« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の15件の記事

2010.03.28

立て続けにストラト購入。今度はFender USA。

先日、Squierのストラトを購入したことをエントリしたのだが、それが呼び水となりFender欲しい熱を生んでしまった。

僕の中のストラトのイメージといえば、、
・Stevie Ray Vaughan
・Jeff Beck
・David Gilmour
・Ritchie Blackmore
・Eric Clapton
・Jimi Hendrix
・Char
あたり。(その他、イングヴェイ、ルカサーなど挙げればキリがない)

そんなストラトだが、いつか欲しいと思いつつこれまで購入することはなかった。

で、そんなこんなで最近はFenderのStratocasterについていろいろ調べていたのだが、昨日、ついに買ってしまった。

とりあえず、Fenderのストラトを購入にあたって自分の中で決めたポリシ。

・ネックはメイプル(これまで所有したことがあるギターはローズウッドばっかりで、あの白い指板に憧れがあるとともに、なんとなく枯れたサウンドといえばメイプルのイメージがあるので)
・いわゆるラージヘッドはNG(見た目が好きじゃないので)
・色は 2-Color Sunburst (無難なので)
・USA、MEX、Japanは値段からして悩むところだが、きっとJapanを買ったら、買ったで、USAが気になるのが目に見えているので、だったら最初からUSAで。(音がどうこうより、所有する満足度の面が大きい)
・できれば、ツィードのハードケースが欲しい。。(Fenderといえば、やっぱりあのケース。でも、あのケースが付属する機種は限られているよう)

ちゅうことで、今はツィードのハードケースが手元にある↓

P1020915.JPG

以下、購入記っぽく。

まず、ネット上の情報を元に、最初に狙っていたのは「American Deluxe Stratocaster」というライン。

伝統のあるFenderの中でも、ロック式ペグやノイズレスPU、S1スイッチによるサウンドヴァリエーションなどなど新しい技術を盛り込んだ機種。扱いやすそうだし、なかなかいいかなと思っていた。

で、お店に到着し、まずこの機種を試させてもらった(ただし、恥ずかしいのでほとんど軽く触っただけだが)。すると、第一印象は1フレットあたりを握った感じがしっくりこない。若干僕の手(小さいと思う)には大きく感じた。また、メイプル指板だったが、見た目が真っ白でちょっとイメージと違う。音も悪くないがピンとこない感じ。そしてなんといっても付属のケースはツィードではなかった。

ということで、通称アメデラは自分的には微妙かなという結論に。

次に目にとまったのは、ヴィンテージもののレプリカシリーズの'57 Stratocaster(Thin Lacquer Finish)

若干茶色がかった好みな色合いのメイプル指板に2-Color Sunburst のシンラッカー塗装のボディ。見た目はかなりいい感じ。加えてネックを握った感じもアメデラよりしっくりきた。そしてなんといってもツィードのケース。

最後まで迷ったが、結局、これを購入してきた。定価だと¥281,400。当然、そんな値段では買ってないが、けっこうな高額なお買い物。一生モノと思って大事に使っていきたい。

ハードケース(GIBSONとFender)。昔(高校生の頃か?)買ったJeff BeckのCD-BOXがこのツィードケースデザインだった。あのころからずっと憧れていた。正直、このケースが欲しかったと言っても過言ではない(いや、それは過言だ)。

P1020928.JPG

中はこんな感じ。GIBSONのピンクよりは落ち着いたオレンジ。

P1020959.JPG

GIBSONは昔のスナックみたいなピンク。

P1020933.JPG

意味もなく、たくさん写真を撮ってしまった。


P1020921.JPG

まだ、保護シートそのまま。アームも未装着。

P1020943.JPG

先日、実施した壁掛けに掛けてみた図。

P1020940.JPG

もう買って10年近くなるFender JapanのJazz Bassにもまだ保護シート貼ったままだった。。

P1020941.JPG

この間買ったSquierのストラトと、もう買って20年くらいになるIbanez。

P1020961.JPG

Fenderを買ってから気づいたが、このSquierのストラトのネックはかなり細い。単音弾きではそれほどでもないが、ローコード弾くと手が小さい僕でも指の感覚が狭くて弾きづらいことに気づく。女性や子供にはちょうどよいのかも。

最後に、Fenderを軽く弾いてみた感想。目新しい内容ではないけれど。

・イメージしていた乾いた感じの音が出る。
・フレットが小さく、しっかり押さえないときちんと音がでない傾向が強い。
・生音はしっかり鳴る。
・とても軽い。特にGIBSONレスポールの後で持つと差が激しいのでより一層感じる。
・ PUはけっこうノイズ多い。低出力で、サステインはあまり期待できなそう(これって外れをひいたってことでしょうか…。)PUだけの問題なら将来的にPU交換するかも。。
・ローコード をジャカジャカすると大変気持ちがよい。
・ とりあえずチューニングは安定してくれた。よかった。
・PUセレクタは3Wayのまま。 お店で5Wayに変えてもらおうかと思ったが、けっこう日数がかかるとのことだったのでやめた。面倒だが、中間で止めればハーフトーンも出せるので、ヴィンテージを感じるためにこのままでしばらくいこうと思う。

正直、弾きやすいギターではなく、弾き手の技術をより要求するギターではなかろうか。そんなのに手を出してしまったわけではあるが、いつか買おうと思っていた念願のストラトをやっと買うことができた。素直にうれしい。シンラッカー塗装がどのように変化するかも楽しみだ。

|

2010.03.22

Amazonでお買い物。

最近購入したモノをまとめて。

こうやってエントリしておくと、アレいつ買ったっけ?というときに便利。


"IZUMI 毛玉取り器 毛玉カットとるとる KC-200A(ブルー)" (イズミ)



"IZUMI 毛玉取り器 毛玉カットとるとる KC-200P(ピンク)" (イズミ)



こういった類の本も1冊くらいあってもいいかなと。


"ギター・マガジン メインテナンス・ブック―これ1冊で君のギターが目を覚ます!もっと弾きやすく,もっと良い音に!! (リットーミュージック・ムック)" (竹田 豊)


大人が見てもけっこうおもしろい。


"くらべる図鑑 (小学館の図鑑・NEOぷらす)" (小学館)

|

ストラト届く。

先日オーダーしていたギター、翌々日には届いていた。

買ったのはSquierのBULLET。Squier社製の中で一番安い機種だと思う。しかも、トレモロレス。安いギターだとトレモロはチューニングが不安定なる要素になりそうな気がしたので、なくていいやと。

で、ショートスケールだと勘違いしていた上に、黒だと思っていた色が紺だった。いくらなんでも適当にポチり過ぎ。

P1020432.jpg

ショートスケールだとおもっていたので、安くておもちゃみたいなのでいいや、と思っていたのだがレギュラースケールのただの安いギターを買ってしまったかっこうに。

ただ、一応Fenderの名前も入っているように、それなりのデキで普通に使えそうです。むしろ、他に所有しているギターより弾きやすい印象。

P1020431.jpg

お値段、1万円弱。

高校生の頃に最初に買った(買ってもらった)のが、3万くらいのノーブランドでジャクソンヘッドのテレキャスだったと思うが、それより全然いいできだと思う。

初めてストラトを買ったが、こんなに弾きやすかったのね。ネックが薄いIbanezより弾きやすい気がする。

とりあえず、これでSRV弾けるようになったらFender(USA)のストラトを買いたいところです。

|

ウォーキングウィズダイナソー チケット購入。

今朝、たまたまTVで「ウォーキング ウィズ ダイナソー」という恐竜をテーマにしたショーが世界中で話題になっていて、7月から日本に来ることを知った。

ちょうど子供たちが恐竜大好きだし「これは行っておかないと」と先行プリセールでチケットをなんとか購入した。

ぴあのサイトでチケット購入するのは初めてだったので、最初にユーザ登録が必要だったが、これがアクセスエラーで何度トライしたことか。このショーとは関係ない申し込みももろに影響を受けていることになるわけで、このサイトって、毎回、人気公演時はこんな感じなんだろうか。ちょっとインフラが貧弱過ぎる。

ユーザ登録後も、空席情報がコロコロ変わり混乱した。満席になったので、諦めようかと思ったら、リロード後、また空席になったり。これを何度も繰り返し、結局、1時間以上、サイトをさまよっていた。昔、電話で何度もリダイヤルしていた頃とさほど変わってない。

こんな貧弱なシステムのくせにシステム利用料がかかる上に意味不明な特別チャージがかかり、若干腑に落ちないモノがあるが、それはさておき、7月が楽しみになった。

|

2010.03.20

ズーラシアへ。

3連休初日。

明日は天気が悪いとのことだったので出かける。目的地はひさしぶりのズーラシア。

出かけるのが遅くなった(11時頃)のもあるが、みんな考えることは同じなようで、道中、大渋滞。2時間くらいかかって到着。

10周年だそう。

P1020549.JPG

カメラはGF1とG1のLUMIXコンビで。EOS5Dmk2を1台持ち出すよりぜんぜん楽。GF1に標準ズーム、G1には望遠ズームを装着。ただし、場内けっこうな混雑でそれほど撮れなかった。

ま、そういう意味でもEOSを持ち出さなくてよかった。

P1020568.JPG

GF1はネックストラップで、G1にはWiiのストラップを付けて片手で持ち歩いていたのだが、露出やらなんやら勝手にモードが変わってしまうので、結局、毎回、電源スイッチを切ることに。これはかなり使い勝手が悪い。


P1000630.JPG

途中で、次男が写真を撮りたいと言い出した。

今日はコンパクトカメラを持ってきてなかったので、仕方なく、G1を手渡す。

一丁前にファインダーを覗いてシャッターを切っていた。

P1020586.JPG

そんな次男を見て、当然、長男も写真を撮ると言い出した。

仕方ないので、、

IMG_0687.JPG

↑iPhoneで撮影。

2台とも子供達の手に。。

それはさておき、二人とも久しぶりの動物園を楽しんでくれたようで良かった。

おみやげにシュライヒ社のフィギアを。1体1,000円前後するので、決して安くはないのだが、他の製品と比較してよくできていると思う。

P1020893.JPG

僕はカメがお気に入り。

動物園を後にし、そのまま港北のららぽーとへ。

本屋でこの写真集を発見。以前から図鑑ではないもっとダイナミックな動物が見られる写真集を探していたのだが、これはかなり欲しいモノに近かったので、すぐに購入を決めた。

P1020896.JPG

帰宅後、じっくり見たが、子供達も大興奮。僕が見ても楽しめる。良い買い物をした。

そんな動物三昧な一日。


"見つめる野生 (25周年)" (フランス・ランティング)


"シュライヒ インド象(メス)" (シュライヒ)


"シュライヒ ライオン(仔:遊)" (シュライヒ)

|

2010.03.19

映画館デビュー。

卒園式の翌日。

嫁さんに長男、次男を映画に連れて行ってもらった。

映画は「ドラえもん」。

最近はアンパンマンを卒業し始めて、ドラえもんがブーム。

次男は、映画館デビューでした。

P1020899.JPG

二人とも楽しんでくれた模様。

多分、僕の映画館デビューもドラえもん「のび太の宇宙開拓史」(だったと思う)。

上の写真は、嫁さんが読むために買った特別版の漫画雑誌。

|

2010.03.18

涙の卒園式。

長男の卒園式に参列。

P1000493_2.JPG

長男はダウン症という障がいがあるので、なかなか幼稚園が決まらなかったのだが、この幼稚園は最初から息子を暖かく迎え入れてくれた。そして、2年間、息子は毎日楽しそうに幼稚園に通い、僕たちの期待以上に大きく大きく成長することができた。

先生方には多大なご迷惑をおかけしたと思うが、この成長は先生方のご配慮の賜物だと大変感謝している。

また、本当にいいお友達に恵まれ、ほとんどしゃべることのない息子をとても可愛がってくれたことにも感謝。

P1000500.jpg

そんなことを思っていたら、式が始まる前から涙があふれてきてしょうがなかった。

とても暖かみのある、手作り感満点のよい卒園式でした。

長男をこの幼稚園に通わせることができて、ほんとうに良かった。

夜はお祝いなので、ちょっとだけ贅沢なグレードのお寿司を。

IMG_2436.JPG

IMG_2437.JPG

卒園、おめでとう。

4月からは小学生だね。これからはちょっとは勉強しないとダメだよ。。

|

2010.03.14

ギター熱、復活。

最初にギターを買ってからかれこれ20年くらい。ただ、朝から晩までギターを、、なんて時期は一度もなく、ギターを弾いていた時間をぎゅっと圧縮すると1週間くらいになってしまうのではなかろうか…。

ということで、始めてから数年くらい経った頃からあんまり上達していない気がする。Steve Vaiにはまったときに、こりゃ無理だと思ってしまったのが大きい。

で、これじゃいかんな、と、ずっと思ってはいたのだが、なぜかこのタイミングでギター熱再発。きっかけは、YouTubeでギター弾いてる映像をいろいろ見たこと。素人のうまい人の映像に触発されたかっこう。

とりあえず、ベタに教本的なものを3冊買ってみた。こういった類の本を買うのは10年ぶりくらいかも。

P1020420.JPG

まだ軽く眺めた程度だが、そもそもピックの持ち方から変えないといけなそう。。そこからブレイクスルーができればいいのじゃが。

この熱が冷めぬよう、リビングでつま弾けるようなショートスケールのエレキギターを入手しようと、昨日、楽器店を回ったのだがピンと来るモノがなかった。で、帰宅後、夜にネットで安い店を発見したので、オーダーしたのだが、何を勘違いしたのか、フルスケールのギターを買ってしまった…。(同じデザインでミニサイズとフルスケールがあっただが、よく確認せずにポチってしまった)

アホだ。ギター初めて20年、今更、1万円ちょっとのおもちゃみたいなギターを買うとは。ミニギターならまだしも、フルスケールで。とりあえず、シングルPUのギターは欲しいと思っていたので、まぁ、いいかと納得させている次第。

このギターはまだ届いてないので、詳細は届いたら。


"ギター・マガジン 速弾きがうまくなる理由ヘタな理由(CD付)" (加茂 フミヨシ)


"究極のブルース・ギター練習帳―ギター・マガジン (リットーミュージック・ムック)" (野村 大輔)


"ギター・マガジン 極めよ!泣きのギター道 ロック・ギタリストのための“歌う”ソロ・トレーニング(CD付き) (リットーミュージック・ムック)" (森山 直洋)

|

電動アシスト自転車を購入。

長男が今月卒園というタイミングなのだが、4月以降長男が通学している間に嫁さんが次男を乗せて移動できるようにと、電動アシスト自転車を購入した。

買ったのは先週だったのだが、届いてからずっと雨続きでやっと利用開始。

いろいろ調べた結果、最終的に選んだのはYAMAHAのPAS ラフィーニ。しっかりした作りとバッテリ容量、デザインなどのバランスを考えて無難そうなこの機種にしてみた。色は下の写真のように白。

P1020406.JPG

人気機種なので、あまり値引きがなかったのだが、10%ポイントが付くということでビッグカメラ店舗で購入した。10万超えた商品の10%は大きい。

P1020409.JPG

普段は嫁さんが使うことになるが、休日の今日、試しに子供をのせてぶらぶら走ってみた。

P1020411.JPG

その感想。

・激坂でもふつうに座って平地のように走ることができる。すばらしい。
・ただし、激坂の途中で止まってしまうと、再発進が若干しづらい。
・平地での発進時はグイグイ引っ張られる。ただし、慣れれば問題ないくらい。
・特に下り坂で、ブレーキのききが甘い気が。。車体がかなり重いので、急には止まれなそう。

ということろ。

こんなのに慣れたらただでさえ最近ご無沙汰のフレッタ号にますます乗らなくなってしまいそう…。

ぶらぶら走ったついでに、ブックオフに立ち寄り、また玉置浩二のCDを3枚買って帰ることに。


"LOVE SONG BLUE" (玉置浩二)


"カリント工場の煙突の上に" (玉置浩二)


"あこがれ" (玉置浩二)

|

Peter Gabriel新譜購入。

ひっさしぶりにHMVのリアル店舗でCDを購入。何年ぶりだろう。もちろんiTunesカード30%オフにつられて。

P1020405.JPG

買ったのはPeter Gabrielの新譜。カバーアルバムのようだが、まだ未聴。

当然、店舗のポイントカードなど持ってなかったので「作りますか?」と言われたが、面倒だし、どうせ今後も基本はネット販売を利用するからと断ったのだが、今、調べたらリアル店舗とネットのポイントは一本化して使えたようだ。。しまった、ポイント10倍キャンペーンで150ポイントついたのに。失敗した。


"Scratch My Back" (Peter Gabriel)


"スクラッチ・マイ・バック" (ピーター・ガブリエル)


|

国産ビール飲み比べ。

元々、ビールはほとんど飲めなかったのだが、ここ数年、コップに1杯くらいはおいしく飲めるようになってきた。それでも350mlは微妙に多すぎる感じ。

で、最近、なんとなくいろいろな銘柄を飲み比べている。

P1020403.JPG

が、1日で複数銘柄を飲むことができないので、数日おきでは正直、違いがよくわからない。。

とはいっても、ビールとそれ以外はさすがに分かるようになってきた。ビール以外はビールを水で薄めたような印象を受ける。特に糖質オフをうたっているものはかなり薄く感じた。

どれか一つ「これだ」っていうのが見つかるかなと思ったが、まだその域にはほど遠そう。

|

2010.03.10

Appleの優待販売プログラム。

以前より、Appleに特定企業向けの割引き制度があることは知っていたのだが、自分が勤めている会社も優待販売プログラムが適用されることを今日初めて知った…。

うれしいというよりも、ショックが大きい。。

かれこれもう20年近くAppleユーザで、今の会社に入って約10年。その間、どれだけApple製品を買ってきたことか。まぁいつからこの制度が適用されていたのか知らないが、少なくとも昨年、銀座のAppleストアでねばって、若干値引きしてもらったのはなんだったのか、という感じ。

値段だけでいうと、量販店でつくポイントのほうが大きい製品もあるが、Appleのオンラインストアだとカスタマイズが自由にできるのが大きい。(以前、MBP17"をソフマップでCTO購入したが、えらい時間がかかった)

ということで、買おうと思いつつ、まだ買っていなかったAperture 3のUPGRADE版をさっそくオーダーしてみた。Apple製のソフトウェアはやけに割引率が高かったので満足。


"Aperture 3" (アップル)


"Aperture 3 アップグレード版" (アップル)

|

2010.03.06

個人的許せない話、2つ。

(1)すべりやすくなっております。

よく駅前やトイレの前などに、雨や掃除のために床が濡れた状態のときに「足下がすべりやすくなっております。ご注意ください」的なことを表示していることがある。

滑りやすくなっているんじゃなくて、滑りやすくしとんのや。

あんなツルッツルの素材で床を作ったらそら滑りやすいちゅうねん。

あの濡れた床の上を滑らないように一歩一歩踏みしめるように歩くときにいっつもそう思う。

きっと汚れが付着しにくく、掃除しやすい素材なのだろうが、利用者のほうを向いていない。

(2)どちらですか?

昨年末くらいからだと思うが、コンビニのセブンイレブンで電子マネーのEdyが利用できるようになった。通勤路にあるのでほぼ毎朝セブンイレブンを利用しているのだが、割と昔からセブンイレブン独自の「nanaco」という電子マネーを携帯電話のアプリで使っている。

で、Edyが使えるようになってからレジで「Edyかnanacoか」を毎回申告しないといけないのが、ごっつ腹立つ。

レジのバイトによって対応が違うのがまたむかつくのだが、携帯を差し出したときに

「nanacoですか?」という人はまだいい。(はい)と答えるだけだから。

どうにもならんのは、

「どちらですか?」「Edyですか?」

という奴。こっちは(nanacoです)と、すでに絶頂期をすぎた女優みたいな名前を言わないといけない。だいたい「Edyですか?」っていうやつは、自分とこのオリジナルのほうを先に言えっつうの。

もっと最悪なのは、無言でこちらから申告をするのを待っているやつ。朝からかなり不快な感じになる。

いや、いかにちっちゃいことで苛ついているかという自覚はあるのだが、システム的に「電子マネーを装置でスキャンしたときにどっち(nanacoかEdy)か自動的に判断する」仕組みにできなかったのか、というのが根本的につっこみたい。仮に「携帯電話にnanacoとEdy両方の登録がある場合のみ顧客に確認する」というのが顧客にとっても店員にとってもフレンドリーな仕様じゃないのかね。

っていうことを、7&iに直訴したいのだが、どこにいったらいいのだろう。
(追記)エントリしたあとセブンイレブンのサイトにご意見投稿のフォームがあったので回答不要で要望を出してみた。

|

Twitterに関する適当な一考察。

巷ではTwitterが流行っているらしい。「誰々も始めた」という感じで一般のニュースにも話題があがるようになってきた。

例に漏れず僕も半年くらい前にアカウントを作ってはいるが、今のところの感想は「有用なツールであることは理解できるが、使いこなせるほど暇じゃない」というところだ。

ネット上の意見をつまんでみると、「もうTwitterがない生活に戻れない」という絶賛派と「何がいいのか分からない」という否定派に二極化しているように感じる。

思うに、

(1)多くの人にフォローされている人

何かつぶやく→すぐに反応がある→素晴らしいコミュニケーションツールだ。

(2)ほとんどフォローされてない人

何かつぶやく→何の反応もない→何がいいの?
※ かといって、自分がフォローしている人に@でコメントする気もない。

という状況があるのだと思う。

自分の場合、(1)のような優れたツールであることは理解しつつも、そない頻繁にツィートしたりTLチェックしたりできるほど暇じゃないので、結局、(2)の状態に甘んじていると認識している。

だいたい絶賛している人はいわゆる自由業の人ばかり。9時5時で働いている社会人は、こんなのにはまっていたら仕事にならない。

正直、分刻みで「どこどこに着きました」とか「(なんちゃら)なう」とか「今から食事」とか、つぶやいているのを見ると、(どうでもええわ…)(あぁこの人、暇なんだな)としか思わないし、少々さぶい気もする。たぶん、たくさんの人にフォローされて、なにかつぶやかないと気が済まない一種の洗脳にも似た感覚になっているんじゃないかと推測する。それが芸能人ならファンサービスとして理解できるが、そうでない人も多いし。

また、「何か疑問を投げると誰かが教えてくれる」状態って、人間が成長する上においていいことばかりじゃないよね。

先日、政治家が津波警報の件でつぶやいたことで問題となっていたが、Twitter絶賛派からは政治家を擁護する意見がみられたようだ。もし、つぶやいた内容が誤りだった場合の影響を考えると、やはりそういった問題を気軽につぶやくべきではないのではと思う。アカウントの管理があまいと、他人がなりすましてつぶやくことだって可能なわけだし。

これだけ普及すると、何十万人にもフォローされている人が誤った情報を流すだけで世間を大混乱に陥れることができそう。ということは、それを狙ったサイバーテロなんかも今後はありそう。

ということで、わたくし的にはTwitterに洗脳されない程度に一歩身を引いた感じでしばらく使ってみようと思う。

|

オリンピック。

気がつけば、結局一度もまともに競技を見ることなくバンクーバーオリンピックは終わっていた。

オリンピックやワールドカップ(フットボール)って、「結局、日本人っていくら頑張っても世界を相手にはかなわないのね」という印象を与えるに十分なイベントだなと毎回のように思ってしまう。

何にも頑張ってないやつがいうのもアレだが、「スポーツは結果がすべて」といいつつも、頑張ったことが美しい(結果は二の次)というのが日本人の意識に根付いているんだろうなと思う。都知事の発言は言い回しは過激だったが、本気で金を狙うならあれくらいの意識じゃないとダメじゃないかねぇ。中には「あんなこというなら、政治的に選手強化のための資金をもっと出すべきだ」という意見もあるようだが、それって金メダルって金で買えると言っているようなもんだ。

今回はなんといっても印象に残ったのは国母。会見であんなふてくされて、気もないのに謝罪を述べるくらなら、謝らずに自分のポリシーを語ればよかったのに。なんとなく、彼には金メダルをとってもらって、マスコミが手のひらを返すのを見たかったのだが残念。

フィギアの採点がどうこうという話。どうでもいい。フィギアが好きな人って、周りのみんなフィギアが好きだと思い込んでいるようで困る。興味ないのもいるって。

あ、あと冬季って数増やすために無理矢理単独の競技にしたようなのが多いのは気のせい??

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »