« iVIS HV10用のワイコンを購入。(GR Digitalのワイコンも付けてみた) | トップページ | iMac超不調とPASMO定期券とGX100。 »

2007.04.12

第二子誕生。

予定日は昨日。
今日もいつものように会社に向かうために6時過ぎに起きスーツに着替える。7時頃、家を出ようとしたら、嫁がだんだん痛みが強くなってきたと言う。まだ本格的な陣痛ではなさそうなので、このまま出社するか、休むか悩む。

結局、出社してすぐ戻ってくるような事態をさけるため、急遽、休みをもらうことに。なかなか進行しなかったらそれはそれでしょうがない。

ところが、そうこうするうちに痛みの間隔が短くなってきた。1分間持続する痛みが5分間隔くらいずつ。産院に電話すると入院準備をして来るように言われる。

9時前に産院に到着。診察の結果、子宮口が4cmくらい開いているとのこと。これが10cmになったらお産だそうだ。
陣痛室というところで子宮口が開いてくるのを待つ。僕は本当に待つだけだが、嫁はんは痛みに耐えないといけない。とりあえず、僕ができることは背中をさすってあげることくらい。このまま順調にいけば、今日中に生まれそうだということで、コンビニに朝刊を買いに行く。新聞とってないので。長男が生まれた日の新聞もちゃんと残してある。

陣痛室には有線が入っていた。基本的にリラクゼーション的なチャンネルをかけていたが、気分転換にRadio Franceなども選曲してみた。パリのホテルでTVのニュースを垂れ流している感じ。RFIのサイトでも一部の番組が聞けるよう。
当然、嫁はそんなことを楽しむ余裕はない。

しばらくすると入院する病室のベッドメイクが終わったというので、病室にうつる。1時間おきくらいに子宮口が1cmくらいずつ開いていたのだが、なぜか7cmくらいで進行が一時ストップしてしまう。

ところが、嫁が耐えられない痛みに変わってきた、ということで分娩室に移動。いよいよだ。
分娩台に上がった段階では8cm。その後は順調に進み、午後2時46分、無事に元気な男の子が誕生。出てきた瞬間からほんとに元気よく泣いてくれた。感動。

助産婦さんが嫁さんに抱っこさせようとしたら、さっそくおしっこをシャーっとしだした。しかも2回も。この子の人生初めての小便は助産婦さんの手に。

長男の生まれたときは、障害があることが分かり、心から喜ぶことができるまで少し時間がかかってしまったけれど、今回は素直に最初から幸せいっぱいな感じです。

無事に生まれてきてくれてありがとう。
そして、生んでくれてありがとう。

Img 4346-1

Img 4375-1

Img 4406-1

Img 4446-1

|

« iVIS HV10用のワイコンを購入。(GR Digitalのワイコンも付けてみた) | トップページ | iMac超不調とPASMO定期券とGX100。 »

日記」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事