« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の11件の記事

2010.01.30

iPadについて所感でも。

先日発表されたiPad。ライブカバレージサイトで発表をほぼリアルタイムで見ていたのだが、数日経った現在の所感でも適当に書いてみる。

すでにいろいろな人がブログ等でも取り上げているいるがだいたい以下のような意見が多いようだ。

・iPhone(iPod touch)と変わらないんじゃ?
・ 使い道、使い分けがわからない
・でも、紹介ビデオを見ると欲しくなった

最初は 僕もだいたい同じような印象で、どちらかというとネガティブな考えの方が大きかった。

ただ、数日たってさまざま情報が入ってくると、そうでもなくなってきている気がする。

写真、ビデオなどのホームユースと、(iWorkをリリースしてきたことから)ビジネスでの利用も見込んでいるようだが、幼児・児童教育や医療機関に対して訴求するポイントがある気がする。(iWorkのリリースについてはプレゼンでの利用以外はわざわざタブレットでしなくても、、とは思う)

iPhoneでは画面が小さすぎて厳しかったが、あの大きさなのタブレットだったらいい幼児教育の教材(というか遊びながら学ぶようなモノ)ができそう。

できれば昔のMacromedia DirectorやHyperCard(僕は一応HyperCardを知っているMacユーザ)みたいなiPad用のオーサリングソフトをリリースして欲しい。そしたら自分で自由に教材が作れるわけだ。

Macとの画面共有の機能は提供されるのだろうか。リビングでソファーに座りながらiPadでMacをコントロールできたらそれは便利そうだ。

日本ではiBooksの(とりあえず)利用はできないようだが、ぜひ実現してほしい。洋書でも辞書ソフトと連携してすぐに単語を調べられたりするのであれば、読んでみようかという気にもなる。

結論としては、想像していたよりかなり安そうだし、手を出してみてもいいかなという気はしている。何にしてもMacBook Pro2台、MacBookWhite、iPhone3G、iPod touch、iPod数台を所有していながら、また「買おうかな」と思わせてしまうような製品をリリースしてくるAppleの企画・開発力はえらいもんだと思う。

|

2010.01.26

nanoPADを分解修理してみる。

先日、nanoKEYが壊れたのでi−KEYというのを購入したことをエントリしたのだが、久しぶりにnanoPADも使ってみた。

買ってすぐに動作確認して以来で1年ぶりくらいに箱から出した感じ。で、見事にパッドが反応しない…。

12個あるうちの12番しか反応しない。
P1020319.JPG

調べてみると、でるわでるわ、不具合の報告。発売されてから割とすぐに買って、その後、情報から遠ざかっていたのでそんなに酷い状況であることは知らなかった。

nanoKEYも簡単に壊れたし、日本のメーカーの商品で近年では珍しい粗悪ぶり。

もういつ買ったかもよく分からないので、保証修理も期待できないので(壊れてもいいや)くらいの気持ちで分解修理を試みてみた。

結果的に完全に復活したのだが、すんなりとはいかなかった。

以下、作業内容を晒してみる。(真似する場合は自己責任でお願いします)

1.裏のゴム足を剥がして、ネジ(6箇所)をはずす。

P1020321.JPG

2.裏蓋を外し、さらにネジ(6箇所)をはずす。

P1020322.JPG

3.金属製のプレート部分を配線が剥がれないようにめくる。

P1020324.JPG

4.まず最初にやってみたこと。

基本的にパッドが反応しないのは、パッドがセンサを押したままの状態になるためのようで、パッドとセンサの距離を調整すればよいとのネット情報から、パッド裏面に絶縁テープを貼り付けてみた。

P1020335.JPG

で、結果、まったく無反応だったものが、たまに反応するようになったが、まだ使い物にならない状態だった。

5.次に試したこと。

本当にパッドとセンサの距離の問題か怪しかったので、パッドなしの状態で音源を鳴らしてみた。

P1020337.JPG

パッドがない状態(つまりセンサに圧をかけていない状態で)ROLLモードを試すと、見事に12番以外の11カ所に対応する音源が鳴り続けた…。

つまり、センサとパッドの距離の問題ではないということが判明。

6.次に試したこと。

困った。どうなっているのかよくわからんが、とにかく、センサは常時押さえられている状態にある。素人考えで、ガムテをセンサ側に貼って勢いよくベリッと剥がしうまいことセンサが浮かないかやってみた。

P1020338.JPG

当然、ダメ。。

7.最後の手に…。

どうせこのままでも使い物にならないんだから、復旧不能になってもいいや、と気持ちを固めて次にやったこと。

下写真の矢印のあたりから、金属プレートに接着されているセンサの膜部分を引っ剥がしてみた。ほんとうは全部ベリベリ剥がすつもりだったが、破線のあたりまででとりあえずやめて、様子を見てみた。

P1020340.JPG

すると、今までの無反応が嘘のように完全復活。

6,000円をドブに捨てたつもりになっていたのだが、なんとか、延命に成功したようです。

「壊れてもいいや」という勢いがあればとても簡単な作業なので、反応が悪くてイライラしている方は試してみるとよいかもしれません。

うちは試行錯誤しながらだったので時間はけっこうかかってしまいましたが。

この粗悪な商品はAmazonでも購入可能です(注:最近のロットは改善されているかもしれません)。


"KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD" (KORG)



"KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD BLACK" (KORG)

|

我が家にもTHIS IS ITが届いていました。

Amazonで予約していたTHIS IS ITのBlu-Rayが届いていた。

P1010950.JPG

佐川のメール便で、帰宅したら(ポストに入らないからと)玄関先の床に置いてあってびっくりした。 これまでは同じようなケースでは無理矢理折り曲げてでもポストに入っていたんだけど。

とりあえずちゃんと観るのは週末かな。

僕は中学時代がBADの世代。中学の修学旅行のTDLでキャプテンEOを観たことはよく覚えている。


"マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]" (ケニー・オルテガ)

|

2010.01.24

iCON社 i-KEYを購入。

今年こそは音楽活動に注力しようと思っているのだが(毎年言っている気がする)、その一環で年が明けてからableton Live Suiteをダウンロード購入したりもした(この話はまだいずれ)。

で、昨日、ミニキーボードであるiCON社 i-KEYを買ってみた。


"iCON DIGITAL i-KEY / WH" (iCON)

この手の製品として我が家にはKorgのmicroKontrolとnanoKeyがあるのだが、前者はリビングの隅で使うには大き過ぎ、後者は鍵盤というにはほど遠い代物でかつ壊れた、ため。

ほんとうは同様な製品であるAKAIのLPK25↓


"AKAI Laptop Performance Keyboard LPK25" (アカイプロフェッショナル)

にしようと思っていたのだが、品薄でなかなか買えないと思っていたi-KEYの在庫が店頭にあったので、安い方にしてみた。


P1010905.JPG

なんとなく怪しい雰囲気が漂っていますが、大丈夫なんでしょうか。

P1010906.JPG

中身はこんな感じ。日本語のマニュアルもありましたが、けっこうバグっています。

P1010908.JPG

nanoKeyとサイズの比較。

幅は若干大きめ。

P1010909.JPG

厚みは3倍くらいあるでしょうか。

P1010911.JPG

全体的な作りはかなり安っぽいです。

筐体の外枠の切り口がザラザラしていたり、上面パネルが浮いてきたり、、

P1010913.JPG

極めつけ(というか、想像できる範囲ですが)は、テーブルに置くと右手前がこれだけ浮きます。。

P1010920.JPG

鍵盤を押さえるとガタガタ揺れる。使用上問題がでるくらい。

P1010917.JPG

とりあえず家にあった2mm厚くらいのゴム足に乗せると安定しました。僕的にはこれを接着剤でくっつければ問題なし。

P1010917.JPG

もちろん個体差はあると思いますが、質感重視だと完全にアウトな商品の部類でしょう。

MBP17"に繋いでMainStageで遊んでみた。

P1010947.JPG

デフォルではキーアサインの設定がうまくいっていなかったので、付属のiCON iMap.appとかいうアプリで設定。その後は特に問題なく動いています。サステインキー、モジュレーションおよびピッチのパッドも問題なし。

質感を気にしなければ、nanoKeyよりは快適に入力できるのではないでしょうか。

ところで、我が家のnanoKeyは買ってからしばらく放置していたのですが、久しぶりに使ってみたらほとんど反応しないキーがあり、強く押していたら壊れました(壊したともいう)。

P1010916.JPG

金具が曲がったり、プラ部分が割れたりで復旧はできなそう。

ということで子供のおもちゃになりました。

一丁前に音が出ないとイヤだというのでMBP13”に繋いで遊んでいる図。

P1010932.JPG

たっけーおもちゃだな…。

|

ギターを壁掛けに。

我が家にはギター・ベースがあわせて4本あるのだが、ふだんはうち2本がいわゆるギタースタンドに、2本はハードケースにしまった状態に長らくあった。

で、スタンドはけっこう場所を取るし、ケースは出し入れが面倒だし、ということで思い切って以前からやろうと思っていたギター壁掛化計画を実行してみた。

”思い切って”というのは、面倒だったのもあるが、壁にがんがん穴を開けるので新築時代ではちょっと気が引けるのもあったため。もう越してきて5年経ったし、、というところ。

壁掛け用のハンガーとして選んだのはこちらの商品。


"HERCULES GSP39WB ギターハンガー" (Hercules)


楽器を掛けたときに自重でロックされるというのが気に入った。

こちらを3つ購入。4つにしなかったのは壁にスペースがあるか微妙だったのと、今あるものを全部掛けておくこともないか、というところ。

IMG_1785.JPG

以下、参考まで取り付け工程でも。

まず、使った工具。今の家に引っ越したときに買ったものを久しぶりに利用。

電動ドライバー。別になくてもなんとかなるが、あると楽という代物。

P1010858.JPG

これは壁の中の木材の位置を確認する道具(昔、カーテンレールなどを付けるときに活躍した)

P1010859.JPG

先から針が出てきて、壁に刺しながら探る。石膏ボードだと簡単に刺さるが、木だとなかなか刺さらないという単純な探査。ただ、今回付けたかった場所に木の柱はなかった…。

中に入っているもの。本体とネジと石膏ボード用のアンカー。

P1010856.JPG

アンカーは石膏ボードに直接ネジをしめると、ボロボロ崩れてくるのでそれを防止する強化材のようなもの。

P1010860.JPG

ただし、付属のものは事前にドリルで穴を開けないとダメなタイプだったので、昔買って残っていた穴開け不要なタイプを使用した。

P1010867.JPG

最初にすること。

位置決め。(結局、これが一番時間がかかった)

決めたらネジを仮止めして、仮穴を開ける。

P1010868.JPG

次に、仮穴にアンカーをねじ込む。石膏ボードがボロボロ崩れてきて心が痛む。場所を間違えると、このまま大穴が残ることになるので慎重に。

P1010869.JPG

ハンガー一つにつき三カ所アンカーを付ける。こんな感じ。

P1010870.JPG

あとはこのアンカーにハンガーを合わせてネジ止め。

P1010873.JPG

これを3個分実施。

で、こんな感じに。

P1010877.jpg

かっちょいいです。

P1010886.JPG

左から
GIBSON レスポールスタンダード
MORRIS
Fender Jazzベース

黒いのはIbanez、SteveVaiの影響。
レスポールはJimmy Pageの影響。

分かりやすい。

横から見ると、ハンガーが長いのでけっこう壁から離れた感じになってます。そのおかげでボディの厚みのあるアコギも問題なく掛けられます。

P1010881.jpg

しっかりロックしてくれてます。

P1010891.JPG

ただ、万が一、落下したときの(心の)ダメージが大きいのでGIBSONはふだんはハードケース保管かな…。

|

2010.01.23

ランドセルを買いに。

長男が4月から小学校に。息子はダウン症という障がいがあり、養護学校に通うか、地域の個別級に通うかですったもんだがあったのだが、最終的には近所の小学校の個別学級に通うことにやっと決定した。

これまで何度もランドセルを試してはいたのだが、今日は買うことを決意して出かける。

まだ体が小さいのでどれを背負っても大きく感じてしまう。最終的にはコクヨの「あんふぁん」というシリーズのものを購入した。これを背負って元気に登校する日が楽しみだ。

話は変わるが、先日、みなとみらいに 行ったときにみかけて気になっていたクッションみたいなマッサージ器を購入。

某店で買ったのだが、希望のブラウンの在庫があるのを確認し、別のものを見て10分後くらいに戻ってきたらブラウンが売れてしまっていた。。

しょうがないのでピンクを購入。

P1010921.JPG

我が家には数万円の座椅子型のマッサージチェアがあるのだが、大きく重いので利用場所が限られてしまう。これだと、リビングで寝転びながら、とか、寝室で、とか自由自在。

P1010923.JPG

肩こり、腰痛が酷い僕にはありがたい。オン・オフの切り替えくらいしかないが、効きが弱いこともなくいい感じです。

P1010925.JPG

"家庭用電気マッサージ器 【アテックス ルルド マッサージクッション(bg8547)】<ブラウン>" (株式会社アテックス)

|

2010.01.16

ブックオフのネット販売を利用してみる。

大事なことなので最初に書いておく。

ブックオフのネット販売は
BOOK-OFF Online
eBOOK-OFF

の2種類あり、互いに関連はない(経営が別)。そして、それがわかりにくい。上のOnlineのほうが店舗をもっているのと同じ経営で、下はまったくの別会社が経営しているようだ。

と、いうことを知らなかったのですが、今回以下のケースで利用して初めてしったしだい。

嫁さんがすでに絶版になっている「バケツでごはん」というコミックが読みたいということで、最近、ブックオフ店舗で探していたのだがほとんど見かけることはなかった。

で、ブックオフのオンライン版で在庫を確認したら全8巻中6巻はあることを発見。1,500円以上で送料無料ということで、割と使いやすく感じたのでさっそくオーダーしてみた。

IMG_1699.JPG

こちらはBOOK-OFF Online のほう。

ゲームが混じっているのは送料を無料にするため(といいつつゲームのほうが高い)。

で、バケツでごはんは3巻と6巻が欠けているので、探さないとなと思っていたら、eBOOK-OFFというのはまったく在庫が別系統で、こちらにはあったので、サクッとオーダー。

IMG_1825.JPG

こちらもちゃっかりゲームが混じっている。。

アカウントが別なので登録が2回必要だったが、なんでこんなことになっているんでしょうか。。利用者の側からするとBOOK-OFFは一つでいい気がしますが。互いに価格競争してくれたらそれはそれでいいのかな。

まぁいずれにしても、安く本などを入手するためにブックオフ店舗を探し回るより、オンラインでサクッと買ってしまったほうが良さそう。どちらも1,500円以上で送料無料なので敷居も低めですし。

|

2010.01.09

初詣に。

我が家は完全なる無宗教だが、多くの日本人と同じように正月気分を味わうために初詣にでかけてきた。

ハナから三が日に行くつもりなどなく、九日に川崎大師へ。これでも我が家の初詣の時期としてはずいぶん早いほうだ。

カメラはLUMIX GF1にパンケーキと念のため標準ズームを持参。なんだかんだで、GF1を買ってからはこれを持ち出す機会が一番多い。かなり気に入って使っているが、コンパクトなだけにレンズキャップを外す手間が煩わしい気がする。一眼レフのように保護フィルタやフードを付けて、キャップは外しっぱなしにすればよいのか。

まだまだわりと混雑していました。

P1010613.JPG

甘酒、大判焼きを食べながらゆっくり進む。

P1010622.JPG

敷地に入るまでに行列に巻き込まれるようなこともなく、すんなりお参りできました。

P1010641.JPG

P1010648.JPG

P1010651.JPG

こどもたちはこんなところに連れてこられても何にも楽しくないはずなので、計画通り隣の公園で遊ばせながら我らは出店の焼きそばとお好み焼きをいただく。

P1010713.JPG

この焼きそばはゴムっぽい匂いがしてダメだった。。

P1010671.JPG


P1010672.JPG

P1010688.JPG

なぜか快晴の中、お気に入りのカエルの長靴を履いていくときかなかった次男。

P1010682.JPG

キリがないので、帰りたがらない二人を無理矢理引きはがし帰る。

P1010735.JPG


P1010749.JPG

こちらのお店で、妹夫婦のために小さなだるまを購入。

P1010753.JPG

横浜で買い物をしてから帰宅。

|

2010.01.03

お年玉。

こどもたちへのお年玉。

先日Amazonで買っておいた「学研のパーフェクトあいうえお」。

P1010593.JPG

まだ、文字を覚えるには少々早いのでイラストを押して音を楽しんで遊んでいます。

P1010595.JPG

で、この商品の値下げがすごいと先日エントリし、その後もたまに価格をウォッチしていたのですが、

僕が見た中で一番安かった時には、2,044円でした。。

aiueo.tiff

安くなった、と飛びついたときからさらに600円も下がりました…。

今はふつうの値段に戻ったようです。この猛烈な下げはなんだったんでしょうか。

現在いくらかは以下のリンクからどうぞ。


"パーフェクトあいうえお(新デザイン)" (学研)

|

2010.01.02

2009年、年末に買ったもの。

2009年の年末から2010年の元日にかけて実家に帰っていたのですが、その間に買った(買ってしまった)ものたち。

P1010592.JPG

(1)メガネ

年末、メガネを新調したばかりだったのだが、このメガネの度が非常に調子が良く他のメガネをかけると違和感があるようになっていた。で、以前から気になっていた実家近くの「赤札堂」というメガネ屋でメガネを立て続けに2本新調。

もちろん、調子がよいメガネと同じ条件で。

屈折率1.74のレンズ付きで、2本あわせても先日買ったメガネより安かった。フレームはFrench Connectionの色違いで。写真ではよく分かりませんが、黒とシルバー。

(2)CD

BookoffでCDをまとめ買い。最初、250円のものを3枚買い750円を支払ったのだが、その後「250円のCD5枚で500円」というセールをやっているビラを見て(おいおい、バカみたいじゃないか…)と思い「2枚追加して500円にしてもらえませんか」と申告。OKだったので、3枚追加して合計金額は同じにしてもらった。

ちなみにCDは玉置浩二と吉川晃司。玉置氏は素直に歌がうまいと思う。

(3)PSPバリューパック

妹の旦那が使っているのを見て完全なる衝動買い。PS3と連携してあれこれできることを知ったのも購入理由の1つ。ヤマダ電機で買ったのだが、液晶保護シートがついて定価より1000円くらい安かった(ことを買ったあとで知った)。

P1010469.JPG

ソフトは、ろくに調べもせずに安かったこれを買ったのだが、

P1010480.JPG

どうやらシリーズもので最初に買うようなものではないことを、買った後の調査でしったので返品してしまった。(未開封だったので)

で、結局、妹の旦那にウィイイレ09とモンハンを借りることに。


"ワインレッドの心" (玉置浩二)


"PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)" (ソニー・コンピュータエンタテインメント)


|

2010.01.01

明けまして。

2010年。桁があがって新しいdecadeの始まり。

我が家の今年の年賀状はこんな感じでした。

nenga2010.jpg

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »