« ソレイユの丘に。 | トップページ | Wrong FIRST asnwer of Who Wants to be a Millionaire »

2006.10.15

涙のハッピーバースデイ。

2003年10月15日、我が息子が元気に誕生した。したがって、今日は3回目のバースデイ。

優くんが生まれた日の写真。

Img 4655

生まれてすぐ口唇口蓋裂という障害をもっていることをしらされる。そんな障害があることをこのとき初めて知るとともに、息子のその姿を見てショックで気を失いそうになったことを覚えている。口唇裂は唇が上の写真のように裂けた状態をいい、口蓋裂は口の中の上が裂けた状態をいう。息子はこの両方の障害をもっていた。気持ちをどうもっていけばよいのかわからず、二人で毎日泣いていた。

口蓋裂の写真(わざと白くとばしてます)。

Img 8139

生まれた翌日に今度はダウン症の可能性があることを知らされた。検査でダウン症であることが確定されるまで数ヶ月かかったが、その間はかすかな希望が残っていたため逆に非常につらかった。でも、息子の染色体の写真を見せてもらったときには意外とすんなりと受け入れられた気がする。

7ヶ月頃、8時間にわたる口唇口蓋裂の手術が無事成功。

その後もゆっくりではあるが順調に成長している我が子が愛おしくてたまらない。

今日はそんな息子のバースデーケーキを買いに買い物に出かける。誕生日プレゼントは先日のディズニーランドのおみやげでおしまい、と思っていたのに何か買ってあげたくて、結局、すごい気に入った様子だったプーさんの絵本を買ってあげた。

最近は買い物に行って自由に歩かせてあげると、ちょこちょこ歩き回って、興味があるものがあると近寄っていって触ったり見たりしている。「手をつないで」と手を差し出されて、手をつないで歩いていると、その小さな暖かい手のぬくもりを感じてなんとも言えない幸せな気分になる。

ケーキを買いに洋菓子屋に行って、チョコレートのプレートに名前を入れてもらう。「これでいいですか?」と聞かれて、そのケーキを見たときにちょっと泣きそうになった…。さすがに泣いたら変な人なのでこらえたが。。

帰宅後、お昼のおやつの時間にささやかなバースデーパーティ。
Img 0759

ビデオを回しながらハッピーバースデイの歌をうたっていたら、感極まって号泣してしまった…。自分でもよくわからないんだけど、いろいろハンデキャップを持っている我が子の立派な成長ぶりがうれしかったんだろうなぁ。

プレゼントたち。
Img 0810

秋華賞は3歳の誕生日にかけて3,10,15のワイドBOXを買ってみた。久しぶりのPAT投票。

夕ご飯は昨日からの予定通りステーキ。ふだん肉はあまり食べたがらない息子もこのお肉は、ちょうだいちょうだいとせがむほど。この歳で、おいしいものを知ってしまうと困るのだが…。

Img 0833

3歳を目前にあんよが上手になった。来年は何ができるようになってるかなぁ。少しは挨拶ができるようになっているとうれしいなぁ。過剰な期待はせずに、彼なりのマイペースな成長を楽しみつつその日を気長に待とうと思います。

おめでとう。よくがんばったね。
そしてパパとママのところに生まれてきてくれてありがとう。

|

« ソレイユの丘に。 | トップページ | Wrong FIRST asnwer of Who Wants to be a Millionaire »

日記」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事