« 2本目のWatermanエキスパートにインクを。 | トップページ | たまにはゲームや携帯の話でも。 »

2006.12.13

2本目のWatermanエキスパートその後。

先日、試し書きをせずに買った2本目のWatermanエキスパート。当初、1本目と同じペン先だが線が太いのはインクのせいだろうと思っていたのだが、その後さらに使っているとどうも違和感を感じるようになった。一番おかしいと思ったのが、縦に線を引くとたまに出だしで線の中央が凹んでVの字になるときがあること。そこで、よーくペン先を見てみると微妙に先の先(ペンポイントというらしい)が広がってしまって隙間があいているではないか。

お店で見たときはさほど気にならなかったが1本目と比較してみると明らかにペン先が広がっていることが確認できた。さて、どうしたものか。気づいてしまうと、もうこのままではとても使う気にならない。

ダメ元で購入元に電話をして見たら、メーカに連絡し特別にペン先を交換してくれるということになった。意外とよい対応をしてもらえた。さっそく、お店に交換してもらいにいったのだが、なんとメーカから送られてきたペン先がゴールドのもの。で、僕が買った緑軸についているシルバーのペン先と違っていたので、急遽、在庫があった赤軸と軸ごと交換ということに。ということで、今手元には赤軸のエキスパートが。交換後のペン先は1本目とほぼ同じ書き味で満足。

探しているペンケースに関しては、鞄工房土屋のヌメ皮のものがよさげ。そのままネットで買おうかと思ったが、鎌倉に店舗があるというので、実物を見てからどうするか決めることに。

Pencasebottom


ペン先を変えてもらうために川崎に行ったついでに寄ったブックオフでこのCDを購入。なぜか未開封の輸入盤が250円だったので。


"アダージョ・カラヤン(2)" (ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

|

« 2本目のWatermanエキスパートにインクを。 | トップページ | たまにはゲームや携帯の話でも。 »

文房具」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事