カテゴリー「Mac」の33件の記事

2010.07.04

iPadの車載(リアモニタ)化、リベンジ編。

前回チャレンジして微妙に終わったiPadのリアモニタ化

昨日、ホームセンタであれやこれや考えながら買ったもので、リベンジしてみた。

■買ってきたもの

・穴のあいた鉄の細い板 長いの・短いの各1
・ボルトナット3個入り

以上 。

全部で800円くらい。

P1040060.JPG

写真右上の物体は前回購入したホルダー。これはそのまま使用。

P1030995.JPG

■固定方法

2枚の板でホルダをはさんでボルトナットで固定。

P1040068.JPG

iPadを乗せるとこんな感じ。

P1040063.JPG

あとは、鉄板の端を車のヘッドレスト部分に固定すれば完成。簡単。

P1040088.JPG

ヘッドレストへの固定は自宅にあった結束バンドを使用。100均で買えるようなもの。

運転席側から見るとこんな感じ。ボルトはもっと短くてよかった。

P1040094.JPG

上から。

P1040102.JPG

後ろから。

P1040086.JPG

前回よりはしっかり固定された感が出たが、今日は出かけなかったので走行時の確認は次週以降へ。

さて、どうでしょうか。。

|

2010.06.16

iPhone4予約。

WWDC10のライブカバレジをiPadとiPhoneで見て、これまで黒(iPhone3G)だったし、白を買おうとほぼ決めていたのだが、白の発売が未定ということでがっくり。

ということで、どうしようか迷いながら昨日(6/15)会社帰りにふらりと量販店に立ち寄ってみた。「あわよくば予約してしまうかな」という感じではあったのだが、システムダウンであっさり断念。まぁ、中途半端に待つよりかは、よかったのかも。

帰宅後、念のためオンライン予約を試すも、当然のごとくアクセスエラー。

で、朝起きて再度試すと問題なく予約できそうな感じ。

ということで、絶対白と思っていたのに結局、そのまま完了させてしまった。時間は朝7時ちょっと前くらい。これじゃ初期出荷は期待できないかな。

待ってる内に白が出てきたら後悔しそう。。

ところで、iPhone4もミュートボタン有効にしても、音楽再生すると音鳴っちゃうんだろうか。あの、アホ仕様はなんとかしてほしい。。

|

iPadを車載(リアモニタ)化してみたが、、微妙。

iPadを購入したら試してみたかったこと。

「(子供たち用に)車のリアモニタ化」

これまでは、SONYのポータブルDVDプレーヤを運転席後ろに無理矢理付けて利用。

DSCF4889.JPG

DVDの入れ替えが面倒な上に、けっこうプレーヤが重いので正直危険だと思っていた。。

そこで、さっそく試してみることに。

が、リアモニタ化用のキットはあまり見かけないし、話題にもなってないような気がする。前座席のキットは割と話題になるのだが。安全上の問題で、あまり商品として扱えないのだろうか。そういう気もする。

で、こんなのを買ってみた。

P1030995.JPG

iPadのサイズにも対応するホルダー。

本当はこれに別売りのスタンドを組み合わせて使うのだが、ちょうどいいのがない。

運転席と助手席の間に固定したいのだが、そういうのがない。

そこで、こういうのを導入。

車用の日よけ。昔からうちにあったもの。
P1030996.JPG

アームの部分が可変なのでちょうどよい感じに固定できることを期待。

黒いところを外して、針金でホルダーをくっつけてみた。かなり適当に。

結果、こんな感じに。
P1040009.JPG

一応、固定はできた。が、思いの外、アームが重さに耐えれず徐々に下がってくる。さらに振動を拾うので、走行中は画面が揺れてしまう。

後ろから見るとこんな感じ。
P1040012.JPG

うーん、もう少し安定して固定出来る方法を考えないとな(なるべくお金をかけずに)。要調査。

|

2010.05.10

結局、iPad WiFiを予約。

日本でも予約開始されたiPad。

元々いつかは買おうと思っていたが、どうせいつか買うなら早く手に入れたほうがいいかと思い、結局、朝5時半頃にAppleのオンラインストアで予約を入れておいた。悩むなら買ってしまえという価格だし。

製品番号:   MB293J/A
製品名: iPad with Wi-Fi 32GB
単価:    ¥56,000
数量:      1
小計:     ¥56,000

出荷予定日:    5月28日までにお届け 

直前まで16GBでいいやと思っていたのだが、iPhoneの16GBが割といっぱいいっぱいなので32GBで。外で使うことは想定しないのでWiFi。

ただし、車載してリアシートの子供たちへの動画モニタにしたいとは考えている。今はポータブルDVDを利用しているのでそれの代わりに。そういうための車載キットってあるのでしょうか。

勢いで注文してみたものの来月発表されるであろうiPhoneは購入確定なので、今年もApple製品への出費が大きそう。。

次期iPhoneといえば、microSIMに変わるという話。現行のiPhoneは予備機として使えなくなってしまうのであろうか。microSIM->SIMの変換アダプタはあるようだが。そこはけっこう気になるところ。

|

2010.04.15

iPad、iPhoneOS4.0など。

だらだら思うところを。

■iPad

発売が4月末から5月末に延期。

元々、発表から発売までの期間が長くて、興味が薄れてきていたりした。のだが、ここ最近のギター熱再発によりiPhone用に購入したTab ToolkitというアプリのiPad版がなかなかよさげで、改めてiPadが気になる存在になっていたので少々残念。。

Tab Toolkitは、いわゆるギターTAB譜を表示・再生できるアプリ。

tab1.jpg

このへんのサイトで無料で手に入るguitar pro形式やpower tab形式のデータを再生できる。アプリ単体でもTABデータはダウンロードできるようだが、僕はMac上でダウンロードしたものを一括してiPhoneへアップロード。Webのインタフェースを使用したアップロード方法もなかなか秀逸。

アップロードしたファイルは自動的にファイル内のメタ情報からアーティストごとに分類される。

tab2.jpg

再生画面はこんな感じ。正直、小さすぎてこれを見ながら弾くのは厳しい。。

tab3.jpg

Mac上ではTuxGuitar というフリーで使えるアプリを使用しており、それはそれで気に入っているが、TabToolKitのiPad版だとこんな感じになり、楽譜として使いやすそう。

ttk-feature-ipad.png

五線譜の楽譜もいろいろ無料で手に入る時代だし(たとえばこことか)iPadと楽譜表示はかなり親和性が高そう。

ということで、なんだかんだいってやっぱりiPadは気になる存在。買うか、買わないかより、いつ買うかの問題かもしれない。。

■iPhoneOS4.0

iPhone3Gを発売翌月に購入し、なんとか3GSを見送ることに成功したので、次期iPhoneを買うことは自分の中で確定済み。というわけで、次期iPhoneではマルチタスクが実装されることは素直にうれしい。また、次期iPhoneでは画面解像度が向上しているという一部噂があるようだが、僕的には歓迎。ただ、一度そういう噂がたってしまうと実際はそのままだった場合、かなりガッカリしそう。

ということで、とりあえずiPhoneOS4.0がいつリリースされるかとうことはどうでもよくて、次期iPhoneがいつ発売されるかが気になる。ちなみにうちのiPhone3Gは、iPhoneOS 3.0から更新していない。なぜかはナイショ。というか、ヴァージョンを上げてしまうと使えなくなる重要な機能があるから。

でも、最近、3.0では対応していない(インストールできない)アプリが増えてきたので、早く次期iPhoneに乗り換えたいところ。3Gは予備としてそのまま残して、いざというときにSIMを入れ替えて使うつもり。

■新MacBook Pro

ついにCore i5,i7をのせたMacBook Proがリリース。でも昨年、13インチを買ったばっかりだからさすがに手は出せないなぁ。今、メインで使っているMBP17"がくたびれたら考えよう。でも、次はiMac27"でもいいかな。

そういえば、先日、Aperture2から3にアップデートしたのだが、ちょっと後悔。いままで出来ていたことができなくなっていた。。この話はまたいずれ。

|

2010.03.10

Appleの優待販売プログラム。

以前より、Appleに特定企業向けの割引き制度があることは知っていたのだが、自分が勤めている会社も優待販売プログラムが適用されることを今日初めて知った…。

うれしいというよりも、ショックが大きい。。

かれこれもう20年近くAppleユーザで、今の会社に入って約10年。その間、どれだけApple製品を買ってきたことか。まぁいつからこの制度が適用されていたのか知らないが、少なくとも昨年、銀座のAppleストアでねばって、若干値引きしてもらったのはなんだったのか、という感じ。

値段だけでいうと、量販店でつくポイントのほうが大きい製品もあるが、Appleのオンラインストアだとカスタマイズが自由にできるのが大きい。(以前、MBP17"をソフマップでCTO購入したが、えらい時間がかかった)

ということで、買おうと思いつつ、まだ買っていなかったAperture 3のUPGRADE版をさっそくオーダーしてみた。Apple製のソフトウェアはやけに割引率が高かったので満足。


"Aperture 3" (アップル)


"Aperture 3 アップグレード版" (アップル)

|

2010.01.24

iCON社 i-KEYを購入。

今年こそは音楽活動に注力しようと思っているのだが(毎年言っている気がする)、その一環で年が明けてからableton Live Suiteをダウンロード購入したりもした(この話はまだいずれ)。

で、昨日、ミニキーボードであるiCON社 i-KEYを買ってみた。


"iCON DIGITAL i-KEY / WH" (iCON)

この手の製品として我が家にはKorgのmicroKontrolとnanoKeyがあるのだが、前者はリビングの隅で使うには大き過ぎ、後者は鍵盤というにはほど遠い代物でかつ壊れた、ため。

ほんとうは同様な製品であるAKAIのLPK25↓


"AKAI Laptop Performance Keyboard LPK25" (アカイプロフェッショナル)

にしようと思っていたのだが、品薄でなかなか買えないと思っていたi-KEYの在庫が店頭にあったので、安い方にしてみた。


P1010905.JPG

なんとなく怪しい雰囲気が漂っていますが、大丈夫なんでしょうか。

P1010906.JPG

中身はこんな感じ。日本語のマニュアルもありましたが、けっこうバグっています。

P1010908.JPG

nanoKeyとサイズの比較。

幅は若干大きめ。

P1010909.JPG

厚みは3倍くらいあるでしょうか。

P1010911.JPG

全体的な作りはかなり安っぽいです。

筐体の外枠の切り口がザラザラしていたり、上面パネルが浮いてきたり、、

P1010913.JPG

極めつけ(というか、想像できる範囲ですが)は、テーブルに置くと右手前がこれだけ浮きます。。

P1010920.JPG

鍵盤を押さえるとガタガタ揺れる。使用上問題がでるくらい。

P1010917.JPG

とりあえず家にあった2mm厚くらいのゴム足に乗せると安定しました。僕的にはこれを接着剤でくっつければ問題なし。

P1010917.JPG

もちろん個体差はあると思いますが、質感重視だと完全にアウトな商品の部類でしょう。

MBP17"に繋いでMainStageで遊んでみた。

P1010947.JPG

デフォルではキーアサインの設定がうまくいっていなかったので、付属のiCON iMap.appとかいうアプリで設定。その後は特に問題なく動いています。サステインキー、モジュレーションおよびピッチのパッドも問題なし。

質感を気にしなければ、nanoKeyよりは快適に入力できるのではないでしょうか。

ところで、我が家のnanoKeyは買ってからしばらく放置していたのですが、久しぶりに使ってみたらほとんど反応しないキーがあり、強く押していたら壊れました(壊したともいう)。

P1010916.JPG

金具が曲がったり、プラ部分が割れたりで復旧はできなそう。

ということで子供のおもちゃになりました。

一丁前に音が出ないとイヤだというのでMBP13”に繋いで遊んでいる図。

P1010932.JPG

たっけーおもちゃだな…。

|

2009.10.12

iMovie09でAVCHD Liteの動画をDVDに。

先日の運動会で撮影したAVCHD Liteの動画を実家に送るためにDVDにしてみた。

※ちなみに運動会当日まさかの故障したビデオカメラ(iVIS HV10)は、販売店の長期保証に入っていたので無償で修理してもらえそう。

先日の沖縄旅行のときのFT1動画はToast10で一度DV形式に変換してからiMovie HDで編集したのだが、今回は半信半疑の中、iMovie 09でやってみた。iMovieの新しいヴァージョンは08からコンセプトが変わってしまって、使い物にならないというレッテルを貼って以来、久しぶりの活用。09になってどうなっているか確認しながらの使用でした。

手順

1.録画済みのSD cardはiMovie09側ではビデオカメラと認識されるので、そのままクリップを取り込み。

2.iMovie09で動画を編集(今回はスーパーと、オープニングとエンディングのタイトルを付けるくらい)

3.iMovie09でチャプタを打つ

4.iMovie09から共有->iDVDを選択

5.自動的にムービー作成

6.iDVD上で編集

7.イメージファイルとして出力

8.イメージファイルをDVDに書き出し

上記手順で一応問題なくDVD-Video化完了。7.で、いきなりディスクに書かないのは、以前、iDVDのアウトプットが音声を吐かなかったことがあり、ディスクを無駄にした経験から一度イメージにしてから再生確認後に書くことを学習したため。

ただし、、やっぱりiMovie09は以前より改善はされているものの、まだまだイライラさせられるアプリでした。。

08から改善されていた点
・複数のクリップをまとめて選択できるように(こんなのはできてあたりまえ)
・チャプタが打てるように(ただし、タイムライン表示されないので例えば10分間隔くらいで打つ、といったことには向いてない)
・iDVDとの連携(今までできていたことが、元に戻っただけ)

08から改善されていない点
根本的にタイトルの入力機能がまったくダメ。
たとえばタイトルやスーパーで使用するフォント種類やサイズを毎回選び直す必要がある。これは以前08のときにも指摘したが、普通、同じムービー内ならフォントを揃えるのはあたりまえだと思うのだが、毎回、システム初期値のゴシック体 の状態になる。それを毎回、毎回、フォントの指定し直し。アホか、といいたくなってくる。また、スーパーを入れるときに、日本語変換を確定するためにreturnキーを叩くと、スーパーの入力画面が閉じられることがある(閉じられないこともある)。閉じられたときは、もう一度、スーパーを入力するための画面を出す必要がある。これは、ほんとにキレそうになる。
※初期フォントの変更方法、どこかにあるはずと思い何度も探しましたが、見つかりません。どこかにあるのでしょうか。

っちゅうことで、総合的に見て、心穏やかに編集できるのは、まだiMovie HDのほうでした。

ところで、Toast10を使うとAVCHDディスクが簡単に作成できますが、AVCHDディスクって生のAVCHD動画ファイルがそのまま所定のフォルダ構成でコピーされているだけであることに今さら気がつく(SDカードを挿すだけでDIGAやPS3で見られる時点で気づくべき…)。ということは、AVCHD Liteの動画のオリジナルファイルバックアップとしても使えるということですね。今後、どうやってファイルバックアップの多重化をしようか考えていたので、普段見るディスクがそのままオリジナルファイルと同じというのはハンドリングし易くてよいです。DVD-VIDEOだと、そうはいかないですからね。


"Roxio Toast 10 TITANIUM" (ラネクシー)



"iLife '09" (アップルコンピュータ)

| | コメント (5)

2009.09.23

最近の我が家のMac関連エントリをまとめて。

さぼりがちな当ブログ。エントリしようと思うことはたまにあるのだが、時間がたち結局書かないことが多い。

ここらで最近の我が家のMac関連エントリをまとめて。

気をぬくと増殖する(台数が増える)我が家のMacであるが、今はNoteBookタイプ3台に落ち着いている。

・MacBook Pro17" 2.5GHz/4GB/USKey メイン
・MacBook Pro13" 2.53GHz/4GB/USKey サブ
・MacBook white 嫁用

IMG_8358.JPG

IMG_8361.JPG

MBP13"を購入したときに申し込んでおいたSnow Leopardが9月初め頃に届いたので、早速、MBP13"にインストール。

IMG_9048.JPG

ただ、MBP13"はサブ扱いなのであんまりまだ触っていない。一つ予定外だったのがオーディオインタフェースのFirewire410のドライバがOS10.6にまだ未対応だったこと。しかも動くけどサポートしていないだけではなく、完全に認識しない状態。

”現在(2008/8/28)の時点で、弊社製品用のOS X 10.5.x対応最新ドライバーはOS X 10.6と互換性がありません。”

ってもう1年ほったらかしか。

Logic Studioも新しいバージョンが出たので一応アップグレード版を購入。まだ8もほとんど使えていなかったのに。とりあえずインストールは完了。
IMG_9183.JPG

で、Caps Lockでキーボード(鍵盤のほう)が出てくるはずなのに出てこない現象に遭遇。どうも、Logicの問題ではなくOSのシステム環境設定の修飾キーの設定が正しく反映されないという現象のようだ。別のユーザに切り替えると問題ないので、メインユーザ固有の設定ファイルが怪しい、といろいろやってみたものの効果なし。ATOKのバージョンが2006と古いので、これが原因かとアンインストールしてみたがこれもダメ。PRAMクリアもダメ。

諦めかけたとき、ネット上で「外付けキーボードを繋いだら改善した」という情報を発見。ビンゴでした。

このエントリはATOKなしで、ほぼデフォルト設定の”ことえり”で書いてますが、効率悪いです。。この際、ATOKのバージョン上げるかな。

|

2009.06.24

MacBook Pro用にFireWireケーブルを。

我が家にはオーディオインタフェース、DVカメラ、HDDなどまだFireWire機器がいくつかあるのでMBP13"用にこのFW400-FW800のケーブルをAmazonでオーダー。


"SANWA SUPPLY KE-B961W IEEE1394bケーブル" (サンワサプライ)


こういう↓FW400の端子をFW800に変換するアダプタでもいいか、と思ったが割高な上に本体に差したときに隣のUSBなどと干渉する恐れがあるとのことで、素直にケーブルにしておいた。


で、購入したケーブルは1490円くらいで、送料が無料になる1500円に微妙に届いていない…(Amazonプライムはお試し後解約した)。

っちゅうわけで、以前から気になっていたJeff BeckのこのライブDVDの在庫があったので併せてオーダー。もう1000円出せばブルーレイ版があったが、画質より利便性(我が家の再生可能機器数やデータ変換性)と値段を優先した。



送料あわせのためのDVDのほうが値段が微妙に高いのは気にしないことに。。

|