カテゴリー「書籍・雑誌」の4件の記事

2009.09.23

最近読んだ本。

しばらく読書から離れていたが、帰りの電車の中でiPhoneをいじっているのも飽きてきたし、車内のiPhone率があがってきて恥ずかしくなってきたこともあり読書復活のきざし。

最近1ヶ月くらいで読んだ本(途中でやめたものもあり)。ぜんぶ昔ブックオフで買って眠っていたもの。  DSCF8779.JPG



登場人物や時間軸がぐちゃぐちゃになってきて、途中で読むのをやめた。


"冤罪者 (文春文庫)" (折原 一)


一応最後まで読んだが、無駄に長かった。オチもいまいち。



"氷の華 (幻冬舎文庫)" (天野 節子)


すでに内容を忘れているが、都合のよい展開が繰り広げられていた印象が残っている。



"終末のフール" (伊坂 幸太郎)


地球が破滅すると分かってからの人々を描いた短編集。最初は興味をもって読み始めたが、だんだんグダグダになっていった感じ。結局、最後の2つくらいを残して棚にしまった。



"告白" (湊 かなえ)


何度も同じ話を読まされている感が強い。短編で終わらせておけばまだましだったかも。


"さまよう刃" (東野 圭吾)


映画で公開されるよう。
今回挙げた中では一番よかった。未成年の少年に娘を強姦・殺害され た父親が、自らの手で少年に復讐を果たそうとするという話。少年法のありかたについて考えさせられる。子を持つ親として、ものすごく主人公の父親に感情移入してしまった。

あと、図書館で借りたこの本も読んでいました。


"失われた愛を求めて―吉井和哉自伝" (吉井 和哉)


吉井氏が包み隠さず人生を語ってるように思えます。

|

2008.01.19

最近購入したもの。

年末にドラム音源のEZ Drummerを購入。

Img 4073

キャンペーンなどもあり、追加音源も手元に。

Img 4859

そして、流行にのって広辞苑第六版を購入。
専用袋。
Img 4757

電子版ではなく、あえて紙の普及版のほうです。

Img 4758

昔から辞書の類は大好きなので、特に外国語系の辞書は多数所有しているのが、なぜかこれまで国語辞典は小型なもの1冊のみ。だから、1冊くらいは広辞苑も持っていてよかろうと。

買ってからは寝る前に、ダラダラページをめくっています。


"広辞苑 第六版 (普通版)" (新村 )

"dfh EZ DRUMMER" (..)

|

2005.03.31

amazonなどでお買い物+α

amazonの還元クーポンが1500円分残っていたので次のものをオーダー。

David GilmourのライブDVD
タイタンの妖女(本)

両方とも以前から気になっていましたが、やっと買いました。本の方はSFの名作だそうで、 爆笑問題の太田氏がTVで紹介した直後にamazonのオーダーが激増したみたいね。 あらすじからして苦手そうな気がしないでもないんですが、評判がいいですし、苦痛だったらやめればいいことですから。

会社帰りにSennheiserのMX400というイヤフォンを買って帰る。この1ヶ月で4つめのヘッドフォン購入だ・・・。 まぁ今回のは2000円もしない安いものですが。これの前に買ったHD25はサウンド的にほぼ満足なんですが、 ポータブルとはいってもやはりでかいため、ガラスに映る姿を見て恥ずかしく思った…。また、髪にくっきり跡がついたり、 そしてなんといっても夏になったら暑くてしょうがない。したがって、イヤフォンタイプでそこそこ音が満足できるものを探そうという趣旨。

さっそく取っ替え引っ替え試してみましたが、iPod付属のものよりはまずまずよさげです。ただ、 K26PやHD25の密閉型と比べると全体的にサウンドが軽いですね。比べるのが間違いな気がしますが。また、 これは買う前から分かっていたことですが、それなりに満足できる音量まで上げると盛大に音漏れしますから、電車内では厳しいですね。 よって夏場の常用としては残念ながらボツかなぁ。Plugは音漏れはOKでも低音バカですから、結局、 それなりの値段のするカナルタイプしかないのでしょうか。

明日からセリーグも開幕ですか。ほとんど興味を失っていますが、とりあえず今年もLightな巨人ファンでいきます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004.11.25

FL STUDIOとスカイウォーカー。

以前から気になっておりDEMO版をダウンロードして、 ちょっと遊んでいた FL Studioという音楽ソフトを昨日オンライン購入したのだが、 帰宅すると、その登録に必要な情報がメールで届いていた。早速、 ダウンロード、インストール、レジストを行う。

とりあえずデモソングを再生したくらいだが、この値段 ($149)でここまで出来るのはすばらしい。 ここまで出来るといっても、 センスとスキルがないとだめなわけだが。学生時代、 DTMソフトというとVisionとかPerformerとか手を出せないような価格ばかりだった記憶があるが、 これくらいならちょっと使ってみるかという気にもなる。

このソフトはどちらかというとダンス系の曲に向いているような気がするが、 デモソングを聴くとロック系でもなんとか使えるようだ。 GarageBandやVSとうまいこと棲み分けて使っていければと。

先日買った別冊カドカワの民生特集をちびちびと読んでいるが、 なかなか面白い。民生は「愛のために」で” 10年経ったらそら行こう”と唄っているが、 ちょうど10年後の今年、 スカイウォーカーというシングルを出している。 本人はあとで言われて気づいたらしい。

まだ半分も読んでいないが、 ダウンタウンからのメッセージなどもあるようだ。 今後もちびちび読んでいこうと思う。

|