カテゴリー「Classic」の16件の記事

2008.05.25

オペラDVD購入。

先日エントリしたように最近はオペラのDVDが気になっている。しかし、オペラのDVDはふつうに高いものが多い。1万円近くするものも多くなかなか手がだしずらい。そこで、昨年、街のCDショップでオペラのDVDが期間限定で安くでていたのを思いだし悔しい思いをしていた。当時はオペラなんて興味がなかったので見向きもしなかったのだが。

そんな折、昨日、車の点検の後で立ち寄ったショッピングモール内のCDショップで、その昨年限定のオペラDVDが数枚残っているのを発見。さすがにメジャーなタイトルはなかったが、ドビュッシーの<<ペレアスとメリザンド>>は気になったのでとりあえず買っておいた。

DSCF1588.JPG

ドビュッシーってオペラも書いていたのね。まったくノーマークだったタイトルだが、ドビュッシー+フランス語ということが決め手となった。後で調べたら割と有名というか、傑作の呼び名も高いらしいことが判明。

|

2008.05.20

オペラ鑑賞。

最近、県立図書館に行ってはオペラのCDを借りてきていることもあり、iTunesのライブラリにオペラ作品が増えてきた。

opera.png

ただ、ストーリーがわからないので、正直、聴いていても面白くないのだ。レチタティーヴォとか退屈すぎるし。ストーリーに関してはCDに付いている対訳を見ればいいのだが、面倒だしやはり画が欲しい。そんなわけで、手っ取り早くオペラを鑑賞できるという初心者向けのこの本を買ってきた。

DSCF1545.JPG

10種類以上出ているタイトルの中で、今のところ曲が割と好きなアイーダを買ってみた。映像があるとふつうに面白いです。長いのでまだ全部見れてませんが。いつでも見られるように字幕付けてiPodに放り込んでおきました。ストーリー(あらすじ)がわかるだけでもかなり受ける印象は変わりますね。トゥーランドットとカルメンあたりも見てみたいところです。

|

2008.01.26

Mozartの交響曲全集を。

昨年、iTunes Storeでクラシックの交響曲全集で異常に安いものがあるというエントリを書いた。

このときはカラヤンのブルックナー全集を買ったわけだが、その後、アバドのマーラー全集を購入した。


"Mahler: Symphonies 1" (Vienna Philharmonic Orchestra, Chicago Symphony Orchestra)

あとはいずれベームのモーツァルトくらいは買おうと思っていた。

で、この間、久しぶりにiTunesでクラシックコーナーを検索していたら、今年に入りネット上で安く買えることが広まったようで、ことごとく1500円の全集が姿を消しているようだった。たしかに欧米のiTunes Storeではふつうの値段で売っているので、単にJapanのストアだけ値段を付け間違えていただけな気がする。

っちゅうことで、ベームのモーツァルト全集は1500円で買えなくなってしまった。

僕の中でモーツァルトはBGMの域を越えずiPodで聴く音楽としては物足りない(もう少しじっくり対峙するような音楽を聴きたい)ため、別に買えなくてもいいかと思ったが、買えないと分かると、手に入れたくなるのが不思議なところ。

とはいっても、いまさら1万円近くだしてCDを買うのも違う気がするのでここは1つ図書館で借りてくることに。

昨年末カードを作った神奈川県の県立図書館に行き、モーツァルトの交響曲ばっかり12枚(嫁さんの分も含めて)借りる。残念ながらベームの全集はなかったが、Pinnockとマリナーの全集があったのでそれを借りてきた。一部、貸し出し中だったので、もう1回借りないと完結できないが。

"Symphonies" (English Concert)

とりあえず満足。

その後、ワールドポーターズやボーネルンドで買い物をして帰宅。

|

2007.12.09

県立図書館に行ってみる。

神奈川県の県立図書館はクラシックCDの貸出しもしている、というので試しに行ってみることに。

久しぶりのフレッタ号でちょいと出かけてみる。場所は桜木町の紅葉坂の上の方。

自宅から30分ちょっとで到着。最後の坂がちょっときつい。

図書館はさすがに古い。おそるおそる入館し、入り口で説明を受ける。鞄の類は持ち込み不可なので、ロッカーに入れる必要があるらしい。とりあえず、貸出しカードを作ってから館内へ。

今日は本を借りるつもりはまったくなかったので、すぐ視聴覚資料コーナーへ。途中、書棚の間を抜けていったが、古い専門書ばかりで気軽に借りて読むようなものはなさそう。そういうものは市の図書館へ行けというスタンスっぽい。

さて、視聴覚資料コーナーに到着。想像していた以上にクラシックのCDは多い。買うほどでもないけど聴いてみたい、というニーズには十分応えられそう。あと、落語系も充実。

1度に6枚まで貸出OKらしい。さすがにPCを持ち込んでのコピーはNGのようだ。

何か借りて帰ろうと思い「ニーベルングの指環」をフル(14時間くらいの楽劇)で…などと思ったが、年末のこの時期に借りることもないなと思って、結局、何も借りずに帰ってきたのでした。

次回からはしっかり利用させてもらおうと思う。

マーラーの2番ばっかり6枚借りるとか、面白そう。

|

2007.11.13

ブルックナー三昧。

最近、通勤時のiPodでブルックナーを聴いていることが多い。クラシックを聴き始めたころはマーラーが中心だったが、最近はブルックナーのほうがしっくりきているよう。ブルックナーでも最初は7,8,9あたりの後期ばっかりだったが、最近は初期のも聴くようになっている。特に2番はけっこう好み。

先日買ったこれもいい感じです。


"Bruckner: Sinfonie Nr. 2 [Hybrid SACD]" (Oehms Classics)

ということで、最近、以下のブルックナーの交響曲全集を2つ買ってみた。カラヤンとシャイー。

"Symphonies 1-9" (Deutsche Grammophon)

"Bruckner: the Symphonies" (Decca)

カラヤンのはCDではなく、iTunes Music Store(iTMS)で買いました。iTMSって日本進出したころに試しに使ってみましたが、アルバム1枚1500円くらいで、価格的なメリットもないし、夜中にどうしても音楽が欲しくなることなんてないし、、と、積極的に使う理由はないなと思っていたのですが、このカラヤンの全集は全部で1500円。価格間違えてないですかね??
調べてみたらとりあえずアバドのマーラー、ベームのモーツァルト、アーノンクールのベートーベンあたりが交響曲全集で1500円ですね。。近々、アバドは買うと思います。

あと、クレイグ・デイヴィッドの新譜も買いました。
ジャケットは「ちょっとまいったな…」という感じで、半笑いです。

"トラスト・ミー" (クレイグ・デイヴィッド)
事前知識何もなしで聴いたので、1曲目がボウイのカヴァーでちょっとびっくりしました。ふつうにギターで歌ってる曲とかあったりして、なんかちょっと変わってしまいました。この人に関しては、何にも変わって欲しくないのですが。

シャイーのブルックナーはまだ未開封。
Img 2072

|

2005.11.20

最近買ったCDとマイルCS。

クリュイタンスの田園を聴きながら朝食。

マイルCSは1と14から3着に8頭流す3連単16点。ペリエが乗るときはだいたい厚く買ってるのだが、買わないときだけくる。 まぁ今回は相手が買えたか微妙だが。

最近入手したCDは以下。

ブルックナー  交響曲第7番 ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ
以前買った8番の第3楽章のアダージョが割と気に入ったので7番も聴いてみようかと。 ジュリーニのがよかったけどなかったので安かったこれを。ハース版。

フォーレ:レクイエム、 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、他 ジュリーニ&フィルハーモニア管弦楽団
宗教音楽は割と好み。これまで訪れた大聖堂とかで生で聴いたら感動しそう。

バッハ  Partitas For Solo Violin: Kremer
CD3枚で1枚もらえるキャンペーンでもらったもの。1000円のCDをもらうのに送料として切手350円分同封し、 さらに80円切手を貼る。なんだか嬉しい気がしない。

マーラー:交響曲全集& 歌曲集 バーンスタイン&VPO、コンセルトヘボウ、NYP、他(16CD)
マーラーが気に入った時点でバーンスタインのCDがずっと気になっていたわけであるが、値段が高くためらっていた。 買うならこの全集だろうな、と思っていたのだがHMVでもamazonでも2万円以上しているこのセットが、 会社帰りによった某店で1万5000円台で出ているのを発見。まだベルティーニの全集もまともに聴いていないのに買ってしまった。 とりあえず9番の第1楽章しか聴いてませんが確かに何かひと味違う気がする。

マーラーは長い曲が多いので通しでなかなか聴けない・・・。 2番とか3番は全部聴けたことないな。。それからまだ大地の歌のよさがわかりません。

ツタヤで半額セールをやっていたので、先日Jazzを中心にCDをまとめ借り。 マイルス、コルトレーン、チャーリー・パーカー、ジョー・パスなど。マイルスのマイファニーヴァレンタインはかなりしびれた。 やっぱり夜はJazzのほうがしっくりくる。思わずカクテルを作ってグラス片手に聴いてしまった。

|

2005.10.24

先週買ったCD。

HMVでオーダーしていたCDが届く。今回買った物は以下。
面倒なのでオーダー確認メールから抜粋コピー。

- - - - - - 商品 No. 1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト: ブラームス
タイトル    : Piano Pieces: Austbo
- - - - - - 商品 No. 2 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト: ブラームス
タイトル    : Ein Deutsches Requiem: Giulini / Vpo Etc
- - - - - - 商品 No. 3 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト: ベルリオーズ
タイトル    : Symphonie Fantasique, Etc: Skrowaczewski / Saarbrucken.rso
- - - - - - 商品 No. 4 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト: マーラー
タイトル    : Sym.5: Shipway / Rpo Hyb

マーラーだけSACD。でも値段は800円。期待していなかったけど割といい感じです。

|

2005.10.14

今週買ったもの

VISAのポイント移行した分でビックカメラのポイントが1万5000円くらいあったので何かを買おうと思っていたのだが、結局、 これを買いました。

ATH-A900 

ポイント分だけではぜんぜん足りなかったんですが、軽く試聴した結果、 グレードを落としたA500とかなり差がある感じだったのでここは妥協せずにいきました。 ほんとはAKGの271と迷っていたりしたわけですが、僕が行った店にはおいてなかったのでこっちにしときました。 デザイン的にはAKGのほうが好みですが、音的にはどうなんでしょうか。

iPod用にK26P、HD25、ER-6iと買いましたが、 家で寝ころびながらそれなりの音で聴くにはどれもいまいちなのでA900を買ってみました。で、軽く聴いてみた感想ですが、 さすがに上記iPod用のものもそれなりのクォリティがあるので、びっくりするようなサウンドではないものの、 割と安心して聴いていられるという印象ですかね。中低域重視で高音はちょっと物足りない感じですが、 エイジングによって傾向は変わってくるんでしょうか。様子見です。

SA8400のヘッドフォン端子はなかなか評判がいいようなのですが、今回初めて使ってみました。 AVアンプを通してアンプの端子と聴き比べてみましたが、かなり違いますね。なかなかです。ただ、このヘッドフォン、 たぶん一番使うのは寝室のミニコンポになる予定なのでちょっともったいない。寝室用にCDPが欲しくなる危険あり・・・。

今週は久しぶりにCDを何枚か購入。

ショスタコーヴィチ 交響曲5,9 (ハイティンク)
 なんとなく聴いてみたくなったので。
武満徹 ジェモー
 ブックオフで250円だったので。かなり難解な音楽だ・・・。
マーラー 巨人 (ワルター)
 amazonの500円クーポンがあったので前から気になっていたこれを。
 さすが名盤といわれるだけはある。気持ちよい。

iPodにクラシックを放り込むと、CDDBの登録でアーティストが作曲者だったり指揮者だったり曲名だったりめちゃめちゃで困る。 とりあえずアルバム毎にプレイリストを作って管理してますがなんだかなぁという感じです。

ビデオiPodも発表されたことだし、金があったら、も一個買ってクラシック用とそれ以外で分けたいところですが厳しい話です・・・。

|

2005.09.13

GBミクロとiPodnanoとCD購入封印。

たまたまGBミクロとiPodnanoを店で見かけました。そもそもゲームに興味がないのであれですが、GBミクロ、 きょうび携帯電話でもあれより綺麗で大きな液晶積んでませんか。ということで、カートリッジのさせる携帯電話、 もしくは携帯電話機能付きのGBとかだったら多少興味持てるかな、という感じ。

それにたいしてiPodnano。イメージ通りの商品ではあるが、やはり実物をみるとびっくりする。よぉあの薄さに詰め込んだな。 使い道がないことがわかっていても手を出したくなる。危ない危ない。

さて、ここ数日自分に言い聞かせるように書いていますが、しばらくクラシックCD買うのやめます。少なくともまとめ買いはしません。 そんなわけで封印前最後の今週買ったCDは以下。

本日HMV.co.jpから到着
・ ベルティーニ マーラー全集
・ ベルグルンド シベリウス全集
・ クリュイタンス ベートーヴェン全集

昨日HMV渋谷で購入。
・ ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ5,9(Kremer, Argerich )
・ ショパン ポロネーズ1-7(ポリーニ)


マーラーは3番と大地の歌以外はとりあえず聴いてきたのだが、 この2枚をバラでかうよりも評判のよいこのベルティーニの全集を買ってしまった方がよいかなと。 4000円も安い輸入盤が11月に出るようだが、そんなに待てない。とりあえずちょっとだけ聴きましたが、いいです。 どうしても音楽を聴く時間は夜が多くなるわけだが、夜が似合う音楽だ。しばらく聴き倒そう。

シベリウスは1番がけっこうええ感じだったので他も、と思ったらこの全集が安いのでまとめて買ってしまえというノリで。 ベートーヴェンは中古で買ったマゼールの全集が結果的に失敗だったので、安くて評判のよいクリュイタンスのを買ってみました。

ヴァイオリンソナタは有名なのでとりあえず。ポロネーズはなんとなくピアノ曲を、と適当に手に取ったもの。 もう少しおとなしい感じの曲にしておけばよかった。。

世の中には未聴CDが1000枚を越えている人もいるようですが、さすがにそんな無茶はできません・・・。 今後しばらくはここ2ヶ月で買いだめしたものを消化していく期間にします。(と再度自分に言い聞かせておく)

|

2005.09.11

今週購入したディスク

さすがに交響曲は気軽に聴くというわけにはいかないので、今週は室内楽曲を中心に。

・ブラームス ヴァイオリンソナタ集(ズーカーマン/バレンボイム)
・チャイコフスキー、シベリウス ヴァイオリン協奏曲(チョン・キョンファ)
・モーツァルト、ブラームス クラリネット五重奏曲 (ベルリンゾリステン)
・エルガー、フランク ヴァイオリンソナタ (五嶋みどり)
・シューマン 交響曲1-4 (Sawallisch)

そろそろとりあえず聴いてみたいものが飽和してきました。といいつつ、今日、 HMVのサイトでWポイントセールをやっていたので気になっていた交響曲全集を3つオーダーしてしまいました・・・。 マーラーとシベリウスとベートーヴェンの3つ。これでほんとうにしばらく購入はおとなしくします。2ヶ月で70組くらい?買ったので・・・。

今のところかなりマーラーがいい感じ。ベートーヴェンとかブラームスの交響曲と違って分かりにくいのが逆にいい。 後期の交響曲はまだまだ通しで聴いていないのですが、9番はとろけそうです。。

|