« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の3件の記事

2008.06.30

電子ピアノ届く。

オーダーしておいた電子ピアノが届く。

ローランドのHP205。こげ茶にしようと思っていたが、急遽、黒に変更。結果的にそれで良かった。
IMG_8464.JPG

本物のピアノをよく知らない僕には十分すぎるタッチと音です。ただ、夜、小さい音で弾くときなどは鍵盤が下の板にあたる音が気になります。

嫁さんは昔ピアノをやっていただけあって、長いブランクがあったとはいえ、簡単な楽譜であれば初見でわりとスラスラ弾きよります。たいしたもんです。

僕はといえば、、届く前にろくに弾けもしないくせに坂本龍一の楽譜などを買ってしまったりしていたが、どうぜん弾けるわけもありません。嫁さんが子供のころ練習していた楽譜でレッスン開始です。最初は4分音符までしか登場しないような曲です。でも、指が動くどうこうの前に、音符と音符が離れると五線譜上を数えないと音がとれません…。

でも、一応、楽譜にコードネームが書いてあれば、sus4、maj7、add9くらいまでは和音を押さえられるので「歌本を見ながらコード弾き」なら割りと対応可能です。ギターから入った人はそういう人が多い気がする。

なんども楽器屋でハノンやバイエルの楽譜を買おうかと思ったが、見ただけでつまらないことが明らかなので、思いとどまっています。でも、あれをちゃんとやれば基礎力はつくだろうな、とは想像がつきます。

で、やはりというか、この電子ピアノもこどものおもちゃとしても使われています。。

長男も、(一丁前に楽譜をおいて、たまに自分でめくったりしているのが微笑ましいです)
IMG_8392.JPG

次男も、、
IMG_8449.JPG

将来、ピアノに興味をもってくれればそれもよし。

|

2008.06.22

Amazonでお買い物。

昨日の昼にオーダーしたら今日の昼に届いた。早っ。

どんどんU2みたいになっていくCOLDPLAYに、2枚買うと10%OFFになるというんで、ついでに昔よく聴いたASIAをあわせて。

CODPLAYって一応1stから聴いていますが、こんなビッグな感じになっている状況が不思議。

"Viva la Vida" (Coldplay)



|

電子ピアノ選び。

久しぶりのエントリ。また間隔が開いてしまった…。6月に入りずっと咳が止まらないのもあり。。そろそろ治って欲しい。

戸建てに引っ越したときから、いつか買おうと計画していた電子ピアノを買うことに。昨年産まれた次男用に買ったベビーベッドが、そろそろ必要なさそうになってきて、電子ピアノを置くスペースが確保できそうになってきたので。

ということもあり、最近、電子ピアノに関する情報を集めていたのだが機種を決めるのに悩む。

まず、将来、グランドピアノで発表会を目指すわけでもないので「10万円以下の比較的安いものでいいか」という気もするし、「せっかく買うんだからもう少し予算を上げていいものを買った方がいい」気もする。いろいろ考えた結果、カタログや楽器店での感触から、おおよその候補は決めた。予算上限は20万に設定。それ以上は我が家にはオーバースペックとの判断。

以下の機種

・10万円以下
YAMAHAのARIUS :最近、発売されたもので安い割に評判は良いよう。

・10万円以上 20万以下
YAMAHA クラビノーバの230か240 :電子ピアノの定番シリーズ。ただし、ブランドイメージ先行で、実際触ってみるとあまり良く思えない。
ROLANDのHP203か205 :ピアノを作っていないメーカーだが、電子ピアノは割と好感触。

メインで弾くのは、昔、ピアノをやっていた嫁さんなので、最終的には嫁さんの意見を聞いて決めることに。

っちゅうわけで、先日、量販店に出向き嫁さんに試奏してもらってきた。

結果、YAMAHAクラビノーバは音が好みではない(電子っぽい)のと、奥行きがでかいので却下。ARIUSは安いなりに良かったが、やはりROLANDのHPと比較するとおもちゃっぽく感じてしまう。ということで、最終的にROLANDのHP203か205、どちらにするかで迷う。

203だと15万、205だと20万。5万円の差があるかどうか見極める。205のほうだと、アイボリーフィール鍵盤という、象牙っぽい感触の鍵盤になる。これがなかなかよい。また、203は譜面台付近にコストダウンの跡が見える。さらに、アンプとスピーカーの違いで205のほうがかなり音が自然で余裕がある感じ。

結局、HP205の黒でオーダーしたのでした。人気があるようで納期が2週間くらいかかる模様。(写真はマホガニー色)

200806222007.jpg

HPシリーズには207というさらに上位機種があるのだが、そちらのほうがいいに決まっているので、あえて試奏せず。さらに6万くらいアップしてサイズも大きくなってしまうし。


結局、今回決め手になったのはピアノに近いということよりも、電子ピアノとしてこの機種が一番、出音が気持ちよかったことでしょうか。名前だけでYAMAHAにしていたら後悔していたでしょう。

ここでROLANDの電子ピアノの技術的なこだわりが動画で見れるのですが、なかなかすごいです。

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »