« Microsoftから届いたもの。 | トップページ | 桜木町で久しぶりの英国気分!? »

2008.04.26

私的Mac歴をまとめてみる その1。

プライベートでメインで使っているパソコンは、初めて買ったものから今に至るまで、ずっとApple製品を選んでいる。MacBook Proを購入したこの機会にこれまでの使用歴を振り返ってみる。(振り返ってみると、型番などけっこう忘れていることに気づく…)

1.Macintosh LC II

人生で初めての自分用のパソコン。大学入学と同時に父親に買ってもらったもの。13インチのモニタとHPのプリンタなど諸々あわせて40万円を超えていたと記憶している。高校時代、周りにNECのパソコン(PC9801など)などを持っている友人はけっこういたが、大学に入ったらスタイリッシュでかっこいいMacintoshを買うんだ、とほぼ決めていた。
200804260803.jpg
LCIIのLCはLow Cost Colorのことで、当時はパソコンでカラーを表示できることは特別なことであったと思う。ただし、標準では16色カラーしか表示できず、後でVRAMを追加購入し256色が表示できるようにした。せっかくカラー表示ができるのだからと、1万円くらいの画像編集ソフトを購入したのだが、いかんせん当時はネットにも繋がっていないし、デジタルカメラやスキャナもない。つまり、画像を入手する手段がなく、結局、ソフトに入っていたサンプルを表示して喜んで終わった感じです。

OSは漢字Talk6。懐かしい。でもすぐに漢字Talk7が出て、入れ直したような記憶があるが勘違いかもしれない…。

で、このLCII、文書作成や、当時のFileMakerでデータベースを作成したりなど、そこそこ使ったのですが、やはりなんといってもその「遅さ」に嫌気がさしてきて徐々に使わなくなるのでした。

捨てられていなければまだ実家にあるはず。

2.PowerMacintosh 7200

大学3年だったか4年だったかになり、卒論用のパソコンが必要な感じになってきた。LC IIではストレスが溜まりすぎるので新しいMacintoshを購入した。それがPowerMacintosh 7200。SONYの17インチのCRTと純正じゃないUSキーボードを一緒に。

200804260817.jpg
PM7200はAV入力機能があったので、スーパーファミコンを繋いでSONYのモニタでドラクエをやったりしたことを思い出す。当時、自分の部屋にTVなどなかったので。

LC IIからの買い換え。その快速さに最初驚かされる。このマシンは卒論・修論の作成を中心にけっこう使い倒したという印象がある。ちなみに当時使用していたワープロはNisus Writer。軽くて非常に使いやすいワープロソフトでした。今調べたらまだ欧米版は作っているみたい(日本語対応は終わってる??)。グラフ作成はKaleidaGraph。おお、まだ作っているんだ。これもNisus同様、軽くて使いやすい定番でした。

結局、大学院卒業から入社してしばらくまで使い続けてました。最後はG4Macを買ったあとSofmapに売却。3万円少々と割と値段が付いた記憶がある。

ネットに繋ぎだしたのもこのマシンから。当時のNifty Serveからずっとプロバイダはそのままで今に至っている。

このエントリ、気軽に書き出したものの、すごく長くなりそうなので数回に分けることに。。気が向けば次回に続く。

|

« Microsoftから届いたもの。 | トップページ | 桜木町で久しぶりの英国気分!? »

Apple」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事