« 秋の夜長、HDDケースのセットアップにはまる… | トップページ | 超ミニスピーカMONIKERをiPod classicに装着してみる。 »

2007.11.18

iPod Classic、とりあえずの感想。

昨日買ったものの、同時に買ったストレージの構築に手間取り、やっと夕方になり開封。
ほんとうは今まで(ストレージの節約のため)セーブしていたCDとDVDのリッピングをジャンジャンやろうと思っていたのに。

とりあえずシャイーのブルックナー全集を取り込みながらこれを書いています。

iPod自体は2代目10GBから使っているので、けっこう古くから使っていることになるでしょうか。

Img 6826

新しいのが出たら飛びつくというタイプでもないので、4代目40GBと続いて、HDDタイプを買ったのは3台目です。ということで、classicになってもそれほど感動はありません。初めてのカラー液晶タイプで、画面がきれいになったのは感心。

Appleのこん包は大変美しいので、多くの人がそうしているように写真を撮りたくなる。まるで高級ブランド品のごとし。
Img 2114

付属品はこんなパッケージに入っていました。開けてみましたが、既に持っているものばかりだったので、その必要はなかったかも。もしオークションに出すことになったら未開封の方が印象がいいですしね。

Img 2115

中身。
Img 2121

4Gのについてきたドックですが、classic付属品のアタッチメントはサイズ違いで入りません…。

Img 2118

直接入りますが、ぐらぐらで折れそうで怖いです。
※一緒に買ったシリコンカバーを被せたら入らなくなりました。このカバー失敗だ。
Img 2120

4Gに被せていたのはお尻の部分がめくれるタイプだったので問題なくドックにおけたし、サイドが波になっていて滑りにくく優秀だった。ささっているのは、USB+FireWireの2股ケーブル。今回からFirewire接続はサポート外になってしまったようですね。残念。

Img 2122

愛用のヘッドフォンはER-6i。一時期、高級ヘッドフォンにはまり、いろいろ手を出したが今はこれに落ち着いた。なにより、低音が抑え気味でクラシックにも対応できているのが大きい。一番高かったHD25は、最近、ほとんど出番なし。

Img 2124

Classic、ホイールの反応が鈍い、というか、しっかり圧をかけないと動作してくれないですね。。

さっそくアンパンマンを入れてみました。iPod上で見る分には十分です。ちなみに、圧縮はToast7の機能を利用。

Img 2126

TVへの出力はどうでしょうか。

一緒に買ったコンポジットケーブル。これも密封されてました。

Img 2127

質感はいいですが、取り回し・携帯性は最悪です。

Img 2128

37インチ、プラズマに出してみました。動きが速いシーンだとさすがにブロックノイズでまくりですが、アニメぐらいだったらまぁなんとか合格でしょうか。

Img 2129

まだ、本体のほうをあまり触っていないのですが、4Gで不満だった次の点がどうなったのか気になっている。
・ヘッドフォンが抜けると再生停止する機能のためにER-6iだと、ちょっと端子が動くと再生が停止して鬱陶しい。これまでは延長ケーブルを付けて回避。
・アルバムやアーティストが増えすぎたのでインデックスでの検索がしたい。これは自動プレイリストで作れということかも。

あと、iTunesで取り込み時の曲情報は有志によるものだからしょうがないところはあるが、クラシックの場合、アーティストが作曲者だったり指揮者だったり、めちゃめちゃ。統一してほしい。今、ブルックナー7番まできた。今回も情報はめちゃめちゃだ…。

そうそう、このclassicのインタフェースだと今までどうでもよかったCoverFlowが気になります。が、今、iTunesに入ってる600くらいのアルバムのうち自動で取れてるジャケは半分以下。AmazonやらHMVからとってくるかねぇ。考えるだけでもやりたくない作業。

ジミー・ペイジの影響でレスポールを買った身としては、iTMSのZeppelinの全集も気になるところですが、オリジナルアルバムを全部持っているのを考えるとさすがに手は出せません。

Img 2116

|

« 秋の夜長、HDDケースのセットアップにはまる… | トップページ | 超ミニスピーカMONIKERをiPod classicに装着してみる。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事