« iMovie09でAVCHD Liteの動画をDVDに。 | トップページ | 「せんせい」の中身を入れ替えてキレイに。 »

2009.10.18

PS3 Media Serverを導入してみた。

今年の2月にPlayStation3を買って、当時はメディアサーバとしても使えるし、ブルーレイも再生できるし、、と思っていたのだが結局これまでゲームとブルーレイ再生に少し使うだけ終わっていた。その間にPS3はコンパクトになり安くなったりもした。(ただし、ゲーム1本+コントローラ2個セットのセットで4万弱だったので、そんなにショックは受けていない)

で、やっと重い腰を下ろしてPS3をメディアサーバとして使用すべく、PS3本体にAVCHDの動画をコピーしてみた。が、本体の動画ファイル管理のインタフェースがいまいち。ダラダラとファイルの一覧が表示され美しくないだけでなく、ファイルが増えたら管理が大変そうだ。プレイリストのようなものを作って管理することはできるようなのだが、PS3本体でチマチマ整理するのはなんだか気が引ける。面倒で、結局、使わなくなりそう。

と、そんなことでPS3をメディアサーバとして使うのは微妙だな、なんて思っていたのだがPS3はDLNAクライアントになることができること今更知る。で、DLNAサーバをについてはPS3 Media Serverというアプリがよさそう。なんといってもJavaで書かれていてMacOSXでも動かせるのがうれしい。(つまりPS3はメディアサーバではなく、クライアントとして使うよう方向転換。メディアサーバはMac)

っちゅうことで、早速、導入してみた。

導入自体は簡単で、上記サイトからバイナリをダウンロードして、解凍後、アプリを実行。MacOSXの場合、ipアドレスの設定だけであっさりPS3、Mac側両方から認識完了。さっそくPS3からMacBook Pro内のファイル(DVDーVIDEOのイメージファイル)を再生してみた。

ところが、、う〜ん、再生がスムーズじゃない。カクカク…。いろいろ設定を変えて試してみると、動画の質をかなり落とすとなめらかに再生できる。結局、PS3もMacBook Proもともに無線LANにぶら下がっているので、絶対的なビットレートが足りてないようだ。

このときのネットワーク環境はだいたいこんな感じ。

(クリックで拡大)

networkDiag1.001.png

Macのノート3台を11n5GHzのTime Capsuleで使うため、その他の機器は別フロアの11gの無線LAN親機に接続している。この図中でPS3とTime Capsuleを有線LANで繋げばたぶんビットレートの問題は解決すると思われるが、この間をケーブルで繋ぐのは物理的な位置関係上避けたい。

で、ネット上で調べていると11nに対応している無線LAN子機(WLI-TX4-AG300N)があることを発見。しかも、LAN端子が4ポート分あるので4台の機器をまとめて無線化できる。速攻でAmazonで購入。ちょうどAmazonギフト券があったので安く手に入れることができた。

"BUFFALO Air Station NFINITI 11n/a/g/b LAN端子用無線子機 WLI-TX4-AG300N" (バッファロー)


ポチッとした翌日には到着。


IMG_1034.JPG

本体は割と小ぶりですが、電源アダプタが(松本人志がいうところの)ボッコリなタイプなのが残念。電源タップを2カ所分占有します。。

IMG_1041.JPG

裏面は電源端子とLAN端子が4つ。

IMG_1043.JPG

この子機に親機(うちの場合、Time Capsule)を認識させる処理が最初に必要。Macでも問題なくサクッと完了。


さて、肝心のビットレートは改善されたでしょうか。

PS3上で計測された値で比較してみる。

WLI-TX4-AG300N導入前
P1000856.JPG

8.0Mbpsでは確かに厳しいです。


WLI-TX4-AG300N導入後。
P1000859.JPG

3倍弱に改善されました。正直、え、こんなもん?という不満はないこともないのですが…。とりあえず目的の動画再生は導入前よりはスムーズにいくようになりました。でもまだたまにカクカクするのでBEST Qualityでは厳しそうな感じ。子供のアニメ再生が中心なので動画品質は気にしなければ問題ないレベル。

今回のWLI-TX4-AG300N導入のポイントは11nに対応していないPS3の無線LANを、WLI-TX4-AG300Nを経由することにより11nでの通信に変えたこと。(ちなみにWLI-TX4-AG300Nを購入する前にPS3本体の無線LANをTime Capsuleの11gに繋いでみたが、あまり改善されなかったのも導入のきっかけとなった)


ということで、導入後のネットワーク構成概要図。

networkDiag2.001.png

Time Capsuleの11n 5GHzを諦め、11g/b互換にし無線LAN機器をTime Capsuleに集約。ちょっとぶら下がり過ぎか(同時アクセスはほとんどないが)。iPhone/iPod touchの接続先をTime Capsuleに変えてから、無線LANの調子がいい。iPhone/iPod touchとWHR3の相性が悪かったのだろうか。割と頻繁に切れたりしていたが、変えてからはほぼ問題なし。

逆に2階のWHR3には何にもぶら下がってないな…。もう撤去するか。もしくはNintendo DS専用にしてWEP用APとして残すか。

せっかくなのでプラズマTVのVIERAをネットにつなぎ、acTVilaにアクセスしてみた。うちのプラズマは7年くらい前に新居購入と同時に買った(37”でしっかり30万した)ものなので、対応しているのはアクトビラベーシックのみ。

これなら各TV局のデータ放送と変わらないかなぁ。

P1000860.JPG

ということで、DVDを入れ替えすることなくTVで子供たちにアニメを見せる環境ができました。今後はPS3 Media Serverからアクセスするデータをどこに置くのがいいのか検討する予定。

Time Capsuleはバックアップ装置として使っていないので、ここに置くのが理想なんですが、いろいろ課題もあるので。。



|

« iMovie09でAVCHD Liteの動画をDVDに。 | トップページ | 「せんせい」の中身を入れ替えてキレイに。 »

Apple」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事