« ランドセルを買いに。 | トップページ | iCON社 i-KEYを購入。 »

2010.01.24

ギターを壁掛けに。

我が家にはギター・ベースがあわせて4本あるのだが、ふだんはうち2本がいわゆるギタースタンドに、2本はハードケースにしまった状態に長らくあった。

で、スタンドはけっこう場所を取るし、ケースは出し入れが面倒だし、ということで思い切って以前からやろうと思っていたギター壁掛化計画を実行してみた。

”思い切って”というのは、面倒だったのもあるが、壁にがんがん穴を開けるので新築時代ではちょっと気が引けるのもあったため。もう越してきて5年経ったし、、というところ。

壁掛け用のハンガーとして選んだのはこちらの商品。


"HERCULES GSP39WB ギターハンガー" (Hercules)


楽器を掛けたときに自重でロックされるというのが気に入った。

こちらを3つ購入。4つにしなかったのは壁にスペースがあるか微妙だったのと、今あるものを全部掛けておくこともないか、というところ。

IMG_1785.JPG

以下、参考まで取り付け工程でも。

まず、使った工具。今の家に引っ越したときに買ったものを久しぶりに利用。

電動ドライバー。別になくてもなんとかなるが、あると楽という代物。

P1010858.JPG

これは壁の中の木材の位置を確認する道具(昔、カーテンレールなどを付けるときに活躍した)

P1010859.JPG

先から針が出てきて、壁に刺しながら探る。石膏ボードだと簡単に刺さるが、木だとなかなか刺さらないという単純な探査。ただ、今回付けたかった場所に木の柱はなかった…。

中に入っているもの。本体とネジと石膏ボード用のアンカー。

P1010856.JPG

アンカーは石膏ボードに直接ネジをしめると、ボロボロ崩れてくるのでそれを防止する強化材のようなもの。

P1010860.JPG

ただし、付属のものは事前にドリルで穴を開けないとダメなタイプだったので、昔買って残っていた穴開け不要なタイプを使用した。

P1010867.JPG

最初にすること。

位置決め。(結局、これが一番時間がかかった)

決めたらネジを仮止めして、仮穴を開ける。

P1010868.JPG

次に、仮穴にアンカーをねじ込む。石膏ボードがボロボロ崩れてきて心が痛む。場所を間違えると、このまま大穴が残ることになるので慎重に。

P1010869.JPG

ハンガー一つにつき三カ所アンカーを付ける。こんな感じ。

P1010870.JPG

あとはこのアンカーにハンガーを合わせてネジ止め。

P1010873.JPG

これを3個分実施。

で、こんな感じに。

P1010877.jpg

かっちょいいです。

P1010886.JPG

左から
GIBSON レスポールスタンダード
MORRIS
Fender Jazzベース

黒いのはIbanez、SteveVaiの影響。
レスポールはJimmy Pageの影響。

分かりやすい。

横から見ると、ハンガーが長いのでけっこう壁から離れた感じになってます。そのおかげでボディの厚みのあるアコギも問題なく掛けられます。

P1010881.jpg

しっかりロックしてくれてます。

P1010891.JPG

ただ、万が一、落下したときの(心の)ダメージが大きいのでGIBSONはふだんはハードケース保管かな…。

|

« ランドセルを買いに。 | トップページ | iCON社 i-KEYを購入。 »

お買い物」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事