« ペリエ箱買いとLiverpoolの思い出。 | トップページ | 写真投稿テスト。 »

2009.05.31

LUIS VUITTONで、

お買い物。

IMG_8157.JPG

ではなく、修理に出していた財布が戻ってきたのでした。

IMG_8160.JPG

ボタン部分が壊れてユルユルになってしまったので、修理内容はボタンの交換。ただし、ボタンを交換するために一度縫い目をほどいて、再度縫い合わすらしい。けっこう手間がかかる作業だ。

気になる修理代金は1,700円+税。

意外と安い。これはモノグラムの場合の値段で、エピだと1000円くらい高いようだ(同じ症状でエピの財布を修理した妹からの情報)。

修理期間は2週間くらい。

この財布は新婚旅行でパリに行ったときに、ギャラリー・ラファイエット内のLUIS VUITTONで購入したもの。免税のCASHBACK後で3万円くらいだった気がする。かれこれ8年使っているが、ご覧のようにひどい破損もみられずまだまだ使える。「さすが、高い革を使っているだけのことはある」なんて思っていたこともあったが、モノグラムの素材は革じゃないことを割と最近知る…。

確かに安くはないが、10年使えることを考えると、1〜2万円の財布を数年ごとに買い換えるのとそう変わらないのかもしれない。(ブランドにはまっている人は、高い財布を毎年のように買い換えるのだと思うが)

|

« ペリエ箱買いとLiverpoolの思い出。 | トップページ | 写真投稿テスト。 »

日記」カテゴリの記事