« EOS40D持ってソレイユの丘に。 | トップページ | 幼稚園見学会に行く。 »

2007.09.09

Fretta号パンク修理(チューブ交換)。

先週、ほぼ自らのミスでパンクさせたフレッタ号。この間、チューブを買ってきたので今日交換してみた。事前の情報収集により小径車はタイヤの伸びシロが小さいので、けっこう大変ということだったが、結論から言うと簡単でした。写真を撮りながら進める余裕があったので、以下に手順を書いてみる。

まず、パンクした前輪を外し、中のチューブを引っこ抜く。先日買ったミニ工具にタイヤを止めておくバーがあったのでそれを活用。固くてバーが割れるようなこともなく、ちゃんと機能してくれました。

取り出したチューブ。立派に裂けてます。これはパッチで埋める修復だと厳しいかもしれません。今回は初めからチューブ交換のつもりだったので問題なし。

R0013726

買ってきたチューブに軽く、ほんとに軽く空気を入れておく。そうするとリムに入れやすいと何かで読んだので。

R0013727

その後、リムとタイヤの中にチューブを入れます。最初にバルブを穴に通しておきます。タイヤをよく見ると一カ所ゴムが擦れている箇所が。そのまま使いましたが大丈夫でしょうか…。

R0013728

チューブを通した後、タイヤをリムの中に埋めていく作業が大変と想像されましたが、後半確かに固くなったものの、意外とそうでもなかったです。

R0013730

この状態↑で空気を入れてしまうと、ブレーキに引っかかって自転車にセットできなくなるので、このブヨブヨのまま自転車にセット。ほんとうはブレーキを外してタイヤをセットするのかもしれない。

R0013731

タイヤを固定してチューブのずれを確認しながら空気を入れます。クイックのバーは回すのではなく、回すのは反対側でバーは最後に固定するだけのようです。最初、間違えていました。所定の空気圧(90psi)まで入れる勇気がなく、80psiでやめ。それでもカッチカッチです。
R0013732

先週は空気を入れた後、いきなり乗車して失敗したので、入念に問題がないことを確認し、完了。

でも、また破裂するんじゃないかとハラハラしながら乗車してみる。とりあえず、大丈夫そう。暑いので、軽く近所を5分くらい走って今日はおしまい。この程度なら自転車屋に持って行かなくても、またできそう。いや、後輪だとスプロケ、ディレイラ等があるからそうはいかないのかも。

サドルも交換した現在の姿。

R0013733

|

« EOS40D持ってソレイユの丘に。 | トップページ | 幼稚園見学会に行く。 »

日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事