« パンク…。 | トップページ | EOS40D届く。 »

2007.09.03

結局、EOS40Dを買うことに。

先日、発売になったEOS40D。

3年前、予約して発売日にEOS20Dを買って、特に不満もなく使ってきた。ただ、3万枚近く撮り、そろそろシャッターが壊れてもおかしくない時期になってきているのもあり、手持ちのカメラ資産を売れば、その壊れたときの修理代程度で40Dが買えそうなことが分かったので、買ってしまった。

今回売ったのはミノルタ関係でまだ売っていなかったもの。旧型の単焦点レンズが多い。
・αSweetDigital
・旧50mmF1.4
・旧24mmF2.4
・24-105mm
・トキナー旧17mm
・ストロボ
とEOS20D。

αSweetDigitalはαの資産を活かすために買ってみたが、結局かなり使用頻度が低く1年半で5000枚弱くらい。ここ最近はほとんど使っていなかったので思い切って処分してしまった。

最初、SOFMAP系の買い取り店にEOSとSweetDigitalを見せたら、けっこう渋い評価だったのでキャンセルし、ネットから某大手カメラ店の下取り交換に出すことに。差額は1万7千円弱。

初めて自分の金で買った一眼レフカメラα-7を買ったとき、レンズはこれ1本(24-105mm)で十分と思っていたので最終的にはこれくらい(下の写真)増殖していた。結局、下の写真に写っているカメラレンズはほとんど売却して、手元に残っているのは銀塩αSweetとレリーズのみ。
Img 20051127T183519771.Jpg-1

EOSはD30→20D→40Dと3年毎に買い換えている感じに。
20Dは3年で3万枚なら世間的には少ないほうかもしれない。D30、20Dで想い出をたくさん撮ってきましたが、40Dではどんな想い出を撮ることになるのでしょうか。

|

« パンク…。 | トップページ | EOS40D届く。 »

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事