« WWDC2009 Keynote 感想。 | トップページ | 御殿場アウトレット »

2009.06.09

カメラバッグ選び、ふたたび。

EOS 5D Mark IIを購入したこともあり、カメラバッグ欲しい熱再発。カメラバッグは一度で満足いくものにあたるのはマレというのが定説です。

これまでカメラやレンズを持ち運ぶバッグとしては、アルティザンアーティストのこれ、

200906092119.jpg

や、

アニエスbのこのバッグをカメラ用に仕立てて使っていた。

200906092120.jpg

ただ、アルティザンアーティストのほうはサイズが小ぶりで、一眼レフデジカメ本体やCanonのLズームレンズを入れるにはちょっと厳しいサイズ。またアニエスのほうはたっぷり入るので、車などで機材をまとめて運ぶ用途には向いているが、そのまま持ち歩くのには形状やサイズ的に厳しい。といった問題を抱えていた。

そこで、最近、次のような贅沢な要件を満たすカメラバッグを探していた。

・ある程度機材を入れることができること(Lズーム2本+単焦点1本くらい)。
・持ち歩くのにも向いているサイズ(でかすぎるのは、きっと持ち歩かなくなる)。
・カメラ以外の財布や携帯電話なども入れることができて、ある程度アクセスもよいこと。
・カメラを持って出かける際、現地までの移動手段はほとんど車なので、実際はほとんどカメラ本体をバッグに入れる必要がない。
 が、雨が降ってきた場合や、お店に入る際など一時的に本体も格納できてほしい。
・いわゆるカメラバッグっぽいヴィジュアルのバッグは避けたい。
・予算は最大2万円。

さて、こんな条件をクリアできるバッグはあるのでしょうか。

ということで、最初に目を付けたのがCrumplerの製品。



ネットで調べた段階ではなかなかよさげだったのだが、お店で実物を見るとイメージしていたものより大きかったので却下。
1つサイズを下げた5ミリオンダラーのほうだと、カメラ本体かレンズかを排他でしか格納できなそう。
ということで、断念。



もう、諦めようかと思っていたときに、目にとまったのがこのリュック。



デザイン的にはそれほど惹かれたわけではないが、サイズ、軽量、機能面、ともによさげ。
さらに、なにより手頃な値段(8000円くらい)。これなら失敗してもショックは少ない。

ということで、お店で手にとって大きな問題はなさそうだったので購入したのでした。

IMG_8275.JPG

まだ、使用感などは試していないので、成功だったのか失敗だったのかの評価はこれから。

|

« WWDC2009 Keynote 感想。 | トップページ | 御殿場アウトレット »

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事