« nanoPADを分解修理してみる。 | トップページ | 河津桜。 »

2010.01.30

iPadについて所感でも。

先日発表されたiPad。ライブカバレージサイトで発表をほぼリアルタイムで見ていたのだが、数日経った現在の所感でも適当に書いてみる。

すでにいろいろな人がブログ等でも取り上げているいるがだいたい以下のような意見が多いようだ。

・iPhone(iPod touch)と変わらないんじゃ?
・ 使い道、使い分けがわからない
・でも、紹介ビデオを見ると欲しくなった

最初は 僕もだいたい同じような印象で、どちらかというとネガティブな考えの方が大きかった。

ただ、数日たってさまざま情報が入ってくると、そうでもなくなってきている気がする。

写真、ビデオなどのホームユースと、(iWorkをリリースしてきたことから)ビジネスでの利用も見込んでいるようだが、幼児・児童教育や医療機関に対して訴求するポイントがある気がする。(iWorkのリリースについてはプレゼンでの利用以外はわざわざタブレットでしなくても、、とは思う)

iPhoneでは画面が小さすぎて厳しかったが、あの大きさなのタブレットだったらいい幼児教育の教材(というか遊びながら学ぶようなモノ)ができそう。

できれば昔のMacromedia DirectorやHyperCard(僕は一応HyperCardを知っているMacユーザ)みたいなiPad用のオーサリングソフトをリリースして欲しい。そしたら自分で自由に教材が作れるわけだ。

Macとの画面共有の機能は提供されるのだろうか。リビングでソファーに座りながらiPadでMacをコントロールできたらそれは便利そうだ。

日本ではiBooksの(とりあえず)利用はできないようだが、ぜひ実現してほしい。洋書でも辞書ソフトと連携してすぐに単語を調べられたりするのであれば、読んでみようかという気にもなる。

結論としては、想像していたよりかなり安そうだし、手を出してみてもいいかなという気はしている。何にしてもMacBook Pro2台、MacBookWhite、iPhone3G、iPod touch、iPod数台を所有していながら、また「買おうかな」と思わせてしまうような製品をリリースしてくるAppleの企画・開発力はえらいもんだと思う。

|

« nanoPADを分解修理してみる。 | トップページ | 河津桜。 »

Apple」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事