« シャープペンシルを使わなくなった理由。 | トップページ | お歳暮と漢字。 »

2006.11.28

モレスキンのノートと漢字検定。

結局、気になっていたMOLESKINE(モールスキンorモルスキン)のノートをAmazonでオーダー。買ったのは方眼枠ラージサイズのもの。とりあえず職場で調べ物をまとめる用に使う予定。


"Moleskine Large Squared Notebook" (Modo & Modo)

それから、万年筆を買ってから毎日意味もなくレポート用紙に文字を書き殴っているが、それもそろそろバカらしくなってきたので、漢字の勉強を兼ねようと漢字検定2級の問題集を買ってみた。いろいろ出ているなか買ったのはこれ。安かったので。

"本試験型 漢字検定2級試験問題集〈’08年版〉" (成美堂出版)

さっそく風呂上がりにスーベレーン片手に最初の試験に挑戦。と、ここまでは良かったのだがあまりのできなさに愕然。ショックを受ける。2級というのは常用漢字を出題範囲とする中では最高レベルの試験だそうだが、それにしても普段よく見聞きする漢字がまったく出てこない…。

例えば
・執行ユウヨ
・常識をクツガエス
・体をキタエル
・タテマツル
などなど。

さらに四文字熟語や部首を答えさせる問題はほとんど全滅。部首って一体何なんだ。そうまで思ってしまう重傷度。そうとうまずい。ちなみに漢字検定のオフィシャルサイトで各等級の過去問が見られます。2級でさえこの有様ですが、さらに2級と準1級の間にも越えられない壁があります。

今度は数学検定の問題集でも買ってくるかな。2級(中学校3年〜高等学校3年程度)ならまだこちらのほうが合格の可能性がありそう。

漢検も数検も受験料がそれなりにする(4〜5000円)から、受けるならまじめに勉強してからでないとダメだな…。もっと気軽に受けてみようかと思っていたのに。

|

« シャープペンシルを使わなくなった理由。 | トップページ | お歳暮と漢字。 »

学問・資格」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事