« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の15件の記事

2008.03.31

Aperture 2購入とMacBook Pro 17" HD、モニタキャリブレーションにはまる。

昨日の昼に届いたMacBook Pro 17" HD。いろいろやろうと思っていることはあるのだが、あることが気になってしまってなかなか先に進まない事態に。詳細は後半で。

とりあえず、これまでメインだったiMacからデータの移行が必要ですが、次のような理由で移行アシスタントは使いません。
・何がどうなるのかよく分からないので、トラブルを避けるため
・データの中心となる画像、音楽データのライブラリは外付けHDDにあるので、わざわざ使うほどのことはない。
・アプリインストールは面倒だが、この際、入れるもの入れないものを区別したい

これまで何度か新しいMacを買ったときに使うチャンスはあったのですが、1度も使ったことがありません。

っちゅうわけで、手動でメールとブックマークを移行。
その後、まず、インストールしたアプリはJeditX、ecto、VMware fusion、Photoshop CS3のみ。

そして、iPhotoで外付けHDDのライブラリ(約200GB、5万枚強)を開いてみる。
初めてこのマシンの性能を実感。iMac Core Duoとは比較にならないくらい快適。これは、CPUというよりGPU・VRAMの差と、FW400からFW800接続に変えたことの影響が大きいと思われる。

ところが、写真を見ていて、カラーマネジメントがおかしいことに気づく。デスクトップを見ているだけではさほど気にならなかったのだが、写真で人肌の色を見ると明らかにおかしい。よくよく見るとドックのアイコンの色目からしておかしい。

ということで、モニタのキャリブレーションにとりかかったのだが、これが非常に難航を極める。ガンマの設定をいくつかのステップで手動設定するのだが、各ステップから次へ進むたびにとんでもなく色味が変わってしまう…。つまり、1ステップ目でええ感じに調整して「次へ」進むと、次のステップではぜんぜん色がおかしい状態になっているのだ。キャリブレーションって、こういうもんなんでしょうか。iMacはデフォルトで特に問題なかったので、このあたりすっかり忘れています。カラーマネジメントツールが欲しくなりますが、ノートPCの液晶に使うのはもったいない気がしますし。。

、、何度プロファイルを作成しても満足のいくものができないので、相当イラつく。もうイヤになって、ネットでプロファイルを拾ってきたら、これが一番ましだった。とりあえずそれを使うことに。

↓よく見ると、キーボードが光っていることがわかります。

Dscf0608

あまりにも色がおかしかったので、マッチングに時間がとられてしまって、結局、環境構築はほとんど進んでいない状態。

そして、今日、仕事帰りに、ここんとこトライアル版で使用感なども検証してきたAperture2を買ったのでした。インストールはまだ先になりそうです。これに関してはまた別途。
Img 6126

|

2008.03.30

Macbook pro17" FullHD液晶の文字の大きさ。

さきほど届いたMacbook pro17"

これまでメインで使っていたiMac20"のモニタより広いデスクトップが欲しくて1920*1200のHD液晶にカスタマイズして購入したのだが、やはり文字の大きさが気になっていた。昔、渋谷のAppleStoreで一度実物を見てはいるものの、お店で短い時間試すのと、家で長時間接するのでは、感じ方は異なるだろう、と。

正直、15"MBPにしておいて、23インチクラスの液晶モニタを繋いだほうが良かったかも、とオーダーかけてから何度も迷いが生じていた。しかし、届いてみたら、そんなことは杞憂であった。なんの違和感なく使うことができる。

というのも、我が家ではLOOX T70HNという10.6型ワイドで1280*768ドットという高精細液晶を積んだPCを使っていることを忘れていた。正直、これと比べたらMBP17"のHD液晶の文字のほうが大きいくらい。

※確かにアプリケーションなどによっては、一覧の文字などが大変小さく感じることもあるが、そういったものはだいたいアプリの機能でフォントサイズが大きく変更できるので実質問題ない。

というわけで、”MBP17"のFullHD液晶の文字の大きさが気になっているが、なかなか実物を見る機会がない”という方のために、LOOXの液晶とMBP17"のFullHD液晶を比較した画像を用意してみた。

単純に画面のスクリーンショットでは見る側のモニタ環境で大きさが変わってしまうので、それぞれの画面に同じ定規をあて写真を撮り、定規のスケールが同じ幅になるようにPS上でリサイズしただけです。ただし、定規が微妙に斜めっているというツメの甘さがあることはご容赦願いたい。

まずはMBP17"FullHD液晶の標準メニュー文字サイズ。

Dscf0595

続いてLOOXの10.6型ワイド1280*768で、WindowsXPproの標準スタートメニュー。
Dscf0602

これじゃよく分からん、という気もするので、PS上で重ねてみた。

Compare

MBP17"FullHD液晶のほうが、けっこう文字でかいです。
XPの「ったファイル」とLeopardの「ファイル」がほぼ同じ幅。

ということで、量販店に10.6型ワイドで1280*768ドットのPCは割とあると思うので、それと比較すれば、なんとなくMBP17"のHD液晶の文字サイズが分かるのでは、と思うわけです。

以上、参考になれば幸いです。

|

MacBook Pro 17" FullHD届く。

sofmap.comにCTOでオーダーしたMacbook Pro17"。(AppleではBTO、ソフマップではCTOと呼んでいるようだ。)
先週の時点で納期が約3週間と出たので、まだまだ届くのは先だと思っていたら、金曜日になり突然「商品準備完了」になり、土曜日には配送完了メールが来た。納期が「約3週間3/19時点」と表示されているが、これってもしかして、オーダーをかけたときから数えて、3/19時点では約3週間という意味だったのでしょうか。でも、ふつう3/19時点から3週間と考えませんかね。まぁ、早く届く分にはまったく問題ないので、別にいいのですが。

ということで、昨日、急遽某ネットショップで2GBRAMを2枚と、ついでにカメラ用にSDカード、CFカードなどをオーダー。MBPが届くのに備える。

そして今日、商品が届いた。もう10年以上Macを使っていますが、何台目の購入だろう。こんどまとめてみよう。

買ったのはSofmap.comですが、やはりAppleからいったんソフマップで受け取り、こちらに転送したような気配がある外箱でした。

外箱を開けると次男がさっそくちょっかいを出しに来ました…。

Dscf0559

どうしても触りたいようです。。

Dscf0571

この箱の後ろにiMac20"があるのですが、ちょうど隠れるくらいのサイズ。
Dscf0572

落ち着いて作業したいので子供を避け2階へ。

Dscf0574

さぶい気もしながら、どうしても開封しながらデジカメを向けてしまう。
Appleマジック。

Dscf0576

「このMacはあなたに会うために作られたのです」的なメッセージが入っている場合があると何かで見たが、これにはなかった。

Dscf0577

持ってみた第一印象。

「重っ」

金属の板を持っているような感じです。

完全にモバイルする端末ではありません。部屋の中の移動もあまりしたくないかも。。
元々、そんな用途は想定していないのでOK。

Dscf0579

やはり質感はよいです。

Dscf0580

カスタマイズしたのは2点。

1つはUSキー。

Dscf0582

10年以上前、最初に買ったMacからしばらくUSキーを使用していましたが、PowerMacG4あたりから標準でついてくるJISキーに替えたので久しぶりのUSキー。すっかり配列を忘れています…。特に英数キーがなくなったことで、コマンドキーの位置が微妙に違うのが、とりあえず混乱しそう。

でも、カナのないキートップはすっきりしてかっちょいいです。結局、見た目重視。

Dscf0581

Dscf0583

もう1つのカスタマイズが液晶モニタのフルHD化。
文字の大きさが懸案でしたが、はっきり言って問題なし。この件に関しては別エントリにまとめてみることに。
Dscf0588

常時点灯しているようなドットもなさそう

最初の起動時に無線LANの設定も終えたので、とりあえずサクッとソフトウェアアップデート。9件でした。

Dscf0590

実は今までLeopardを導入していなかったので、初Leopard。

しばらく、環境構築やら、iMacとの棲み分けやら、Leopardの機能を試してみたり、パフォーマンス比較したり、いろいろやらないといけない(やりたいこと)が山積み。というわけで、新たにAppleとMacというカテゴリを追加してみました。

|

2008.03.29

F100fdを持ってお花見に。

桜が満開になっているというので、昼頃からお花見にでかける。近所の花見スポットに歩いていくという案もあったが、ついでに県立図書館に借りているCDを返すこともできるということで、掃部山公園に行くことに。

掃部山って最初読めなかったが「かもんやま」と読むらしい。

市営駐車場に車を駐め、お弁当を買ってから公園へ。

今日は一眼レフデジカメは持ってこず。F100fdとGR Digitalを持参。両者の28mmを撮り比べようかな、などと思っていたが子供二人ではそんな余裕もなく、ただダラダラ撮っただけ。

入り口付近。階段しかないのでベビーカーにはつらい。

Dscf0372

花見スポットにしてはアホみたいに混雑しておらず、すぐに場所を確保できた。
さっそくお弁当。

一段落がついたところで、写真を撮る。

以下、F100fd。

Dscf0386

井伊直弼ゆかりの地らしく、井伊氏の銅像が。

Dscf0391

Dscf0428

次の2枚はGR Digital。

R0014037

R0014039

逆光だと液晶が全然見えず、構図どころではない。こういうときは一眼レフタイプが使いたくなる。

そして、今日、F100fdの新たな欠点を発見。
それは「片手で操作するのが困難」なこと。
まぁ、あの形状、素材、グリップでは当然なのだが、今日、子供を片手で抱っこしながら撮影をすることが多々あり、F100fdではたいへんストレスを感じてしまった。その点、GR Digitalはグリップがしっかりしており、片手でも問題なし。

掃部山公園をあとにし、せっかくなので、野毛山動物園にも寄っていくことに。つい先日来たばかり

Dscf0456

園内も桜が満開です。

以下、全部F100fd。

Dscf0469

長男はペンギンに夢中。なかなか場を離れようとしなかった。
Dscf0493

ジュースを飲んで休憩していたら、クジャクが乱入。
Dscf0504

その後、羽を誇らしげに開いて、サービスしていた。
Dscf0518

は虫類館のワニの子供。皮膚の感じが怖い。
Dscf0538

ちょっと太り気味。

Dscf0535

Dscf0546

こんな感じで、春を満喫して帰宅したのでした。

|

2008.03.26

久しぶりにamazonでCDをオーダー。

なんとなく音楽系のサイトをフラフラ見ていたら、Mike Oldfieldが新譜を出しているではないか。しかも昨年末から延期になっていたものが、最近、やっとリリースされたらしい。全然知らなかった…。オリジナルアルバムは全部買ってきているというのに。ここんところ、積極的に音楽情報を仕入れようとしないからこんなのばっかり。

CDを買うときはamazon.co.jpかHMV.co.jpを利用しているが、近年は僕自身がクラシックに傾倒していたこともありHMVが中心だった。クラシックならHMVのほうが圧倒的に品揃えが充実で、しかも安いと思う。amazonは高い上にクラシックタイトルの検索が非常に不便。HMVのほうがまし。

、、ということだったのだが、今回のMikeに関してはamazonのほうが安かったのと、ついでに買おうと思ったBrian Enoのアルバムの在庫と価格もamazonのほうが好条件だったので、久しぶりにamazonでオーダー。

購入したのは以下の3点。


"Music of the Spheres" (Mike Oldfield)

今回はオーケストラとの競演らしい。オフィシャルでちょっとだけ聴いたが悪くはなさそう。確かに最近はデジタル丸出しの傾向が強かったので久しぶりの生楽器中心の作品はうれしいかも。期待。

残りはついつい買ってしまうイーノのアンビエントもの。今回の2枚で手元にあるのが10枚くらいになるのかな。

"Ambient 3: Day of Radiance" (Laraaji)


"Ambient 4: On Land" (Brian Eno)

他にMikeがらみで気になるカヴァーアルバムが2枚あった。
どちらもチューブラーベルズなのだが、

ピアノでカヴァーしたのと、

"Tubular Bells" (Mike Oldfield, Piano Ensemble)

レーベルがBrilliant Classicsなのでクラシックの扱いのよう。
まだ予約扱いですが、HMVだと800円くらいで買える模様。

もう一つが、クラシックギターでカヴァーしたもの。


"Duo Sonare plays Mike Oldfield's Tubular Bells" (MDG)

このCDを知ったあと、愛用中のiPod classicでホイールをクルクルしてたら、なんと中に入っていた…。
CDを買った覚えもないので、どういうことなんだろう。。
一時期、ネットでMikeのBootをあさっていたことがあるので、そのときにどっかで拾ってきたものだろうか。
あさるといってもP2Pではなく、ふつうに公開サーバにおいてあるデータを取ってきていただけなんですが。謎。

とりあえず、聴いてみましたが、いい感じです。part1最後のいろんな楽器でテーマを弾くとこをギター2本でどうするのかと思ったら、レガートだったり、ハーモニクスだったり、低音部でユニゾンだったり、、表現を変えて弾いていました。

|

2008.03.24

F100fdを持って小さな春を探しに。

F100fdを買ってから最初の週末。金曜夜から嫁さんの実家に泊まりに来たのだが、土曜昼に天気がいいので家族4人で散歩。もちろんF100fdを首からかけて。ふだん気にしていないと全く気がつかないが、いたるところに春が来ていた。

とりあえず発色をみたかったので、いろんな色のものを撮ってみた。とはいっても、重箱の隅をつつくようなチェックをするほど発色なんて気にしないんだけども。

以下、F100fd(ISO(400AUTO)、DR(AUTO)、3:2のフォーマットで撮影。加工はリサイズとアンシャープマスク)
フィルム時代の名残で3:2じゃないと落ち着かないので、我が家で使用するデジタルカメラはすべて3:2。F100fdは、3:2にすると横のピクセル数が4:3の4000より増えるんですね。4,224*2,816に。

日の丸構図を量産。
ちょっとくすんだ黄色になってしまった。

Dscf0212

つくしもしっかり生えてます。

Dscf0225

Dscf0229

Dscf0235

もっと絞り込んで奥の花もピンが来て欲しかった。

Dscf0245-1

こういうのはやっぱりオーバー目にでてしまうので、マイナス補正しています。

Dscf0251

もう少し鮮やかな赤だったような。やはり赤系もマイナス補正要ですかね。

Dscf0257

Dscf0260

Dscf0262

Dscf0274

Dscf0313

なんといっても子供撮り中心になるので、夜、ストロボ使用でこれだけ撮れれば十分。
ちょっとしたお出かけには、EOS40Dを持ち出さなくてもよさそう。

なんだかんだで通算300枚以上撮りましたが、写り的には割と満足しています。

Dscf0346

その後出てきた気になる点としては縦位置で撮ることが多い(半分くらい縦かも)ので、縦横情報をEXIFに埋め込んでくれる機能が欲しかった。CANONのカメラにはついてるので、便利さを知ってしまうと、いちいち回転するのが面倒。
これってGR Digitalにもなかったので、まだまだマイナな機能なんでしょうか。

|

2008.03.20

高解像度モニタの普及率。

拙ブログのアクセス解析を久しぶりに見ていたら、「解像度」の統計なんていうのがあったので見てみた。

その結果がこちら。

Reso-1

意外というべきか、当然というべきか、未だにXGAが大多数を占めている。まぁ、サンプリングする対象によってこういった統計は傾向がガラリと変わるのでこれがPC使用者全体の統計を表しているとは決していえないのだが、自宅でたまにネットサーフィン(死語?)をするような層はXGAで十分ということだろう。PC関係にディープな内容を書いているブログの場合は、まったく違った傾向になっていると思われる。

2560*1600なんていう広大なモニタを使用している人からのアクセスもあるが、このブログにはそんなモニタを使う人(クリエイタ、プログラマあたり?)が満足するような内容はないと思うのでなんだか恥ずかしい。

そもそもXGAモニタを使用している層は、解像度という概念を意識していない人が多いのではなかろうか。15インチより17インチのほうが大きく写真が見られるんでしょ?という程度のもんだと思う。ざっくりいうと解像度は画面をいくつのピクセル(点)で表現しているかという数値だ。高い方が一画面により多くの情報を表示できる。

たとえば50*50ピクセルで作られているアイコンがあった場合、
・1024*768の場合: 1024/50=20 横方向に20個のアイコンを並べることができる
・1680*1050の場合: 1680/50=33  横方向へ33個のアイコンを並べることができる
という感じ。

モニタを替えるとき、解像度を下げるのはなかなかつらいものがある。今まで住んでいた部屋から、より狭い部屋に引っ越すようなものです。

ということで、現在、iMacで1680*1050のモニタを使用していますが、先日オーダーしたMacBook Proはより解像度の高い1920*1200の液晶にCTOしたのでした。

|

オーダーしたMacBook Pro(CTO)の納期。

今月初めにSofmap.comでMacBook Pro17"モデルをCTO(USキー、FullHD液晶)でオーダーしたのだが、この数週間サイトの出荷状況では納期予定すら表示されていなかった。そのうえCTOしたモデルはキャンセルできないので、いつ届くかわからないのにしっかり来月分のクレジットカードの引き落としに記載されているし、Sofmap.comのポイントも加算されている。

とりあえず、急いで入手する必要があるわけではない(そもそも急いでいたらSofmapでは買わない)ので別に問題ないのだが、仮にこのまま1年くらい届かなくても文句が言えないんじゃないかと少々不安になってきた。…というところで、やっとサイトの納期表示に変化が現れた。

Sofmap

まだ目安だがさらに3週間はかかるようだ。オーダーしてから1ヶ月ちょっとというところ。MacBook Airも量販店では未だに予約受付中になっているので、妥当なところなんでしょうかね。

っちゅうことで、まだまだ届くのは先ですがVMware Fusionがオンラインで安く買えることを知ったのでさっそく購入してしまった。ゲストOSのライセンスを持っていないのでMBPが届くまでに用意しないと。もちろんDSP版だと思いますが、Vistaはやめて無難にXPにしておく予定。2GB*2のRAMも早く買いたいところですが、初期不良対応してもらえる期間があるので、まだちょっと早すぎですね。

とりあえず先日F100fdを買ったので物欲は満たされているので、さらに気長に待つとします。

※自分で買ったPCとしては最高の値段。正直、まだ買って良かったのか分からない(届けば忘れると思う)。ちなみに、これまで買った一番高いPCは、大学入学とともに親に買ってもらったLC II。モニタとHPのプリンタで40万越えていたと思う。

|

2008.03.17

F100fd、ファーストインプレッションとノイズ比較。

昨日買ったF100fd。まだ100枚も撮ってないが、簡単な感想でも書いてみる。ちなみにこれまで買ってきたデジタルカメラは以下の通り。

・IXY Digital300:新婚旅行用のサブカメラとして購入。その旅行先のパリでスられるという笑えないオチがついた。
・Optio330:スられたイクシの保険が下りたので、即購入。AFがとろいのと電池のもちが異常に悪くそのうち使わないように。。
・EOS D30:非30D。当時α-7をメインで撮っていたが、いっこうにミノルタが一眼デジを出す気配がなかったので、マウントの違うカメラを30万弱で思い切って購入。スられたショックを取り戻すべく、これを持って英国へリベンジ撮影旅行に行った。これ以降、Canonに数十万つぎ込むことに。
・IXY Digital200a:D30のサブとして購入。
・EOS 20D:D30から買い換え。特に感動なし。
・αSweetDigital:αの資産を活かすために買ったが、結局、使用頻度が低くレンズ諸共売り飛ばした。
・GR Digital:銀塩ではGRと悩みContaxT3を買ったので、そのデザインに惹かれて購入。しかし、故障に泣かされ続けまともに使えた時期がない。
・EOS 40D:20Dから買い換え。特に感動なし。

とまあ、割とデジカメにお金をかけてきているのだが、このF100fdはけっこう満足な買い物だと思う。

今のところ良いと思う点
・ISO800まではなんとか使える画質(ただし等倍で見ちゃダメ)
・コンパクトにしては意外と優秀なストロボ
・デザインはともかく、質感は悪くない
・赤外線で携帯などに飛ばせる機能は地味だが使えそう
・液晶が割とキレイ
・レスポンスもまずまず
・顔認識がついたカメラは初めてだが、意外と面白い

今のところイマイチな点
・正直操作性が悪い
・ほぼオートで使うカメラなのだろうが、露出補正でさえけっこう面倒
・まだ慣れていないのが大きいが、何かボタンを押すと、即座に設定が変更されてしまうので、混乱する
・とまぁ不満は操作性に関することばかり

最後にやってはいけない気もするがEOS40Dとノイズを比較してみた。
ただし、条件はかなり適当です。
・EOS40D+17-40mmF4L(17mm域)+580EX(天井バウンス)
・F100fd(28mm域)
※手持ち、オートモード使用、という適当さです。

上記条件で我が家の汚い部屋を撮って、VOXアンプのロゴ部分を等倍で抜き出したものを貼ってます。

Img 5984100

ISO100

EOS40D

Eos100
F100fd
Fuji100

ISO200
EOS40D
Eos200
F100fd
Fuji200

ISO400

EOS40D

Eos400

F100fd

Fuji400

ISO800

EOS40D

Eos800

F100fd

Fuji800



ISO1600

EOS40D

Eos1600

F100fd

Fuji1600

おまけ。
EOS40D vs F100fd ISO400。420*280にリサイズしたものを比較。ブログで使うくらいならもう大差ない気がします。
Img 5986

Dscf0075 400

上がEOS。

以下、GR Digitalの場合…

ISO400

Gr400

ISO800(これはブレかピンがひどいので比較になりません)

Gr800

ISO1600

Gr1600

|

2008.03.16

F100fdを購入。

現在、現役で使用しているデジカメはEOS40DとGR Digitalなのだが、ちょっとしたお出かけ時に持ち出して子供を撮るのにはどちらも向いていない。EOSのほうは一眼タイプなので気軽に持ち出すのはつらいし、GR DigitalはAFがのろい上に、高感度でノイズがひどすぎるため子供を撮るカメラではない。さらにGRDはちまたでは割と評判がいいようだが、我が家の個体は壊れてばっかりで正直このカメラにいい印象はなくなってしまった。今はストロボが機能しない(まぁ使用頻度は低いが)。

ということで、気軽に持ち出せて、嫁さんでも簡単に撮れ、しかもそれなりにキレイに撮れるカメラを探していた。候補としては誰もが考えるであろうリコーのR8とフジのF100fdに落ち着いたのだが、結局、フジのほうを買ってしまった。決め手は高感度の低ノイズが割と頑張っていることが分かったこと。デザインではR8なのだが、GR Digitalの不調ぶりにリコーのカメラはちょっと手を出しづらくなってしまったのもあり。

そもそも出てばかりでまだ値段もこなれていないこの時期に買うこともなかったのだが、今日、某量販店に行ってみたら44,800円のポイント23%だという。決算時期やらメーカーの意向やらでポイントはけっこうつくようだ。ただ、この言い値で買うのもなんだかなと思ったので、純正のネックストラップをサービスで付けてとお願いしたら、電卓をたたいたあとちょっとした条件があったもののOKが出たので買ってしまった。

というわけで手元にある。

Img 5942

純正のネックストラップ。茶とピンクのほうを選んだ。こんなものに2100円も出す気はない。
Img 5948

本体の色はブラック。質感は悪くない。
Img 5949

この記事を書いている段階でまだ電池を入れていない。充電中。初期不良で動かなかったりして。

そのうちEOS40Dと高感度比較してみるかね。それはちょっと酷か。

Apertureを買うか検討するために、トライアル版をダウンロードしてiPhotoの5万枚・200GBくらいのライブラリを読み込ませているんですが、10時間経った今もまだ終わりません…。

|

2008.03.15

野毛山動物園に。

ポカポカ陽気に誘われて久しぶりに動物園に行くことに。嫁さんが作ってくれたお弁当を持って出発。

ちょうどお昼ごろ野毛山動物園に到着。長男は2回目。次男は動物園デビュー。
長男はおなかがすいているからか、動物を見てもいまいち盛り上がらない…。ということで、さっそくシートを敷いてお弁当。こういうところで食べるご飯はとてもおいしい。

持参したカメラはEOS40D+17-40mmとGR Digital。GRのほうはタイマーでとった記念写真のときだけ使用。

Img 5773

オスのライオンは最近亡くなってしまったらしい。。

Img 5782

桜木町の高層ビルとキリンのコントラストが面白い。

Img 5793

長男も弁当を食べてからは、ひさしぶりの動物園を満喫してくれたようだ。

その後、動物園を後にし、県立図書館のほうへ歩く。
Img 5877

今年にはいってから割と頻繁にこの県立図書館に通っている。目的はもちろんCD。ただで借りられるのだから、使わない手はない。モーツァルトの交響曲は全部借りたので、最近はオペラやジャズに手を出している。が、オペラはやっぱり苦手。ワーグナーのリング全曲をiPodに入れて通勤時に聴いていたが、途中で断念…。

図書館を出た後、ランドマーク方面でちょっとウィンドウショッピングを楽しみ帰宅。

Img 5894

|

2008.03.03

MacBook Pro 17"をオーダー。

先日エントリしたようにマイナチェンジしたMacBook Proの購入を検討していたのだが、先日の土曜日に17インチモデルをBTOしてオーダー。

BTOの内容は以下の2点
・FullHD液晶(非光沢)
・USキーボード

15インチに傾きつつあると先日書いているが、結局17インチに。何度か量販店で15インチを確認したが、やはりiMac20インチに慣れた今では、あの解像度では狭く感じてしまう。外付けと組み合わせるのも考えたが、24インチクラスだと、モニタが大きすぎて視線や顔の動きが大きくなり疲れそうな予感が。などなど考慮して結局17インチHD液晶で、というのが結論。

オーダーはAppleStoreではなく、ソフマップドットコム。どうしてもソフマップの長期保証が付けたかったので。ただ、納期はいつになるのか全く不明。気長に待ちます。待っている間に次のアップデートが出たりして…。

|

D905iに機種変したばかりなんですが…

三菱電機、携帯端末から撤退──“D”端末は「D705i」「D705iμ」で歴史に幕(ITmedia)
ですか。

先週、今まで使っていたSO902iのあまりにも遅い動作についに愛想がつきてD905iに変えたばかり。まぁ、折りたたみタイプは何となくしばらく使いたくなかったので、選択肢が他になく、割と気に入って買ったので別にいいんですが。ただ、24回分割払いで買ったので、これを機に値が崩れたらショックですね…。

Img 5539

とりあえずSO902iの小型液晶からVGA液晶への変化はかなりインパクトあり。100均で買った保護シートを貼ってしまった。上の写真、よく見るとわかりますが、サイズが全然足りてない。

この買い換えで3世代新しくなったわけですが、機能的にもかなり進化していてびっくり。結局、ほとんど使わないものばかりでしょうが。

隣は一緒に変えた嫁さんのSO705i。こちらのほうが持ったときの質感がいい気がする。

まだ、操作方法もよくわかっていませんが、息子のためにさっそくDVDからリッピングしたアンパンマンの動画を入れてみた。すんなり再生OK。動作もSO902iとは比較にならないくらいサクサク。でかい液晶を活かしてスケジュール機能など活用したいが、iCalとの同期はできないんだろうな…。

|

2008.03.02

クラシックコントローラ、どこにも売ってないじゃないか…。

滞りがちなので、まだ書いていませんでしたが、先月、Wii買いました。

Img 5219

一緒に買ったのはWii SportsとはじめてのWiiとヤマダ電機で本体と抱き合わせていたマリオのサッカーみたいなやつ。

はじめてのWiiとマリオのは1回してから封印状態。Wii Sportsは噂通りそれなりに面白い。7割がたボウリングしかしてないが、意外とベースボールのホームラン競争みたいなのも好き。でも、長時間連続して遊ぶほど夢中にはなれない感じ。まぁ、1日中ゲームをする歳でもないし。

Wiiを買ったら試してみたかったバーチャルコンソール。本体を買ってすぐぷよぷよ通を購入。ぜんぜん下手になっている。連鎖を考えているうちにCOMにやられてしまう。

3000円分ポイントを買ったので他にスーパーファミコンのゲームでも買おうと思ったら、クラシックコントローラが必須というので、自転車で買いにいったのだが、3店舗まわってどこも品切れ。どういうことや。発売されたばっかりでもあるまいし。

ということで、スーファミのゲーム購入はしばらくお預け。

|

2008.03.01

Appleのフォトブックサービスを使ってみた。

先月の話だが、前々から利用しようと思っていたAppleのフォトブックサービスを使って写真集を作ってみた。

内容は長男が生まれてから次男が生まれるまでの約3年半の成長記録。だいたい1年につき1万枚くらい撮ってるので、iPhotoに登録されている3万枚くらいから写真を選択し、ブックをレイアウト。ページ数50枚越えの作品ができました。長男はダウン症という障害をもって生まれてきたのだが、こうやって3年半の写真を時系列に並べると、スローペースながら着実に成長していることがはっきり認識される。

オーダーしてから10日くらいで到着。Appleのフォトブックは品質的にあまりいい評判を聞いていなかったので心配だったが、まぁまぁの仕上がり。お世辞にも高品質とは言えないが、値段を考えれば及第点はあげられるかな。

Img 5004

3部作成して互いの両親にプレゼント。喜んでもらえました。でも、一番、この写真集を楽しんでいるのは、写っている当の本人かも…。なんども見せろ見せろとお願いしてくるのです。。

次は次男が生まれてからの第二弾を作成予定。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »