« ラーメンもって公園へ。 | トップページ | モレスキンのノートと漢字検定。 »

2006.11.27

シャープペンシルを使わなくなった理由。

ここ最近はボールペンやら万年筆やらにはまっているわけであるが、鉛筆はもちろんのことシャープペンシルでさえほとんど使わなくなった。今使う場面としたら年1度か2度の試験の答案を作るときくらいだ。この傾向は最近始まったというわけではなく、たぶん大学時代からすでにそうだった。

(理系だったらあたりまえのことだと思うが)紙に1度書いたことはすべて残しておくのが常識だ。たとえ書いたことが間違っていても、そのときの思考過程やデータを残しておくことが後々活きてくることがあるからだ。というのが1つの理由。
その他、職場においては鉛筆書きはデータ改ざんの余地があるためオフィシャルなドキュメントの記述には利用できないし、単に鉛筆で書いた感じが好きでないし、シャープペンシルは芯が折れるし、消しゴムで消すとカスがでるし、とあまり積極的に使う理由がない。

そんなわけで、いくら文房具にはまったとはいえ「高級なシャープペンシルには手を出さないぞ」という決意を新たにしたのでした。

|

« ラーメンもって公園へ。 | トップページ | モレスキンのノートと漢字検定。 »

文房具」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事