« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の9件の記事

2008.05.25

オペラDVD購入。

先日エントリしたように最近はオペラのDVDが気になっている。しかし、オペラのDVDはふつうに高いものが多い。1万円近くするものも多くなかなか手がだしずらい。そこで、昨年、街のCDショップでオペラのDVDが期間限定で安くでていたのを思いだし悔しい思いをしていた。当時はオペラなんて興味がなかったので見向きもしなかったのだが。

そんな折、昨日、車の点検の後で立ち寄ったショッピングモール内のCDショップで、その昨年限定のオペラDVDが数枚残っているのを発見。さすがにメジャーなタイトルはなかったが、ドビュッシーの<<ペレアスとメリザンド>>は気になったのでとりあえず買っておいた。

DSCF1588.JPG

ドビュッシーってオペラも書いていたのね。まったくノーマークだったタイトルだが、ドビュッシー+フランス語ということが決め手となった。後で調べたら割と有名というか、傑作の呼び名も高いらしいことが判明。

|

2008.05.24

MPV23T 1年点検へ。

昨年購入したMPV23Tの1年目の点検に行く。特に大きな問題は感じていないが、必要だったらオイルとワイパーゴム、エアコンフィルターの交換をお願いしておいた。結果、オイルだけ交換して他は次回以降で大丈夫とのこと。

ゴールドメンテナンスを付けたので、そのメンテもしてもらいピカピカに。この車の前に乗っていたインプレッサワゴンは最初の1年間で相当車体を擦ったもんだが、奇跡的にこの車は無傷で1年を迎えることができた。単純に運転に慣れたことや、大きいだけに慎重になっていることがその主な原因だろう。なんとかこの調子で今後もいきたいものだ。

検査後、少し走ってからメータを見たら通算4448km走行していました。

DSCF1599.JPG

しかし、ガソリン価格はどこまで上がるのでしょうか。今日、いきつけのスタンドでハイオクで160円/Lでした。いまのところ月に1回給油すればいいペースなのでそれほど深刻ではないですが…。

我が家のMPV23Tの燃費は80%高速でエコ運転をしてなんとか10km/L超えるくらい。通常の街乗りだと5〜6km/Lというとこ。

|

2008.05.20

オペラ鑑賞。

最近、県立図書館に行ってはオペラのCDを借りてきていることもあり、iTunesのライブラリにオペラ作品が増えてきた。

opera.png

ただ、ストーリーがわからないので、正直、聴いていても面白くないのだ。レチタティーヴォとか退屈すぎるし。ストーリーに関してはCDに付いている対訳を見ればいいのだが、面倒だしやはり画が欲しい。そんなわけで、手っ取り早くオペラを鑑賞できるという初心者向けのこの本を買ってきた。

DSCF1545.JPG

10種類以上出ているタイトルの中で、今のところ曲が割と好きなアイーダを買ってみた。映像があるとふつうに面白いです。長いのでまだ全部見れてませんが。いつでも見られるように字幕付けてiPodに放り込んでおきました。ストーリー(あらすじ)がわかるだけでもかなり受ける印象は変わりますね。トゥーランドットとカルメンあたりも見てみたいところです。

|

Shure E4cを入手。

ひっさしぶりにイヤホンの話題でも。

以前、iPod用のイヤホンやヘッドホンにこった時期があって、いろいろな製品に手を出したことがある。ブログのエントリで検索してみるとちょうど3年くらい前の話のようだ。当時を手を出したものを振り返ってみると、、

KOSS Plug:低音バカ。ギボシ改造も試みたが、正直、音楽を聴く道具じゃない。
AKG K26P :これも低音重視のモコモコサウンド。
SENNHEISER HD25-1:音的には申し分ない。が、やはりiPod用として屋外で使うのは気が引ける。

ということで、最終的に落ち着いたのが、
ER-6iでした。
低音は物足りないが、値段の割に(といっても1万円を超えるが) バランスがとれていて、当時、傾倒していたクラシック音楽にもなんとか対応できたのが決め手となった。

で、熱しやすく冷めやすい性格なので、ER-6iを買ってからはしばらくこの分野の興味から遠のいていたのだが、最近になりついにER-6iが断線気味に…(端子付け根あたりが動くと、片方からしか音がでなくなったりする)。まぁ3年使ったので、そろそろ寿命が来てもしょうがないころか。

、、という事情があり新しいイヤホンを物色しようかと思っていたのだが、会社の先輩が「Shure E4cを買ったものの使ってない」という情報を得たので、格安で譲ってもらうことに。もうディスコンになっているモデルで、現在はSE420というのにモデルチェンジしているのだが、これだと安いところでも2万円以上するので、その半値以下で手に入れられたのはありがたい。E4cも当時は3万円くらいしていた気がする。

DSCF1543.JPG

ということで、手持ちのイヤホンやヘッドホンで聴き比べ。こんなことをするのも2年ぶり。

写真:左上 ER-6i、右上 ATH-A900、左下 E4c、右下 HD25-1

E4cにはチップが数種類ついてくるのだが、この透明なやつの一番小さいのがしっくりきたのでこれを使ってすでに通勤時などで稼働させている。中古なのでエイジングはある程度進んでいると思われあまり気にしない。

ER-6iとE4cの比較だと、すべてにおいて1周りランクがあがった感を味わうことができますね。なんというか、E4cのあとでER-6iを聴くとスカスカな印象をうける。

じゃあ、E4cが最高かというと、E4cの後にHD25-1やA900を聴くと同じような感覚(E4cがスカスカに)を受けてしまう。特に高音域がもう少し欲しい。やっぱり、このクラスのイヤホンでも、同価格帯のヘッドホンにはかなわないのかなぁ、というのが結論。

巷には5万円くらいのハイエンドなイヤホンがあること・評判がよいこと、などは知っているのだが、知らないフリをするのが家計にとってはよいでしょう。。まぁ、しょせん通勤時のiPod専用ですからこれ以上音質にこだわっても、、という気がしますし。

|

2008.05.19

GWに撮った写真。

EOS40D+EF100mmマクロ。

IMG_6975.JPG


IMG_6981.JPG

|

2008.05.10

我が家のフローリングに存在する謎の三日月型の穴の正体とは!?

我が家は一応新築で購入しまだ数年経っただけなのだが、2階の自分の趣味の部屋と化している部屋の床には以下の写真のような穴が多数あいてしまっている。

DSCF1496.JPG

この三日月のような形をした穴。謎でも何でもなくて、犯人(というか原因)は、、

これ、

DSCF1485.JPG

とか、

DSCF1489.JPG

これ。

ギターとかベースのストラップを付ける金具ですね。特にベースは重いので、ラックからずれて落下するとすぐに床が陥没します…。子供が楽器を触りたがるので頻繁に発生。床はもう諦めたので、せめて子供の足に落下しないように気をつけないと。。

ちなみに、上のほうがFenderのJazz Bassで、

DSCF1486.JPG

DSCF1487.JPG

下のが、GibsonのLes Paul Standard。

DSCF1490.JPG

DSCF1494.JPG

ジャズベのほうは微妙な加減の緑色がとても気に入っています。あんまり弾いてないけど。

この部屋には01W/FDという15年くらい前のシンセも置いてありますが、今は子供のおもちゃになっています。。

DSCF1454.JPG

|

2008.05.07

私的Mac歴をまとめてみる その2。

先日のエントリの続き。

連休中に実家に帰ったら、懐かしいものがまだ残っていたので、今回はそれを紹介してみる。

□たぶんLCIIに付属していたメディア。
DSCF1096.JPG

□当時のことえりのマニュアル。
DSCF1097.JPG

□Apple純正の双眼鏡みたいな形をしたデジタルカメラQuickTake150のマニュアル。残念ながら本体は捨てられていた。。画質は携帯にカメラがつき始めたころの画像程度だった気がする。
DSCF1098.JPG

□そのQuickTake150にバンドルされていたアプリのマニュアルだと思われる。
DSCF1099.JPG

□先日のエントリで1万円くらいの画像編集ソフトと書いたのはこれでした。
DSCF1102.JPG

立派なパッケージですが中身はスカスカです。

DSCF1103.JPG

□漢字Talk7へのアップグレードキット。
DSCF1106.JPG

大量のFDで構成。CD-ROMドライブもない当時はこれが当たり前でした。
DSCF1108.JPG

マニュアル類。
DSCF1112.JPG

パッケージ裏面。
DSCF1113.JPG

□2MBのSIMM。4MBに増設して喜んでいた時代。
DSCF1114.JPG

□なぜかOSにバンドルされているHyperCardも購入していた。バンドル版では機能が制限されているということで購入したのだが、バンドル版でも十分だった。というか、バンドル版でも機能制限がある程度解除可能だった。HyperCardというのは、いわゆるオーサリングソフトってやつですね。
DSCF1116.JPG

中身。
DSCF1117.JPG

|

2008.05.06

赤レンガ倉庫方面へ。

連休最終日。天気もよいので昼から車でおでかけ。まずは県立図書館でオペラのCDをまとめ借り。オペラのDVDもあったが、それらは館内での視聴のみで貸し出しはしていないよう。残念。

その後、車を駐車場に止め歩いてワーポ、赤レンガ倉庫方面まで歩く。

持参したカメラはF100fd。最近、このカメラをキーワードによる拙ブログへアクセスが割とあるようだが、お散歩・子供撮影用カメラとしてはまぁまぁ満足というのが結論。操作性はおいておいて。

ということで以下、F100fdで撮影。

DSCF1299.JPG

DSCF1320.JPG

犬を見つけて「ワンワン」と指を指す長男。
DSCF1330.JPG

快晴です。
DSCF1336.JPG

大桟橋も大賑わい。
DSCF1344.JPG

鳩を追っかけ回す長男。

DSCF1416.JPG

|

2008.05.05

ネットに繋がらない生活。

先月29日から昨日まで実家に帰省。

これまで実家では妹夫婦がPCを使っているのでNTTの光を引いていて、帰省時にもBB接続が可能だったのだが、先日妹夫婦が家を出たのを機会に光を解約してしまっていた。まぁ両親はほとんど使わないので、しょうがない。

で、一応、ニフティのダイアルアップ接続で繋ぐことは可能なので、改めてPPP接続用の設定にし直し。ちなみに実家で使っているのは初代のiMac。MacOS9だと、まだまだそれなりに使える。モデムの設定とか非常に懐かしい。そしてモデムのあの何ともいえないガーガガガというノイズを久しぶりに聞く。しかし、とてもじゃないが、まともにブラウザでのアクセスなんかできない。世の中、どのサイトもダイアルアップ接続のことなんて考えてない作りになってしまっている。

ということで、ほぼ1週間ネットに繋がらない生活を過ごす。一応、MacBook Proを持って行ったのだが、ネットワークを利用しないアプリのみ使用。意外となんとかなるもんです。いざとなればネットに繋がる場所に行こうと思っていたのだが、そんな必要はなかった。

ほぼ毎日なんらかのプチイベントがあり、あっという間の帰宅となりました。

帰省時はまったく東名の横浜ー名古屋間で混雑なしだったが、さすがにUターン時は御殿場ー横浜町田間で渋滞50kmというのにはまる。夜中の0時過ぎに渋滞50kmはきつすぎるので、大井松田で東名を降り西湘バイパス経由で横浜を目指す。結果的に正解だったのだが、途中、134号線で暴走族のバイクに囲まれて、一瞬あせる…。

交差点で白いワンボックスの乗用車が変な向きで停車し、道路をふさごうとしていた。(何だ?)と思いつつ、ギリギリその横を通り過ぎて、難を逃れたと思ったら超スローで走行するバイクに囲まれるしまつ。どうしようかと思っていたら、ボスの号令がかかったのか、前を走っていたバイクが路肩で次々と停車したので、何とか変な事件に巻き込まれることは避けることができた。怖い怖い。

そんなこともあったが、夜中の2時過ぎに自宅に到着。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »