在は洗濯物干し用の部屋になっている部屋から物を移動。嫁さんは風呂場でカビキラー。 蛇口の下のパネルを初めてはずしてみたが、真っ黒だった…。

夕方、嫁さんが昨日買った苗とチューリップの球根を鉢に植えていたので、息子に靴を履かせて外に連れ出す。 うれしかったのかクルクル歩き回っていた。嫁が後片付けを始めると、使っていた掃除道具を奪い取りホウキで掃く真似をしていた。 よく見てるなぁ。

僕もついでに久しぶりに洗車。軽く水で流しただけ。その水で楽しそうに遊ぶ息子。びちゃびちゃになってしまったので、 そのままお風呂に。ついでに結構伸びていた髪を切る。最近は切った毛の処理が楽なので子供の散発はお風呂で。

夕ご飯は僕が焼きそばを作って嫁にふるまう。けっこう自分で作った焼きそばは好きかも。 ほんとうはもう少しまともな料理をマスタしたいのだが。とりあえずかっこいい包丁が欲しい。なんでも形から入るタイプ。

天皇賞秋は7スイープトウショウと11ファストタテヤマで。嫁は出走馬を眺めてすぐにスウィフトカレントが気になると言っていたので、 それを買えばよかった。

|

2006.10.28

苗を買いに。

嫁さんが先日チューリップの球根を買ったのだが、それと一緒に植える苗がほしいと言うので夕方から近所のホームセンタへ。 嫁さんが苗を見ている間、店内を徘徊。

特にめぼしいものもなかったが、息子にアンパンマンの歯ブラシと歯磨き粉を購入。 まだうがいができないから歯磨き粉を買ったのははじめて。すこしずつ練習させよう。

嫁はパンジーとビオラとアリッサムの苗を買っていた。

ヨーカドーに移動。日ハム日本一と中日ご苦労様セールをやっていた。まぁどこが勝ってもセールはやるようだ。LAMY 4C BP用のパイロット製ボールペンリフィルが売っていたので購入。あとシステム手帳用の穴をあけるパンチと無地のリフィルもあわせて。

地下の食品売り場で息子にアンパンマンの食玩を。先日2つかって集めようと思っている指人形。 でも人気のキャラはほとんどなくて今日はバイキンマン。

夜、今日買ったアンパンマンの歯ブラシで歯を磨いたらいつも猛烈に嫌がるのに、妙におとなしかった。これはいいかも。

|

2006.10.24

フレッツ光導入その後とナンバーポータビリティ。

フレッツ光を導入し2日ほどたちますがとりあえず安定しており問題なさそう。光電話に切り替えて一般電話回線は停止してしまったのですが、こちらも問題なし。ただNTT東西ともに光電話は爆弾をかかえているようなので、ちょっと心配。

電話といえば今日から始まったらしいナンバーポータビリティサービス。個人的にはどうでもよい話題ですが、ソフトバンクの必死さが笑いを誘います。結局、”値段で勝負しないと勝ち目はない”とふんだということでしょうが、その料金プランもよく調べるとそれほどお得でもないようで。賢い人はこんなことでだまされないでしょう。だいたいこんな複雑な料金プラン、店頭の販売員は100%理解しているのでしょうか。課金システムもバグがありそう…。少なくともしばらくは様子見が正解でしょうね。

フレッツの話に戻って。
せっかくなのでフレッツユーザしかアクセスできないフレッツスクエアにアクセスしてみた。インターネット網とは別のフレッツ用ネットワーク網を使用したサービスのようだ。パブリック(フレッツユーザに対してという意味ではパブリックだが)に公開されていないネットワークだから高速で安定したサービスが提供できるとか。たしかに最高画質(6M程度だが)でもストレスなく再生できたが、これくらいならインターネット網でも一緒。

主に動画コンテンツなわけですが、無料と考えれば利用価値はありそう。特に懐かしいアニメが無料でフルコンテンツ見られるのは好きな人にとってはうれしいかも。ルパン三世とかみなしごハッチとかヤッターマンとかガンダムとか。音楽もそこそこ充実しているようですし、スポーツではチャンピオンリーグがフルで見られるよう。
ただ、Macへの対応は無視されており、ほとんどのコンテンツは見られません…。著作権保護がかかっていない一部のコンテンツだけWMPforMacかFlip4Macで見られる程度。

パソコン通信のころはネットで動画をなんて考えられなかったが、もうネットで動画はあたりまえ。日本のテレビ局がYouTubeから動画を大量に削除したなんていうニュースがあったが、TV局自身が番組アーカイブをネット上で公開してもよい時期にきているんじゃないでしょうか。もちろん無料(収入源は広告)で。
そうするとレコーダ業界から反発をくらうかね。無料で放送した番組をDVD化して販売するというモデルも一般化しちゃってますし、簡単ではなさそうですが。

|

2006.10.23

YouTubeでカードマジック技法の映像を探してみた。

もう10年以上前になるが高校時代に高木重朗氏編のカードマジック事典を購入し、今でもたまに手に取ることがある。

"カードマジック事典" (東京堂出版)

たぶんカードマジックの分野ではバイブル的な存在だと思う。もちろんコインマジックのほうも所有している。

"コインマジック事典" (東京堂出版)

ふんだんに図がのっており比較的わかりやすいのだが、それでもやはり図だけでは限界があり掲載されている技法の多くはよくわかっていなかったりする。そこで、YouTubeでカードマジック事典に掲載されているカードマジック技法を検索してチュートリアル的な動画を探してまとめてみた。たんに現象を見せているものが多いが、上の事典を参照しながら見ると効果的かも。

以下はいずれも技法の解説なのでいわゆるルーティンではありません。

エルムズレイカウント
カードマジック技法の中でカードの枚数を実際よりも多くもしくは少なく見せることをフォールスカウントというが、その中の一種。ただし、エルムズレイカウントは枚数をごまかすのではなく4枚を4枚と数えるのだが、3枚目のカードが客の目にふれない。

フォールスカウント
これは枚数を多く見せるほう。でも演技が下手。

ダブルリフト(マルチプルリフト)
この技法を使わないカードマジックはほとんどないのではないか。逆にこの技法を知ってしまうと、TVでよくみるカードマジックの多くはタネがわかってしまう。やることは簡単だが自然に見せるのは難しい。

フォールスカット
デックをカットしたように見せかけて、実際はカットされていないという技法。

カル
デックを広げながら目的のカードをデックのトップもしくはボトムに集める技法。このビデオは現象を見せているだけか。

グライド
デックのボトムを客にわからないようにずらす技法。

サイドスティール
デックの中のカードを手の中に抜き取る技法。当然パームと組み合わせる。難しい。これも現象を見せているだけ。

セカンドディール
カードのトップからカードを配っているように見せて、別のカードを配ることをフォールスディールという。このセカンドディールはトップカードを配っているように見せて、2枚目を配る。これも現象のみ。

面倒になってきたのでこのくらいで。カードマジック技法はフォースとかパスとかまだまだいろいろあります。

|

2006.10.22

フレッツ光開通と菊花賞結果。

先日申し込んでいたフレッツ光の工事が午前中にあった。申し込んだのが9月末だから開通まで約1ヶ月。まぁこんなもんでしょう。室内の配線をしてくれた人は気さくでええ感じの人でよかった。光ファイバーケーブルの配線を見ていたが、守っているカバー膜をはがしたファイバーケーブルそのものはかなり細かった。歯ブラシの毛1本くらい。あれにデータがのってくると考えると不思議。

我が家は1階と2階に電話線用のジャックが来ているのだが、ファイバーは2階に出してもらった。そこから1階にLANケーブルを通すとどれくらいかかるか聞いてみたら1万5000円かかるというので、それはやめておいた。でも、(簡単な工事なんで、ほんとうはもっと安くやってあげたいんですけどね…)という感じだった。

工事完了後、業者さんのPCでフレッツ用サイトで測った回線速度は約66Mbps。十分です。

ただ、我が家の現役マシン3台はいずれも無線で使用中。無線でどれくらいでるかが気になるところ。ADSL時に測っておいたサイトと同じところで測定してみた。(ともにiMacCoreDuo20"2.0GHz、無線LANルータはバッファローWHR3-AG54。無線ルータは2階。PCは1階という条件)

変更前(eAccess47Mタイプ)
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2006/09/30 22:24:24
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 14542.071kbps(14.542Mbps) 1817.44kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 14157.356kbps(14.157Mbps) 1769.29kB/sec
推定転送速度: 14542.071kbps(14.542Mbps) 1817.44kB/sec

変更後(フレッツ光100M
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2006/10/22 17:29:04
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 20323.272kbps(20.323Mbps) 2539.9kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 25082.497kbps(25.082Mbps) 3134.55kB/sec
推定転送速度: 25082.497kbps(25.082Mbps) 3134.55kB/sec

(ここには出してませんが、上りも下りと同じくらい出ている感じ。)

有線の半分も出てませんが、ちゃんと向上してますし必要十分です。速度が必要なときは有線でつなげばよいし。他のPC2台でも試してみましたが、iMac>iBookG4>LOOXの順で結果が悪いよう。こちらも実用上問題なしですが。

菊花賞はやはり綺麗に外しました。。オトンに頼まれて別に6000円分買っていましたが、そちらは枠連で5枚分的中。枠でもけっこう配当ついてますね。この枠連はおいしかったかも。

|

2006.10.21

結局、システム手帳を買ってしまった。

先日、システム手帳をどうしようかというエントリを書き込んだが、昨日LAMYのボールペンを買ったため、その物欲が大きくなってしまった。昨日の今日、という展開ではあるのだが、横浜までシステム手帳を物色に行くことに。ただ、それ以外に息子のおむつの買い出しなどもしないといけなかったので、早めに家を車で出発しJackモールへ。

おむつを買う予定だったトイザらスがまだ開店前だったのでマクドで遅めの朝飯。食後にニトリとトイザらスで用事を済ます。トイザらスでは、ニンテンドーDSがけっこうな数入荷していた。そろそろ品薄は解消されてきてたのでしょうか。

車を横浜市の市営駐車場へ移動。みなとみらい線で横浜駅まで。予定通りだと1日乗り放題のチケットの方がちょっと安いので450円でそのチケットを購入。

横浜に到着。銀座の有名な文房具店伊東屋横浜店が高島屋にできたというので、ちょっと行ってみた。ペン関係の品揃えはけっこう充実しているが、さすがにフロアの一画での出店なのでこぢんまりとした印象(ATOKに「こじんまり」はダメだと指摘された。もともと「ちんまり」だから当然か。)。今日の目的、システム手帳は特にひかれるものはなかった。

丸井に移動。鞄のコーナーでPaul Smithの手帳で悩む。バイブルサイズでリング径が小さいものがあり気に入ったのだが、いかにもP.S.というストライプ柄しかないという。無地の皮で、このサイズのものが理想だったのだが、無地だとミニサイズしかないらしい。なんで作らないんだろう。

とりあえず結論は先送りし、隣のSOGOのロフトへ。ここでも手帳を物色。やはりピンとくるものがない。結局、丸井に戻ってこれを買ってしまった。

R0012355

最後までこのP.S.丸出しのストライプに難色を示していたのだが、最後は折れた。付属のリフィルは2006年度版で2007年度版はまだ出てきてないらしい。すぐにこのサイズで無地皮の製品が出たらショックだ。

再度ロフトに戻り、この手帳用のリフィルとLAMY BP 4C用のリフィルを購入。

本屋で息子にアンパンマンの絵本を購入。

みなとみらい線で桜木町まで出る。クィーンズスクエアで嫁さんがみたい店があるというので立ち寄る。某靴屋だったのだが、気に入ったものはサイズがないということで、とりあえず今日は購入を控えることに。アニエスb.は店舗が縮小されていた。

みなとみらい線で市営駐車場のある駅まで。

途中、食事と食材の買い出しをして帰宅。

さっそくLAMYのボールペンのリフィルを入れ替え。黒と赤はゼブラのもの、青は三菱のもの。書き味はLAMY製のものよりかなりいい。書き出しでかすれない。ただ微妙に筒が細いのか、書くときにペン先が出てくる穴にリフィルの筒が当たって小さく「カチ」っていう音がすることがある。特に三菱製のほう。気にしなければ気にならない範囲であるが、気になりだしたら気になる感じ。純正の書き出し時のかすれとトレードオフの関係か。しばらく入れ替えたままで。

|

菊花賞の買い目は…。

最近馬券を買っていなくて久しぶりにNIKKEIの競馬サイト、サラブnetにアクセスしたら、馬柱がなくなっているではないか…。新しいサイトには、

リニューアルのお知らせ
 競馬専門サイト「サラブネット」は9月29日、画面デザインを一新し、読みやすくしました。今後ともご愛顧ください。

とあるが、単にタスクを減らしたかっただけじゃないのか。ブックマークしてあった昔のURLにアクセスすると一瞬だけ以前のレイアウトが表示されてから、新サイトに転送される。

で、新聞を買ってきてもどうせ当たらないので(新聞代をけちって)Yahoo!の競馬ページだけで予想。各馬の戦績がいちいちリンクになっていてとても面倒。

とりあえず前走で結果をだした外国人騎手(11)と前走で本命を負かした(13)の馬連1点でいこうと思ったのになぜか買ったのは、、

Kiku

欲が出て3連単にしようと思い始めフォーメーションの買い目を考えてたら面倒になってしまった…。これ以外に13から人気薄に3点馬連で流して計2700円。きっと明日そのままマイナスになるでしょう。

残りのGIはディープが出るレースはどうせ馬券にうまみがないし、2歳のGIはあまり興味ないので、予定より多めにはってしまった。まぁそれでもしれているけども。

薬物検出のディープ、1着とれなくて結果的によかったのかね。

|

2006.10.20

ボールペンを買ってしまいました。

たかがボールペンなどと言ってはいけない。今日、買ったのはこれ。

Img 0896

そう、その筋では有名なドイツLAMY社Lamy 2000というシリーズの4色ボールペンだ。定価は税込み10,500円。定価の3割引きほどで購入したのだが、それでもボールペンとしては決して安い値段ではない。でも、バウハウスのデザイナーがデザインしたというデザインと、高級感を醸し出している素材などを考えると納得の値段。また、毎日しかも長く使えるものだから、これくらいかけてもいい気はする。
ただネットでの評判通り、デフォルトでセットされているリフィルは出足で必ずかすれるので、早めにリフィルは交換したいと考えている。

購入時、最初、紙の箱に入れられたので念のため確認したらケースに換えてくれた。でも、ネットで見たアルミ製ではなかった。残念。
Img 0892

このLAMYの筆記用具には熱狂的なファンが多くいるようで、googleで調べればコレクタのレビューがよーさんでてくる。そんなレビューを見ていて欲しくなってしまったクチなんですが。これをきっかけに筆記用具沼にはまらないように注意しないと…。でも、すでにLamy picoというシリーズが気になっていたりする。

以前は出かけると電気屋でカメラやらレンズやらを見て物欲をわかせていたが、最近はそちら方面は停滞気味。そのかわりアウトドアグッズや筆記用具、それから革製品に妙にひかれている。このボールペンに見合う手帳を探すかな。。

Img 0897

|

2006.10.17

Wrong FIRST asnwer of Who Wants to be a Millionaire

1問目で間違える解答者。間違えた後の司会者との微妙な間がおもろい。

|

2006.10.15

涙のハッピーバースデイ。

2003年10月15日、我が息子が元気に誕生した。したがって、今日は3回目のバースデイ。

優くんが生まれた日の写真。

Img 4655

生まれてすぐ口唇口蓋裂という障害をもっていることをしらされる。そんな障害があることをこのとき初めて知るとともに、息子のその姿を見てショックで気を失いそうになったことを覚えている。口唇裂は唇が上の写真のように裂けた状態をいい、口蓋裂は口の中の上が裂けた状態をいう。息子はこの両方の障害をもっていた。気持ちをどうもっていけばよいのかわからず、二人で毎日泣いていた。

口蓋裂の写真(わざと白くとばしてます)。

Img 8139

生まれた翌日に今度はダウン症の可能性があることを知らされた。検査でダウン症であることが確定されるまで数ヶ月かかったが、その間はかすかな希望が残っていたため逆に非常につらかった。でも、息子の染色体の写真を見せてもらったときには意外とすんなりと受け入れられた気がする。

7ヶ月頃、8時間にわたる口唇口蓋裂の手術が無事成功。

その後もゆっくりではあるが順調に成長している我が子が愛おしくてたまらない。

今日はそんな息子のバースデーケーキを買いに買い物に出かける。誕生日プレゼントは先日のディズニーランドのおみやげでおしまい、と思っていたのに何か買ってあげたくて、結局、すごい気に入った様子だったプーさんの絵本を買ってあげた。

最近は買い物に行って自由に歩かせてあげると、ちょこちょこ歩き回って、興味があるものがあると近寄っていって触ったり見たりしている。「手をつないで」と手を差し出されて、手をつないで歩いていると、その小さな暖かい手のぬくもりを感じてなんとも言えない幸せな気分になる。

ケーキを買いに洋菓子屋に行って、チョコレートのプレートに名前を入れてもらう。「これでいいですか?」と聞かれて、そのケーキを見たときにちょっと泣きそうになった…。さすがに泣いたら変な人なのでこらえたが。。

帰宅後、お昼のおやつの時間にささやかなバースデーパーティ。
Img 0759

ビデオを回しながらハッピーバースデイの歌をうたっていたら、感極まって号泣してしまった…。自分でもよくわからないんだけど、いろいろハンデキャップを持っている我が子の立派な成長ぶりがうれしかったんだろうなぁ。

プレゼントたち。
Img 0810

秋華賞は3歳の誕生日にかけて3,10,15のワイドBOXを買ってみた。久しぶりのPAT投票。

夕ご飯は昨日からの予定通りステーキ。ふだん肉はあまり食べたがらない息子もこのお肉は、ちょうだいちょうだいとせがむほど。この歳で、おいしいものを知ってしまうと困るのだが…。

Img 0833

3歳を目前にあんよが上手になった。来年は何ができるようになってるかなぁ。少しは挨拶ができるようになっているとうれしいなぁ。過剰な期待はせずに、彼なりのマイペースな成長を楽しみつつその日を気長に待とうと思います。

おめでとう。よくがんばったね。
そしてパパとママのところに生まれてきてくれてありがとう。

|

2006.10.14

ソレイユの丘に。

嫁さんと前々から行こうと言っていたソレイユの丘にやっと行ってきた。朝10時半頃に出発。横横から三浦縦貫道路で長井まで。三浦縦貫道路は久しぶりに使ったが、毎回、通った後「え、これだけ走っただけで終わり?高っ(300円)」と思う。そろそろ学習しないと。

まったく順調に進み11時半頃到着。駐車場代は通常1000円なのだが、愛の手帳で半額にしてもらえたので500円。入場料は無料。

ソレイユの丘は、動物とのふれあいや農作物の収穫などが体験できる大きな公園。入り口付近にはコスモスが。遠くから見ると大量に咲き誇っているように見えるが、近くでみると意外と隙間だらけ。

R0012325

朝ご飯は軽めにすませてきたのでさっそく昼ご飯。嫁さんの力作。優くん用に作ったアンパンマンのおにぎり。「アンパンマン」と言いながら全部たいらげてしまった。

R0012233

食後にボール遊び。上手に遊ぶようになりました。

Pict3919

トビが何羽も飛び回っていた。近くで見るとけっこうでかい。これはちょっとトリミングしてます。
Pict3957

今日持ってきたカメラは、

GR-Digital+21mmワイコン。ワイコンは久しぶりに持ち出した。

Pict4026

αSweet Digital+80-200mmF2.8G。
この組み合わせでコンテニュアスモードを多用したが、かなりストレスを感じる…。

R0012300

ソレイユの丘はかなり海に近いところにあります。ちょっと高いところからはこんな景色も。

Pict4030

ホースショーをするというので見てみた。

Pict4105

立ち乗りに挑戦。

Pict4113

こちらは落とした帽子を拾うというパフォーマンスだが、3回失敗し、結局諦めた。

Pict4137

持参したシャボン玉で遊ぶと、息子が大興奮。

Pict4158

Pict4191

「もうおしまい」とシャボン玉をしまったら泣いてしまった…。またやってあげるよ。。

牛や羊もいます。
Pict4251

この土産物屋で嫁さんがパンなどを買っていた。

R0012241

R0012266

R0012281

15時頃まで満喫して帰宅。

車に乗ったらすぐに息子は爆睡。帰り道は高速を使わずに下道で。少々、混雑気味。

夕ご飯は、明日、誕生日を迎える息子のためにとオカンから送ってもらった牛肉で焼き肉。口の中でとろける。まだ半分残っているので、明日はステーキで。

|

2006.10.13

JeditXにアップデート。

もう何年も前にJedit4.0をレジストして、Mac用のエディタとして使用している。その後、製品自体はJeditXにメジャーアップグレードしたのだが、もうhtmlをバリバリ書くこともないし、他の言語でコーディングもしないし、、ということで今日まで4.0のまま使用してきた。

しかし、昨日書いたようにectoでintel対応によりけっこうな恩恵がうけられることを実感したので、さっそくUniversalBinaryに対応しているJeditXのアップグレードライセンスを購入してみた。1680円。明日から休日なので、ライセンスコードが届くのは来週になりそうだ。まぁそれまでデモモードで使用しておけばいいので、特に急ぐ必要もないし問題なし。

|

2006.10.12

ectoのintel対応版が出ていました。

先日レジストして便利に使っているBlog投稿ツールのecto。久しぶりにサイトを覗いてみたらintel対応のバイナリが提供されていたので早速ダウンロードしてみた。まぁ、特に重いわけでもないのでPowerPC版でも不満はなかったのだが、やはりロゼッタ使用は減らしていきたい。

ヴァージョン番号はそのままなので、機能面やGUIは何も変わっていないようだが、起動が目に見えて高速になった。2,3秒かかったのが、一瞬に。これだけでも十分ありがたい。

このアプリを導入するまではドキュメント作成はLOOX(Windows)、画像・映像・音楽はMacという使い分けがなんとなくあったのだが、ドキュメントもMacで作ることが多くなった。ATOK for MacOSXの導入も大きい。

そんなわけで数年前、某コンピュータ系書籍を執筆するために購入したLOOXの出番がかなり少なくなってしまった。CPU、HDDを当時選択できた最高のスペックでカスタマイズしたので、我が家に今あるPCの中で一番高いマシンなのだが…。PenM1.1GHz、80GB、768MB。まだまだ息子にアンパンマンを見せるための専用の機械としてはもったいない。

このLOOXで2冊書籍を執筆したのだが、おかげさまでそれなりに売れているようです。最初に書いたモノはこれまでに4回増刷が入りました。1回増刷が入ると臨時収入としてはけっこうおいしい金額にはなるのでありがたい。とはいってもPC関連書籍は印刷数が一般書と比較してかなり少ないので、書店で山積みになっているハードカバーの「××万部突破!」という帯を見たりすると、頭の中で印税を計算して勝手にうらやましがっている。

拙著のAmazonリンクを貼る勇気はないので、今日もやめておく。

|

2006.10.11

噂。

いつだったか関西でおきた凶悪犯罪の犯人である当時の少年が、現在、実家近くに住んでいるという噂があるらしい。自治会でそのことについて議論されたという話もある。

日本中で目撃情報がある(もちろんほとんどは偽モノだ)ようなので、その中の1つだと思う。のだが、最近妹から携帯にその少年の最近の写真が送られてきた。回り回ってきたモノなので、当然、本人かどうかなどわかるはずもない。チェーンメールの一種だと思っておいた方がよいだろう。

ただこういう話を聞くと、少年法のおかげであれだけの犯罪を犯しても、こんなに早く社会に出られるのかと、違和感を感じる。被害者の家族はとうてい納得いかないだろう。

|

2006.10.10

システム手帳、また買い換えたくなったが…。

先日、LOFTやハンズに行ったがもう来年の手帳コーナーが盛り上がっていた。見てしまうと欲しくなる。しかし、僕は手帳に関して飽き性で長続きしない。数年前にシステム手帳からPDA(Visor〜Zaurus)に移行し、結局、Syncやデータ管理が面倒で数百円の単発の手帳に戻ったと思ったら、今年また超ミニシステム手帳に復帰。

さて来年どうしましょうか。困ったことにまたシステム手帳本体が欲しくなっている自分がいる。今、うちには4つシステム手帳があるのだが、どれも1年くらい使って次のものへ心変わりしている…。

Img 0706

上の写真がその4つなのだが、このうち3つはパリで買った物だ。

左の紺のが卒業旅行で行ったときに、Le bon marchéで買ったもの。たしかボンマルシェは世界で最初の百貨店だ。この手帳にはEXACOMPTA Parisと書いてある。サイトもあったのでちゃんとしたパリのブランドのようだ。バイブルサイズは僕にはでかすぎたので、すぐにカード入れとしか使わなくなった。

真ん中の茶色のは入社後、1人で英仏旅行に行ったときにやはりパリで買ったもの。どこで買ったか覚えてないが、filofaxのもの。345Fだったことがまだ残っている値札に書いてある。filofaxは英国のブランドだが、リフィルは曜日や月名など全部フランス語。まだ、この程度の単語なら覚えているようだ。当時は旅行会話程度ならフランス語で話せた気がする。そうそう、チュイルリー庭園で郵便局員のおじさんと会話したことを思い出した。キタノのフィルムが好きだと言っていた。

右のは見ての通りGucci。新婚旅行でパリに行ったときの勢いでブランドモノに走ってしまった。オペラ近くのショップで衝動買い。失敗だったのは素材がスウェードだったこと。鞄に入れておくと擦れて、見た目がよろしくなくなってしまった。写真では綺麗に見えますが。この写真ならオークションで売れるかな…。どうせなら、皮素材で長持ちするヴィトンのモノグラムのものにしておけばよかった。(この旅行でモノグラムの財布も購入)

今、現役なのは下のダヴィンチ社の超小型手帳。この中で一番安い。月間スケジュールとフリー用紙と都心路線図しかはさんでいない。まぁこれでもいいのだが、もう少し書きたいなと思うようになってきたこともあり。

久しぶりに写真の手帳を引っ張り出してきたら、filofaxの質感が今見ても悪くないし、使い勝手も一番よさそう(当時もそう思っていた)なので、これを復活させようか。ただ、この厚みが出る感じがいまいちで、もう少し薄く収まるものが理想なのだが。

|

2006.10.09

V for Vendettaを見る。

以前から見ようと思っていたこの映画をDVDで見る。


"V for Vendetta [2006]" (Warner Home Video)

ストーリーは期待していたほどではなかったかな。。でも最後のシーンは圧巻。映像がきれい。

3連休、ビデオの編集と写真の整理をしようと思っていたがほとんどできず。

|

BAY QUARTER YOKOHAMAへ。

先日オープンしたBAY QUARTER YOKOHAMAに行ってみることに。まだ、すごい人出だろうということで、午前中のまだ人が少なそうな時間帯に到着するように出かける。11時開店の30分くらい前に到着。

写真はすべてGR-Digital。

R0012126

すでに開店待ちの人がけっこういる。
R0012151

息子はフロアーをあっちこっち歩き回っている。そろそろ迷子対策用のリードがいるかな…。
R0012162

特にお目当てのものがあったわけではないが、ビクトリノックスと自転車はかなりひかれるものがあった。なんとか衝動買いは抑える。

R0012164

R0012171

まだ昼前だったが、混む前にとカフェに。1つだけ頼んだチョコレートのショートケーキはほとんど息子がたいらげてしまった。

R0012179

三尺三寸箸という店が入店しているのだが、三重県桑名市を本店とする牛肉料理店柿安が展開しているビュッフェ形式の店舗。第1号店は実家からすごい近いので、帰省したときになんどかオカンに連れて行ってもらっている。ここ、横浜店もけっこうな人気のよう。

R0012202

そごう方面へ移動。動く歩道でつながっている。

R0012206

R0012209

丸井とそごうをブラブラ。そごうの本屋で本を1冊購入。久しぶりにミステリじゃないものを。


"Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選" (レイモンド カーヴァー)

西口に移動し、東急ハンズやVIVIREを散策。ハンズで耳栓を購入。夜中、息子がアーアーうるさいので…。ナイフの陳列棚を眺める。かっこいい。刃物を使うのは恐怖心があるくせに。

夕ご飯は一鶴。四国が本店の鶏肉料理店。ここのひな肉が最高で、もう何度も行っている。なんちゅうことない鶏肉料理なのだがなぜかうまい。今回も満足。
R0012216


食事して店を出たのが18時くらい。まだ早いので、地下街を徘徊。嫁はんが洋服を買っていた。

ツタヤによってDVDとCDを借りて帰宅。

|

2006.10.07

ソリテール紛失…。

嫁はんが花の苗を買いたいというので、近所のホームセンターへ。その後、ヨーカドーで食材を買い出しして帰宅。

で、家に着いて車のキーホルダーを見たらなんとMAGLITEソリテールの本体がなくなっているではないか。ショック。電池を入れるためのねじ込む部分から下がなくなっていた。これはまだ生前の姿。

Pict3522-1

とりあえずLED化とかする前でよかった。今度はボタン電池タイプのLEDライトにするかな。

今日買った花たち。

R0012112

ヨーカドー内のCD屋で2枚購入。フォーレのレクイエムとモーツァルトのフルート&ハープ協奏曲。

|

2006.10.06

一足はやく息子への誕生日プレゼントが届く。

帰宅すると荷物が届いていたので何かしらと思ったら、妹夫婦から来週3歳になる息子への誕生日プレゼントだった。さっそく息子に見せようと思ったが、かなり遅めの昼寝で爆睡中。しょうがないので、勝手にあけてしまった。

プレゼントは大好きなアンパンマンのおもちゃ。

ぬいぐるみに見えるのは電池を入れると、ジャンプしたりおしゃべりしたりするもの。ケーキは1/4ずつ分かれているのだが、UFOキャッチャーの景品。4種類のキャラを全部取るのはそうとう大変だったろう…。ありがとう。

Img 0674

息子が見たら喜ぶだろうなと思ったが、まだまだ起きそうな気配はない。ところが、帰りにコンビニで買ってきたミルフィーユを嫁と食べていたら、匂いにつられたのか目を覚まし(ちょうだい)という視線を送ってきた。少しあげると案の定、ちょうだいちょうだいのアピール。すっかり目を覚ます。

そこでおもむろにプレゼントを見せると「ニコォ」。特にケーキの方を指さし、それぞれのキャラクタの真似をしていた。でも、動くおもちゃのほうは、その動きからかちょっと怖いよう。昔、僕が買ってきたポンポンいう犬のおもちゃも怖がってたからなぁ。でも、人形自体は気に入ったみたい。

毎日毎日アンパンマンのDVDを見てるけど、どこまでストーリーの意味が分かってるのかなぁ。

最近、優くんができるようになったこと。体の部分(目鼻耳口頭お腹お尻など)を言うと、自分でそこを触って場所を教えてくれるようになった。ゆっくりではあるが着実に成長していることを感じる。

|

2006.10.05

吉井和哉のYahoo!ライブトークを見た。

Yahoo!のトップページに21時から吉井氏のライブトークをストリーミング放送するというので、iMacでアクセスしたらWindowsのみ対応だと冷たくあしらわれた。ので、LOOXを開いてアクセスし直す。

気になった発言は以下の2つ。
・布袋さんと携帯でメールをしてる
・歌い方を変えてきてるので変化も楽しんで欲しい

中高時代はBOΦWY一筋だったので、お、と一瞬思ったが布袋さんは僕の中では過去の人(唯一1stソロアルバムはいまでもいいと思う)。明日、「僕らの音楽」で競演するようですが、微妙です。とりあえず録画しておきますが。

昨日、吉井の歌い方のことを書いたがやはり意識して変えているようだ。残念ながら少なくとも僕にとってはマイナスだ。ファンの人にはこのアルバムも温かく迎えられたようだが、僕は別に吉井和哉のファンというわけでもない(吉井氏の作ってきた作品が好き)のでダメなモノはダメだ。今日、会社の行き帰りにiPodで通しで聴いたが、昨日の60点が70点になったかどうかというところ。何度も聴くと良さがでてくるアルバムかもしれないが、吉井氏の音楽(というか邦楽全般)にそんなことは求めていないし。

僕の中での吉井氏のベストワークはなんといってもSicksだ。


"SICKS" (THE YELLOW MONKEY)

というか、布袋氏を卒業し洋楽一辺倒だった大学時代にこれを聴いて、衝撃を受け、イエモンも聴いてみようかときっかけになった1枚だ。トータルで捨て曲なし。「天国旅行」「人生の終わり」あたりは今聴いてもかっこいい。個人的にはイエモンの中で1番好きな曲は「人生の終わり」かもしれない。そういう人多いと思う。

39108がピンとこなかったので、今日、iPodに入っていたSicksを久しぶりに聴いてみたが、やはり比較にならないくらいかっこいい。気のせいかもしれないが、Sicksのころより高音が出にくくなっていやせんか、吉井氏。そりゃあのころから10年も経っているので気のせいじゃないのかもしれない。ロバートプラントだってイアンギランだったもうオリジナルキーで歌えないんだし。

そんなわけで、新譜が出たら何も考えずに買う数少ない邦楽アーティスト(他は民生くらい)だったのだが、次回はレンタルで済ますかなぁ。今日のライブトークでは2月から活動開始して5月リリースとか言ってましたが。

|

2006.10.04

吉井和哉39108届く。

月曜日にhmvで予約オーダーしたら、ちゃんと発売日の夜に届いた。さっそく、iTunesに放り込みついでに、軽くスキップしながら聴いてみたのですが…、1stインプレッションとしては「微妙」かなぁ。
これはソロになってからの1st2ndとも共通して感じていることだが、吉井氏、唄下手になったというか、声量落ちたというか、もしくは声量落としてるというか。
ヴォーカリストとして僕が好んでいるロングトーンを気持ちよく唄う吉井氏のイメージとちょっと違うのだ。なんか歌詞もパッとしないし。

いまのところ、そんな印象。

唯一好印象だったのは、DVDのほうでPV撮影のロケ地がエディンバラだったこと。懐かしい。また行きたい。

届いたと言えば、もうずいぶん前だが、Appleに申し込んでいたバッテリーが届いたので交換して使っております。2年ぐらい使ってたから、新品になってラッキー。

それから、今日までサッカー日本代表のGKは「川口よしかず」だと思ってました。まさか「よしかつ」とは。

今日のガーナ戦の選手紹介のときに知りました。そう思ってる人、絶対、いっぱいいるはずと思って軽くググってみましたが、それほどいないようです…。確かに漢字を見たら「よしかつ」やわ。

ただし、ガーナ戦はまったく見ておりません。

|

2006.10.02

凱旋門賞鑑賞と吉井和哉新譜をポチッと。

さて、凱旋門賞。「録画しておいて後で見ればよいや」と思いつつ、NHKスペシャルのディープインパクト特集からしっかり見てしまった。

なんだかんだ言われていますが、完敗ですね。負けても強さはアピールできたという意見もあるが、負けは負け。負担重量の差については大きいと思うが、レース前から分かっていたことだし、それくらいのハンデなんて関係ないというのがレース前の評価だったのではないか。しかし、それにしても直線伸びなかった。

結果的にアホな日本人が大金を落としていったというイメージだけが現地の人の印象に残ったのでは…。

パリに行ったときにBois de Boulogne(ブローニュの森)には少し踏み入れた気がしますが、Longchamp(ロンシャン)までは行ってません。

(見るとついつい買ってしまうので)久しぶりに訪れたHMVのサイトで吉井和哉氏がYOSHII LOVINSON名義ではなく吉井和哉名義でアルバムを出すことを今更知る。発売日は明後日。1st、2ndといずれもパッとしなかったのでレンタルでええか、と思ったが結局、DVD付きをポチッと。これが、”見るとついつい…”である。


"39108 (初回限定盤)(DVD)" (吉井和哉)

今日、会社帰りiPodでシャッフル再生していたらTohkoがかかった。基本的に小室プロデュースは受け付けなかった僕であるが、彼女は唯一気を許して2枚もアルバムを買ってしまった。最近、何してるんだろうと思ったら、引退したわけではなく、地味に活動をしているよう(オフィシャルサイトへのリンク)。


"籐子" (tohko)

|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »